fc2ブログ
    04 | 2022/05 | 06
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    検索フォーム

    カウンター

    脆い人間関係 

    2022.05.18 05:00|親族、友人の霊界便り
    凪の海

    霊界との絆は地上の人間同士よりも強く安定している。殆どの者は気づかないかもしれないが。地上人同士の関係は常に不安定で脆く、何時壊れるかわからない。地上人同士の心はお互いに読み難くてすぐに移ろうので裏切った、裏切られたという事になり易い。肉体に包まれているからどうしても五感を通した触れ合いになる。そこから様々な誤解が生じることになる。

    続きを読む >>

    両方の世界に共通するもの

    2022.05.14 05:00|インスピレーション
    不動明王


    人間の五感で感じ取っている世界は物質世界に限定されている。ところが思念は物質界、霊界に共通するものである。しかし通常の人間は思念の働きについては殆ど理解していない。人の思念は霊界にも通じているが殆どが一方通行になっており、霊界からのものを受け取ることが出来ない。肉体が壁になっているからである。肉体の活動を停止するか抑制することによってある者は霊界からの意思をキャッチすることが出来る。

    続きを読む >>

    法則の枠

    2022.05.10 05:00|インスピレーション
    大嶽

    この世の事にも神の力は働いている。人間が気が付かないだけなのである。何でも好き放題に出来るわけではない。一人ひとりの人間には法則の枠がはめられていてそれをはみ出してしまうと必ずそれ相応の結果を見ることになる。

    続きを読む >>

    この世の汚れとは

    2022.05.06 05:00|インスピレーション
    修行大師2 (2)

    この世の人生では人は生きるにつれて様々なものが纏わりついてくる。大半は鬱陶しく、また重苦しく感じるものであるがそれは今の人類が抱える問題でもある。一人ひとりの進化の度合いの違いからくる意見の対立、争い、それに伴って相手に対する悪感情が発生する。人生を生きる程にそういうものが次々に付着してくる。それをこの世の汚れと言うのである。人の一生はゴミの一杯浮かんだ池の中を泳いでいるようなもの。しかしそれを早く切り上げて次の世に進んだ人達の事を悲しむというのは一体どういう事であろうか。

    洞察力を磨くこと

    2022.05.02 08:22|インスピレーション
    作品 2

    この世の生活は洞察力を磨くのに適している。この世の人間は肉体を被っているから中身が見えず本心が分かり難い。人生経験を積めば若い頃に比べて人の心や物事の本質を読み取れるようになる。特に行動をしなくてもそういう能力を向上させることになっているのでそれで十分この世に生まれて人生を過ごしてきた意味があると言えるだろう。

    人生のさざ波

    2022.04.28 05:00|インスピレーション
    花すわ島

    人間社会の中で起きるさざ波に気を取られてはいけない。それらはこの世の生活での付き物であり、霊である自分の表面を撫でていくに過ぎず、大きな影響を及ぼすものではない。放っておけばどこかへ行ってしまうものが殆どである。

    人は受信機

    2022.04.24 05:00|インスピレーション
    海の音

    人間が自分の考えと思っているものの多くは外から吹き込まれたものである。親和性を持った霊や肉体を持ったこの世の人間の思念を受けて自分の思考が形成されていく。実際には自分オリジナルなものは殆どないが人間はその事を知らない。人は受信機であり、送信機でもあり絶えずテレパシーによって受信と送信を繰り返している。

    続きを読む >>

    わかってもらえない苦しさ

    2022.04.20 05:00|インスピレーション
    田ノ浦湾

    自分の事を他の者が分かってくれないと思うから苦しい。原則、家族も含めて他人には自分のことはわからない。この世に自分の事を本当にわかってくれる者は一人いたら良しと思わねばならない。自分が関わり合う人たちはそれぞれに問題があり、それを解消するためにこの世に来ている。完全であればこの世に生まれて来ていない。周囲の者に自分がわかってもらえないと不満に思える事があるかもしれないがそもそもそれは無理な事、お互いが自分のことで精一杯なのである。

    その代わり霊界に行くと自分の事を本当にわかってくれる者が待っていてくれるから。今でもあちらから貴方を愛の心で包み導いてくれている。肉体を捨てた暁にはその人たちに会える。地上は修行なのだから様々な悲哀を味わうのは当然の事であり、それが将来の糧となるのである。

    変わらぬものはない

    2022.04.16 08:35|インスピレーション
    鯉のぼり 1

    世の中のもので変わらぬものは何一つない。人の心も環境も常に流転して行く。どうにもならぬと思っていても状況というものは時期が来れば必ず変わる。故に何かのことで絶望したりする必要はない。そのうちに必ず状況は好転する。

    続きを読む >>

    肉体は乗り物

    2022.04.12 05:00|インスピレーション
    庚申堂お大師さん (2)


    肉体は地上世界を探索する乗り物、時期が来たらそれを地球に返さなくてはいけない。人間70歳も過ぎればその時期が近づいている。心の準備は出来ているだろうか?多くの人が勘違いしているのは肉体は自分自身ではなく一時の借り物であり本当の自分はそれを操っている霊であること。そしてそれは肉体が滅びた後は束縛から自由になり自分の本来の住処である霊界に帰って行くことを知らない。それを知ることなくやたら死を恐れている姿は滑稽でもある。喜々として霊界に帰れるようになるには先ずその事実を知らねばならない。

    感情のコントロール

    2022.04.08 05:00|インスピレーション
    蛙湖の池

    感情の揺れは人の人生に大きな影響を及ぼす。豊かにもすればトラブルの元にもなる。人間は肉体に宿っている限りはどうしても感情に振り回されることになる。一方で感情というものがなかったとしたら人生は無味乾燥としたものになってしまう。人間は一時の感情の高ぶりによって過ちを犯してしまうこともあるので上手にコントロールしなければならない。感情が高ぶって来そうな時には一時感情の動きを止めて背後霊の存在に思いを寄せそちらに回路を繋ぐような意識を持つと良い。そうすれば背後霊が影響を及ぼしやすくなりいつの間にか感情が鎮まってくるだろう。

    五感を止めて

    2022.04.04 05:00|体験集
    城山公園で

    インスピレーション
    人間は五感でこの地上世界のものを感じ取っている。その中で中心的なものは視覚と聴覚であろう。味覚、嗅覚、触覚は2番手ということになる。瞑想の時には視覚と聴覚を一時停止させることが必要である。それによりこの世の波動をシャットアウトすれば自分の霊的意識が活動する機会が与えられたことになる。そして先ず日頃の雑念を封印すること。その一つの方法として自分の意識が頭上から抜け出て行くような感触が得られたら良い。その時自分の意識がこの世から一時離れたような状態となる。

    続きを読む >>

    邪悪な者

    2022.03.31 05:00|インスピレーション
    あわじダムの桜

    邪悪な者は何時までも続かない。自分が邪悪な行動を取ることにより神の法則によって裁かれ自滅して行くことになるからである。人類は愚かにも昔からずっとそういう事を繰り返してきた。邪悪な者たちが生存出来なくなった時、地上人類は一段進歩したことになる。

    続きを読む >>

    心の動揺

    2022.03.27 05:00|インスピレーション
    甘夏2022


    日々の生活においては心を掻き乱される事が多々あり、その都度自分が揺れ動く。その時自分の心が動揺しているという事を努めて外部から観察すれば良い。そうすれば、ああ自分の心が揺れているなとわかるようになる。外部から自分を観察するということは肉体の影響をしばし離れて霊的視点で事象を見るということであり、その積み重ねが悟りを深める事になり、少々の事には動じなくなるだろう。


    続きを読む >>

    長生きは罰

    2022.03.23 05:00|親族、友人の霊界便り
    桜とフェリー

    彼岸の中日の夕方、墓参りに行ってみた。我が家の墓地の前に立ってみると8年前に他界した竹馬の友の気配がした。我が家の先祖ではなく他の家の者がその場に現れるのは異例なことである。彼からは次のようなメッセージが伝わってきた。

    「人間は長く生きる程、嫌なものを見たり体験しなければならないはずだ。年を取るほど楽しい事より嫌なものが増えてくるのではないかな。世間は長生きすることが幸せであるかのように言っているけど本当は違う。逆なのだ。君も早くこっちに来れば良いのに。そっちは楽しいところじゃないよ。人生はせいぜい65歳くらいで十分じゃないかな」。

    続きを読む >>

    何も執着しない 

    2022.03.19 05:00|インスピレーション
    haruno 海

    人間関係も物的財産に関する事も全ては神の摂理に身を委ねることが出来たら良い。この世にいる人間は否応なしにそうなる事(一人ひとりに摂理の枠が適応されていること)が決まっていて例外は無い。じたばたしたところでどうにもならないのだから。人間が勝手にジタバタしているだけなのである。

    続きを読む >>

    愛は最強のエネルギー

    2022.03.15 10:00|インスピレーション
    亀

    この世での人生は自分の小さな我との闘いである。それがある故に様々な苦しみが生まれる。人間の小さな我同志がぶつかり合うことによって争いが生まれる。一人ひとりが自分の殻(肉体)に閉じこもっている為に物事を見通すことが出来ず、目が塞がれた状態になっている。その殻を打ち破るものは何か?それは理屈ではなく愛、愛以外にはない。何故なら愛は宇宙最強のエネルギーであるから。

    トレーニングの場

    2022.03.11 11:06|インスピレーション
    喧嘩

    どんな場面に遭遇しても自分を平常心に保てるようにするためのトレーニングの場としてこの世は最適の場である。思いもかけぬ事が次々に起こるのがこの世の特徴であり、最初からわかっていたら対応できるがわからないから一瞬戸惑うことになる。経験を重ねるに連れて動揺しても立ち直る時間が早くなり、跡を引くことが無くなる。

    続きを読む >>

    援助の力 

    2022.03.07 05:00|インスピレーション
    城山 さくら

    もしも霊界からの援助が無かったとしたらとても今の自分は存在せず、とうの昔に挫折していたであろう。これは殆どの人に言えること。人間は霊界から陰に陽に支えられて人生を過ごす。そのことに気づく者は少なく人生後半になってようやく分かるがそれも少数であり、殆どの者は気づくことなく人生を終わる。

    続きを読む >>

    戦争は神の意思に反する行為

    2022.03.03 05:00|インスピレーション
    子雪だるま (2)


    戦争によって得るものは何も無い。失うものの方が遥かに大きく誰の利益にもならない。後で必ず代償を払わされる事になる。何故なら戦争は神の意思に反する行為であるから。今の人類の悲劇の原因は一重に霊的無知故である。地上人類の霊的無知はあまりに嘆かわしく、神の意図している世界とは対極にある。

    混乱の絶えないところ

    2022.02.28 10:06|インスピレーション
    春の兆し

    地上は混乱の絶えない場所、世界的規模でも家庭内においてさえも。その理由は一人ひとりの進化の程度が違っている事にある。肉体を纏っているので魂の内容まで見えないが中身は皆違っている。その人間たちが自ら望んで、あるいは神の法則によってこの地上に来ている。そこでは様々な軋轢が起きるのは自然な事なのである。

    経験しないとわからない

    2022.02.24 05:00|インスピレーション
    宝生院 神木 3

    人間は経験しないとわからない。本を読んだだけではわからない。痛い目に遭って骨身にしみてようやくわかる。人はその為にこの世に生まれて来ているのだから。安易に身に付くものは何一つない。失敗を重ねてようやく自分の身に付いたものとなる。

    気に入らないもの、怒り、喜び

    2022.02.20 05:00|インスピレーション
    神木 2
       宝生院 神木 (樹齢推定1500年)

    地上生活では色々なものが付いてくる。自分の気に入らないものも多くそれらが自分の荷物ということになる。気に入るものは荷物とは感じないであろう。自分が向上して行くにつれて気に入らないものは少なくなるはずである。

    人生では様々な感情を味わうが、怒りは自分を狭いところに閉じ込める。喜びは自分を解放する。

    仮想現実の世界

    2022.02.16 05:00|インスピレーション
    幸せ観音


    人間は事が実際に起きる前に自分の心の中に事態を作り仮想現実の世界に入っている。それは実際に起きる事とは違う。言わば幻想の世界なのである。自分が勝手に作った世界の中でもがいている。常に仮想現実を作り続けている。

    続きを読む >>

    清浄な気分になること

    2022.02.12 05:00|インスピレーション
    滝

    祈りはほんの数秒でも清浄な気分になれたら良い。清浄な気分になれないなら長い時間やっても意味は無い。自分に宿る神の一部を感じ取ることが祈りの目的である。自分の身の回りのことで頭を悩ます必要はない。何れも大した問題ではなく機械的に処理して行けばよいものばかり。人間同士の問題も時期が来れば収束するので急ぐ必要はない。自分がそうして大過なく人生を過ごしていられる事に感謝の気持ちを持つべきである。

    続きを読む >>

    前を向いて進む

    2022.02.08 05:00|インスピレーション
    _convert_20220201152305.jpg

    一旦霊界との回路が開かれたら守られるので不安や迷いを感じる事なく進めばよい。常に前を向いて進むこと。後ろを振り返ってはいけない。自分の良心の声に従うこと。周りを見ると不確定要素が一杯あるがそれらは必ず時間と共に収まるべき所に収まる。法則の働きを見る良い機会である。人間の目に触れるものは一部であり、見えない所は自然の法則によって処理される。

    光明

    2022.02.04 05:00|インスピレーション
    蠟梅 

    この世には自分の意にそぐわないものが溢れているから心がスッキリすることはとても少なく清浄な気分になれてもそれは一瞬の間に過ぎない。しかしそれはとても大切な瞬間であり、時間の長短に関係なく大きな意味を持っている。それはこの世、先の世を通して自分の進む道を照らしてくれるものであるから。その光を目指して進めば良い。

    続きを読む >>

    霊界の存在を実感できること

    2022.01.31 05:00|インスピレーション
    梅 2022


    真理は地上世界だけを認識していてはわからない。霊界と地上界両方あることを理解しない限り悟ることはできない。地上界の動きだけ見ていたら不可解な事だらけに思えるがそれはコインの片方しか見ていないから。もう一つの面を見ることが出来れば成る程、こういう事かと納得することになる。霊界の存在を実感できるようになればより広い視野から物事を観察できるようになるだろう。地上はそういう意味では学びの材料が豊富にあると言える.

    続きを読む >>

    霊の力 

    2022.01.27 10:00|インスピレーション
    正月の烏帽子岩


    人の思念はあちこちに飛んで捉えどころがないが訓練によってコントロール可能になる。コントロールするのは脳ではなく霊の力であり、自分を霊の力に委ねることが出来たらそれは可能になる。自分に宿る霊の力が働くようになれば思考においても霊優位の形が出来る。多くの人間は肉体優位になっているので霊の力が働かなくなっている。昔から行われてきた宗教の修行は自分に宿る霊の力を引き出すことを目的としたのである。

    続きを読む >>

    自分のしている事がわからない

    2022.01.23 05:00|インスピレーション
    夕方の富岡風景

    地上の人間の視野は狭く目先の事しか見えない。全体の一部しか目に入らないので何が起こっているか分からず自分がどこに向かっているかも知らない。昔の事を振り返ってやっとその意味がわかる。後になってわかる。多くの人間が間違いを起こすのはその致命的とも言える視野の狭さが原因している。自分のしている事が分からない理由は肉体に宿り、閉じ込められているので物質界のことしか認識出来ないから。

    続きを読む >>