FC2ブログ
    05 | 2020/06 | 07
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    検索フォーム

    カウンター

    捉えどころのない自分の心

    2020.05.30 06:00|インスピレーション
    富岡八幡宮で

    人間はその時の自分の心がどこを向いているか、どういう状態にあるのかが分からない。自分を客観的に見ることが出来ない。毎日のように自分の心はあちこちに飛んで捉えどころがない。


    そういう時は肉体を源とした小さな意識、顕在意識優位になっているからである。大きな意識(霊的意識、潜在意識)を引き出すことが出来るようになれば大きな視野から物事を観察できるようになり迷いが減って心が安定する。人間にはその訓練が必要である。


    続きを読む >>

    森羅万象を感じて

    2020.05.26 06:00|インスピレーション
    IMG_0064.jpg 
        双子浦から見る余島とエンジェルロード。


    人間が一つの事に固執して変わりゆく環境に順応できないのはひとえに霊として未熟であるから。天地自然のリズムと調和することが出来ていないから様々な問題を起こすのである。森羅万象が神の顕現でありそれを感じることが神を感じることである。この点で人間は他の生き物を見習うべきである。他の人工的に作られた宗教の教義などは人間の想像力が働いたもの。人間は古代より大自然の営みの中に神を感じてきた。神は全てを包摂するのである。

    天地自然の法則

    2020.05.22 06:00|インスピレーション
    バンフ 1  

    天地自然の法則こそが神の顕現であり、人も他の生き物もそこに調和して生きることによって幸せになることが出来る。逆らうと苦しみの代償を支払わねばならない。それ以外の事はあり得ない。すべての分野においてこの法則が働き何物もそこから離れて生きることは出来ない。

     

    思い通りにならない世界

    2020.05.18 06:00|インスピレーション
    身代わり不動


    この世は自分の思い通りにならない世界。強い抵抗を感じる所。自分と合わない者のほうが圧倒的に多い所である。あなたは自分を鍛えるために地上に来ている。強くなるために自分が望んで来ている。今の悲哀や不条理はほんの一時的なものであり、この世を去れば霧が晴れるように消え去ってしまう。



    追記
    一昨日の朝(5/16)私の大学時代の友人が亡くなったという知らせを受けた。彼とは学生時代に部活動を通じて苦楽を共にした仲であった。卒業後も彼はよくこの世の不条理を嘆いていたものだ。そんな彼もそういう世界から解放されることになった。そのうちに彼から何らかのサインがあるかもしれない。

    神と霊を拠り所にして

    2020.05.14 06:00|インスピレーション
    春霞の島

    人間を当てにしてはいけない。人間は状況次第でコロコロ変わるものであるから。神と守護霊を拠り所にして生きることだ。そうすれば迷いも消える。外はどんなに嵐が吹いていても霊界の守護の中に入れば幸せにいられる。愛を受けて喜びの中で生きられる。

    旅立った友人のその後(夢と瞑想)

    2020.05.12 14:49|親族、友人の霊界便り
    半島 

    友人のその後
    一月中旬にこの世を旅立った知り合いはその3週間後になって夢に現れた。彼は時間を置かずに火葬にされてしまったようなのでそのくらいの期間で地上世界に自分の思いを届けたりすることは難しいかもしれないと思っていた。

    以下は一回目の夢(1月14日)の内容
    http://susanoo1948.blog.fc2.com/blog-entry-722.html

    2月6日の夢の内容
    場所は公園のジェットコースターのような道、彼は日産のフェアレディーのような車に乗って現れた。彼の生前の車と同じである。そこで動物愛護の組織の会合があって彼は何かの役をしているようであった。最初、彼が何かの説明をした。机の上には何かの資料が置かれていた。不思議なことに私の妻と従兄もそこに同席している。その場で私は何か話をするよう求められたが何も話す事がないので困った。そこにいる人たちは知らない顔ばかり。その後で私たち(妻と従兄)は何故か高野山の方面に行こうとしていた。夢はそこで終わる。

    それから50日近く経った3月25日の朝の瞑想に彼は現れた。
    彼は病気の時の姿や顔ではなく笑顔が見られ爽やかな感じになっている。
    以下は彼からの思念を言葉で表したものである。

    自分はもうあれで人生を切り上げることが出来て良かった。
    あれ以上生きていてもろくな事はなかっただろう。
    今はもう仕事をしなくて良い。借金の事を心配する必要もない。
    以前の自分の建物(仕事場)は誰かが有効に使ってくれたらいい。
    今は重荷が取れて清々している。生前の仕事には何の未練もない。

    前の仕事仲間の人たちは毎日仕事をしなくてはいけない。本当に大変だ。
    皆本当は苦しいのだ。

    僕は今、リラックスしている。会いたい人にも会えた。
    こちらは金の心配をしなくていい。
    それが何といっても一番。周りの景色が明るい。
    そっちは暗いところだ。


    以上

    電光石火

    2020.05.10 06:00|インスピレーション

    池田湾 

    霊同士のコミュニケーションはいちいち思いを言葉に置き換える必要がないので電光石火で伝わる。人間同士の意思交換は言葉を使うので効率が悪く誤解を生みやすい。言葉に変えるだけで時間と労力を使うし、言語が異なると意思交換が出来なくなる。霊界の者は地上の人間が言葉に出さなくても直ちに意思を読み取ることが出来る。

     

    地上世界では他の人間の考えていることがわからないので色々と詮索をすることになる。ああでもない、こうでもないと余計なことを考えてしまう。それは大きなエネルギーの浪費であり、心を曇らせてしまう。地上世界を去ればそういうものから解放されることになる。

        

    霊的意識と顕在意識

    2020.05.06 06:00|インスピレーション
    MOA.png

    今の人間は霊的意識(潜在意識)と顕在意識が遮断されていて、その事が霊的真理の理解を妨げている。霊的意識と顕在意識の間の壁を一時的に取り去る、又は風穴を開けると霊的意識が表面に出て来易くなる。祈りや瞑想はその意味で効果がある。また肉親との離別など極限の体験は霊的意識の窓を開き霊的真理の理解を深めることになる。


    続きを読む >>

    この世でのひと時を大切に

    2020.05.02 07:22|インスピレーション
    彩雲

    瞑想してみればそこにはこの世の混乱とは無縁の世界が存在している。そこが将来貴方が赴く世界、今は肉体を通じてこの世と密につながっているからこの世の騒ぎがまともに伝わってくるがそれはやがては切れる時が来る。あなたは何時までもこの世に住み続けるのではない。そう考えればこの世の事を愛おしく感じるであろう。今、この世でのひと時を大切にすることだ。

    執着の心

    2020.04.28 06:00|インスピレーション
    池田港 

    この世の出来事一つ一つに動揺してはいられない。自分の霊的意識で見ればそれらは些細な事、全てはエピソードの一つになっていく。自然に離れて行き忘れ去られることになる。小さな意識で見ている限り何時まで経っても離れない。つまり執着が起きることになる。執着するのは霊的意識が目覚めていないことの証である。

    慌てず急がず

    2020.04.24 09:34|インスピレーション
    志村けん? 

    置かれた状況の中で自分なりに精一杯やればそれで良い。見えないものを無理に見ようとする必要はない。肉体を持った地上の人間には限界があるから。

     

    やがては見える時が来る。視野に入らないことは守護霊がちゃんと把握していてその折々に指示を出してくれる。自分の判断の中に自然にそれが現れてくる。見えないからと言って慌てず急がず、それが肝要だ。

    幼少時代の写真

    2020.04.21 10:52|お知らせ
    旧ページに私の幼少のころの写真を掲載しました。70年くらい前のものもあり白黒で今とは雲泥の差です。当時はまだ戦後であり、世の中の様子は今の若い人には想像も出来ないことでしょう。

    思い出として残しておきたいという思いから今後何回かに分けて旧ページ上で編集してみることにしました。時代は常にうねりを伴って進んで行くものです。私たちの人生もその中で上下左右に揺さぶられながら進んでいきます。

     幼少時代(写真集)
    https://7as22ieev1q5.blog.fc2.com/blog-category-4.html


    この世のことは夢幻 

    2020.04.20 12:07|インスピレーション
     城山展望

    この世のことは咲いては散る花のようなもの。それらはほんの一時の輝きに過ぎず永続性のあるものは何一つない。それを追いかけることは幻を追いかけるようなものであるが、この世の人間は必死になって追いかけている。それらは肉体の死と共に消えてなくなるのである。



    「露と落ち露に消えにし我が身かな 浪速の事は夢のまた夢」


    これはよく知られた豊臣秀吉の辞世(この世を去る時の言葉)ですが真理を言い得ているなと思います。現代は秀吉の活躍していた時代に比べて一段と物質偏重が進んでいるような気がします。この度のコロナウイルスの感染拡散が人々の気付きにつながればいいのですが。


    今は静止の時

    2020.04.16 09:10|インスピレーション
    岡山方面

    今は人間は活動を静止して自分のこれまでの生き方を反省する時期である。これまでに神の摂理に反する事をしていないか振り返ってみる必要がある。


    元来、人間は一生に一度は非常事態を体験するようになっている。それによって人間の弱さ、肉体の脆さを身をもって知ることができるから。この地上世界のもの全てははかない運命にあり何一つ永続性のあるものはない事を人は知らねばならない。今は静止の時、絶好の学びの時なのである。


    Can't skip Hope

    2020.04.11 14:17|真理を求めて
    risu.jpg

    世界中がコロナ禍の今、人間がそれに如何に向かい合い行動すべきかを表現した動画が知り合いの方から送られてきましたのでご紹介します。癒しのエネルギーが込められ、分かりやすく詩的に表現されていますので出来るだけ多くの人に見て頂けたらと思います。

    Can't skip Hope


    https://www.youtube.com/watch?v=70tcUNgd8IM&list=RDCMUC5D1TiKg5e0Q2FDzlBk2mdA&index=3


    地上生活の悩み

    2020.04.10 05:00|インスピレーション
    IMG_7540.jpg

    地上の生活での最大のストレスは一人一人が違うことであり、それに尽きる。各々が進化の程度が異なるので考える事もやる事も違う。家族といえどもそれは変わらない。自分の魂の故郷は霊界であり、この世は修練の場、自分を試す場所なのであるから安住の場ではない。元来心休まる場所ではないのである。




    エリザベス女王のメッセージ

    2020.04.06 15:02|真理を求めて
    夕方の雲 


    イギリスでは4万人以上が新型コロナに感染し、5千人近くが死亡しているとのことである。そんな折、エリザベス女王がイギリス国民に向けて演説したとの報道を目にした。今は大きな混乱の渦中にあるけれど国民の結束を持って今の苦境を共に乗り越えましょうという内容のようであった。私はその背後に霊界の力が働いているのを感じた。霊界側がエリザベス女王を通して国民にメッセージを出したのであろう。イギリス国歌 God save the Queen の通りである。

    各国家ごとに守護霊団が付いているので危急の時には救いの手を差し伸べる。歴史を振り返ってもそれを感じさせるものがある。キューバ危機の時、それから今年早々のイランとアメリカの一触即発の軍事対決など大事にならずに済んできたのは霊界からの働きかけがあったからではないだろうか。

    今のウイルス感染拡大は人間のこれまでの知識の範囲外の事なので人間は慌てている。歴史上、人類は常に様々な脅威に脅かされてきたがそれを克服してきた。今回もやがては解決の糸口が見つかり、それは人類の新たな知識として付け加えられることになるのだろう。

    自分に関わりのないもの 

    2020.04.03 00:00|インスピレーション
    雲の顔

    自分に直接関わりのないものには過度の関心を持たないように。それによって自分がその中に巻き込まれてしまうことになるから。それらは自分にとっては意味のないものであり、時間と労力の無駄になる。年を取ったら自分とそれらのものとの関わりを減らしていくこと。


    追記

    他人の噂話に興味津々となったり、数々の風評に惑わされるのは自分の好奇心や煩悩を刺激されるからであり、霊的成長には何のプラスにもならないことです。


    自分で選択する

    2020.03.30 06:00|インスピレーション
    ミカン収穫 1

    この世では何を考えるのも何をするのも自由であるが自分でそれを選択しなければならない。人は自分の霊性の進歩に応じた事を考え行動することになる。自分が何を考え行動しているかよく観察して見れば良い。



    つまらぬ事が心に引っかかる場合、自分の受け取り方に問題がある。無駄なことにエネルギーを費やしている事になる。自分が勝手にそのことにこだわっているだけなのである。



    問題への対応

    2020.03.26 06:00|インスピレーション
    朝の仕事

    問題は一杯あるが一度に全部を処理することは出来ない。慌てる事なく一つづつ片付けていけば良い。一度に全部のものを眺めて重荷と感じる必要はない。それらが一度にのしかかってくることはない。その時その時に現れる問題に対応すればそれで良い。法則によって一度に多くの問題が現れるようなことは無い。自分の身の丈以上の重荷を背負わされることは無いという言葉の意味はそこにも現れている。

    パニックと視野

    2020.03.22 09:31|インスピレーション
    BC州の山

    パニックになると視野が急速に小さくなるのは何故か?人間は恐怖心が沸き起こると原始的本能によって身を固めてしまうからである。恐れや不安の念は人間の動物的本能から来る。動物時代の名残が残っているからである。相手が来る前から身構えてそれに備える習性が残っていてそれが事が起きる前から心配する、いわゆる取り越し苦労を生むのである。色々な心配事は人間にとって敵であり霊界からの援助の通路を塞いでしまう。



    続きを読む >>

    揺さぶられる人間

    2020.03.18 09:58|インスピレーション


    人間は試練に会わないと目覚めない。今はその機会でもある。社会がパニックになっている様を見れば一人ひとりがその進化に応じた反応をしていることがわかるだろう。各国のリーダー達の人間性が如実に現れている事にも気づくはずである。そのように人間一人ひとりが進化の度合いが違うのがこの世の特徴である。

     

    人間はそのようにして揺さぶられながら成長していく。平穏な環境では魂は居眠りをするからである。人間の肉体は脆いもの。今の騒ぎを見ればよくわかるであろう。また金があたかも肉体の一部になっているかのようで金と肉体が同次元になっている。やがては今回の騒動も過去のエピソードの一つになっていくだろう。

    続きを読む >>

    本能寺

    2020.03.13 10:23|真理を求めて
    信長墓  
          静かに佇む信長公の墓石

    去年の暮れに私は京都を訪れた。清水寺など有名な観光地は中国系の観光客で溢れていてそれは賑やか、というより騒然としていて早くここを脱出したいと思うほどであった。1月10日の「さ迷う人々」と1月22日の「人は人」の写真はその時の二年坂の風景である。 騒然とした場所を離れて私は六波羅蜜寺や建仁寺に行ってみたら人は少なくやれやれという気持ちになれた。昨今は安易に京都の有名寺院などに行くものではない。

     

    翌日、去年も訪れた本能寺に行ってみたら境内に入っただけで霊的エネルギーを感じた。去年は信長公の廟の前に立つと感じたものが境内全体に充満していた。その時に身に受けたインスピレーションは次のようなものであった。

     

    「昔は話し合いで片が付かなかったら殺し合いをしてきた。しかし今は話し合いで片が付くようになってきている」。

     

    戦国時代から400年以上が経過して人間は霊的に成長したのかもしれない。物的欲望はむしろ増幅しているかもしれないとしても。少なくとも敵の一族郎党を皆殺しにしないと自分の身が危ないというような状況にはない。今でも世界を見渡すと一部に例外はあるかもしれないが。

     

    年明け早々イランとアメリカの間で戦争が起きるかもしれないと世界が危惧したことがあり、記憶に新しい。しかしこの時には双方が自重した結果大事に至らなかった。法則が働いたのかなと私は感じた。イランにはイランを取り巻く法則があり、アメリカにはアメリカを取り巻く法則がある。法則はその時の人間の進化に応じたものになるので以前ならば全面戦争になるところが小競り合いで済んだり、話し合いで解決出来るようになるのであろう。人間の取りうる行為にはその時その時の限界がありそれ以上のことは出来ない。それが法則の働きということになる。騒然とした世の中ではあっても裏では静かに人類の進化が進んでいるということになるのだろう。

     
    信長公廟 立札



    続きを読む >>

    選別作業

    2020.03.09 06:00|インスピレーション
    おがま


    人生においては関わる人間や身の回りのものを選別する作業が絶えず行われる。選別しないと前には進めないし迷い道に入ってしまう。人生はずっとこれが続いていく。気が付けば自分の選別能力が上がっている。



    補足

    選別する能力とは洞察力と言い換えても良いと思います。

    世の混乱は教材

    2020.03.05 06:00|インスピレーション
    grannbil.png

    世の中の混乱は全て教材となる。霊の目で観察すればその原因と結果の因果関係がわかるだろう。神の法則が働いていることが実感出来ることだろう。神は決して法則違反を見逃すことはない。大半の人間は最も根本的な事を知らずに生きている。霊界に進めば地上のような混乱を目の当たりにすることはなく地上はその意味で絶好の教材が溢れている。


    川の流れのように

    2020.03.01 06:00|インスピレーション
    サイエンスワールド

    この世の生活においては様々なものが自分の目の前に現れては消える。川岸に立つと水の流れに乗って色々なものが近づいてくるようなものである。その中で自分に必要なものだけ相手にしていれば良い。どうでもいいものは自然に水に流されて離れていく。自分が拾い上げない限りそれらのものは自然の法則によって離れていく。


    一つの通過点

    2020.02.26 12:48|インスピレーション
    スタンリーパーク

    今の自分は永遠の人生の中での一つの通過点に過ぎない。この先も成長は続きそれは際限がない。もっと大きな自分を目指す旅は続く。この世、次の世と人間は成長を重ねていく。霊的成長に終わりはない。





    地上の環境

    2020.02.22 06:00|インスピレーション
    白浜海岸

    この世の人生は殆どが曇りや雨や闇の状態が続く。光明が差して喜びに浸れるのはわずかの間に過ぎない。それが今の地上世界の実態であるがそれは人類の霊的成長度を表すものであり、それに応じた世界が展開されている。人類の成長、進化に連れて地上世界の環境も変わっていくであろう。

    小我と法則

    2020.02.18 06:00|インスピレーション
    みと半島海岸

    法則に順応していけば身の回りのことがスムースに進むようになり、ギクシャクすることが無くなってくる。小我で行動するほど色々なものとの摩擦が生じ易くなる。小さな我が減ってくるほど神の法則と調和し易くなる。


    続きを読む >>

    問題解決の道中

    2020.02.14 06:00|インスピレーション
    梅の花

    問題に直面して目先真っ暗と感じている時には実際にはその問題は解決に向かって進んでいることを知るべし。やがては解決し荷物を下ろす時が来る。今はその道中なのである。

     

    何事も自分に秘められた力を発揮すれば解決可能であり、出来ないのは初めから出来ないと諦めているから。自分が出会う問題は自分の能力の範囲内のことである。