12 | 2014/01 | 02
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    通じるために

    2014.01.31 13:01|真理を求めて
      あちらの世界に行っている人と実際に通信が出来たらと考える人は多いでしょう。霊的真理を学んだ人ならそう思うのが自然かもしれません。ところがこれが簡単なことではないのです。実際には夢の中で会っているはずなのに皮肉なことにその体験は顕在意識には現れてこないのです。

    日常の物質の世話に追われている時の意識は到底霊界から来る霊妙な波動はキャッチ出来ません。私達は朝から晩まで肉体の世話をはじめとする物質的な波動に占領されています。そういう環境の中で例え僅かな時間でも自分の意識をそういうものから抜けだして清らかで崇高なものを感じてみることが必要でしょう。

    それが祈りであり瞑想なのですがそれをやってもあちらの世界の人と交信することは、多くの人にとって容易ではないでしょう。でも霊的真理を学んだ人はそれ以外の人たちよりもより近い位置にいることは間違いありません。理屈の上で霊的な世界があることを知っているからです。

    実際にあちらの世界にいる人と通じるためには自分の意識の中に一つのイメージを作り上げることが必要だと思います。その人の姿や声、独特なしぐさ等を思い出し、あたかも一つのエネルギー体のようなもの(ふさわしい表現でないかもしれませんが)を自分の中に作っていきます。その人のことを思うと自動的にそれが立ち上がって作動するようになります。

    そのイメージを立ち上げることは霊界に対して送受信の準備ができたことになります。焦点を定めるためにも漠然と祈りの言葉を繰り返すよりも具体的な意志を表現する手段として意味があると思います。漫然と読経を繰り返しても自分の意思表示をしていることにはなりません。私がよく感じるのは法要の席で経本を目で追っているだけの人が多いことです。そういうことをしても霊的な波動は出ません。ただその場に座っているだけということになります。

    私の場合はその人がこちらに気付き近づいてきたことを感じる一つのサインとして指先がチリチリしてきます。それから頬を羽のようなもので撫でられたような感じもします。感じ方は人それぞれでしょう。

    学びの材料

    2014.01.28 14:30|インスピレーション
     

    自分の思うように出来ない事を環境のせいにしてはいけません。学びの材料は至る所にあります。自分が置かれた環境の中で精いっぱいの事をしましょう。逆風の中でこそ魂が鍛えられるのです。

     

    いずれは誰にも邪魔されずに思う存分自分のやりたいことを追求できる時が来ます。その時の為に今は種を蒔き将来に向かってエネルギーを蓄えているのです。制約だらけで思うように出来なかった事が自由に伸び伸びと出来るようになります。それが死後の世界です。


    指導を仰ぐための条件

    2014.01.23 15:14|インスピレーション


    真理を学びたい、真実を知りたいという強い願望は自動的に霊界からの指導を引き寄せることになります。日常生活の様々な場面で指導霊の指導や教育が行われるようになります。

    そこで出来るだけ自分の我を減らすことが必要になります。その度合が指導霊の霊力の働きを左右します。つまり受容性を高めることが大切になります。

    それから世間の常識やしきたり、儀礼的なことの真価を見抜き少しでも真実に迫ろうとする勇気と探究心も必要です。

    そして現状に満足することなくあくなき向上心を持つことです。



    人は神の子

    2014.01.17 15:25|インスピレーション
     

    自分の中にある最もピュアーなものを大切にし、何があっても見失う事のないようにしましょう。それはすべての人に内在する神性です。人は全員神の子であり神の分霊なのです。

    常にそれを行動の規範にしましょう。人生においてそれ以上に大切なものはありません。この世を通して、次の世も、そしてその次の世も永遠にあなたの存在の基盤として唯一あり続けるものです。

    母からのメッセージ 8

    2014.01.10 15:26|親族、友人の霊界便り
    IMG_0041.jpg 

    今はそちらにいた時のような苦しみがない。余計な事を気遣う必要がないからね。体の事を気にしなくていいのは本当に楽。死んだらその悩みから解放されるからね。

    こちらから見て一番喜ばしい事は残った家族が皆、元気に生きていること。幸せを感じて生き生きと生活している姿を見ることが最も嬉しい。

    逆に悲しかったり怒ったりそういう気持ちで生活している姿を見せることはこちらの者に心配をかけることになる。死んだ者は何も知らないと思うことは間違いでこの世にいた時よりもはるかによく知っているから。

    魂の旅は永遠

    2014.01.06 15:13|インスピレーション
     

    離別の苦難は魂を目覚めさせるためにあるのです。目先の悲しみよりも永遠の魂の旅においては魂の成長の方が意味があるのです。別れたと思っている人とは必ず再会します。離別は一時の悲しみ、魂の旅は永遠です。