05 | 2015/06 | 07
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    取捨選択

    2015.06.30 12:24|インスピレーション
    ボー川


    人は人生を重ねるほどに様々なものが蓄積してきます。それらを全部溜め込んでいては身動きが取れなくなってしまいます。取捨選択して自分に必要なものだけを残しましょう。

    つい余計なことを考えてしまう人は不要なものを溜め込んでいないかよく考えてみる必要があります。ゴミのようなものを残しているとそれが腐ってきて臭気を放つようになります。自分に本当に必要なものはそう多くありません。要らないものは捨て去ることです。

    二重構造

    2015.06.26 09:09|インスピレーション
    池

    人は五感でこの世を認識するようになっています。それは肉体と共にあり、肉体の寿命が尽きれば役目を終えます。しかし人間にはもっと高次元の意識が備わっており、それはこの世とは別の世界(霊界)につながっています。つまり人は肉体的意識と霊的意識の二重構造になっているのです。

     

    霊的意識は肉体がその使用期限を過ぎると本格的に始動するようになります。五感は地上生活をするための道具でありその次元のものしか認識できません。しかし人によっては時々第六感、インスピレーションの形で霊的意識が顔を出します。

     

    悟りというものは理屈で理解するのではなく自分の奥にある霊的意識が目を覚ますことです。

     

    五感をフルに使っても悟れることには限界があります。いくら本を読んでも知識を蓄えたとしても容易に悟れないのはそのためです。肉体はこの世の事だけであり、霊的意識が宇宙につながっているのです。肉体と違ってもっと大きなものにつながっているのです。

     

    霊的意識の目覚めの度合いが悟りの度合いを表します。

    愛に包まれて

    2015.06.22 10:10|インスピレーション
    MOA 2


    祈りの時に愛に包まれ、守られていることを感じるでしょう。一人ぼっちの人間はいません。この世で一人と思っていても実際は霊界から守られ導かれている事を忘れないようにしましょう。

    祈りはその愛に触れる場です。あなたは満たされ喜びを感じることでしょう。

    この世のことしか認識できないから寂しく苦しいのです。本当はあなたの住んでいる世界ははるかに広いのです。

    内在する神

    2015.06.18 11:47|インスピレーション
    新渡戸庭園

    あなたも神の1分子です。全ての人は神を内在しています。それが目覚めてくれば自動的に神の子としての道を歩むようになります。そうなると地上の宗教の教義や教条は必要としません。教祖も必要ではありません。

    何故なら人は元来神によってそういうふうに方向づけられているからです。目覚める時期は一人ひとり違います。艱難辛苦を体験してようやく目覚める者もいれば、そういうものを必要としない者もいます。それは魂の年齢によります。

    物質世界の重さ

    2015.06.14 08:45|インスピレーション
    MOA 1

    次々と現れる物質世界での仕事、日常からその他諸々の出来事、これらは殆ど物質世界特有の現象です。その中で必要なものとそうでないものを仕分ける必要があります。見分けていく事が大切です。

    霊界に行けば物質の悩みは消えます。物質は意味を成さなくなります。それら物質を管理していたもの、つまり知恵や知識を携えて人は霊界に行きます。それが本当に意味があるものであり、永遠に残るものです。

    父から

    2015.06.10 09:53|親族、友人の霊界便り
    MOA 3

    人間は今置かれている状況の中で全力を尽くせば良い。それ以上のことは求められていない。
    自分の能力を出し惜しみしてはいけない。

    人間は何か問題がある方が良い。問題があるからそれを解決するために努力をする。そして自分が向上する。

    何も問題がなかったら人間は進歩しない。後で霊界に来た時にかつての問題に対して感謝するようになるだろう。それが自分を成長させてくれたことがわかるからだ。

    自分が作る壁

    2015.06.07 09:21|インスピレーション
    MOA 4

    自分だけの理屈で身を固めてしまわないことです。それが強すぎると外からのメッセージが入らなくなります。
    壁を作ってしまうのです。

    柔軟に、寛容に、公平な目で物事を見るようにしましょう。そして常に心を澄ませておくことです。




    続きを読む >>

    本来の居場所

    2015.06.03 14:31|インスピレーション
    顔

    祈りや瞑想で霊的世界を直に感じ、自分の本来の棲み家は霊界であり地上は束の間の居場所であることが実感できるようになったら本物です。そうなった時に霊界から役割が与えられます。

    それは地味で地上世界の人たちからは存在を認められないでしょう。しかしこの世で見返りを期待してはいけません。将来あなたが霊界に進んだ時にあなたのした事が本当に理解されます。それはこの世では味わうことの出来ない本当の喜びとなるでしょう。

    それだけ地上世界と霊界ではギャップがあります。そのギャップに悩まされるのはスピリチュアリストの宿命的なものです。