06 | 2015/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    神の裁き

    2015.07.29 09:28|インスピレーション
    重荷

    あなたが良心の声に従い、自分が正しいと信じる道を進んでいる時、誰かから妨害を受けたり攻撃されることがあるかもしれません。そういう時は反撃したり復讐をしてやろう等と考えてはなりません。

    あなたが何もしなくてもそれを企て、仕掛けた相手は後で神によって裁かれます。全ては神の絶対公正の法則によって処理されます。

    続きを読む >>

    大きな目標を目指して

    2015.07.25 13:20|インスピレーション
    高松方面

    この世で生活している以上完璧なことは出来ません。些細なことを気にして自分を萎縮させないようにしましょう。自由闊達に伸び伸びと自分を表現していきましょう。

    こうすれば神の摂理に違反している等と小さなことに気をとらわれず大きな目標に向かって自分を向上させて行きましょう。

    細かなことに拘ると何も出来なくなります。多少のトラブルや問題は気にしないこと、それはこの世では必ず付いてくるものです。完全を期待しないことです。

    この世は不完全な世界であり完全無欠なものは存在しません。この世で何かを為すためには多少の摩擦や軋轢は避けられないものです。小さな事に気をとらわれることなく大きなものを目指しましょう。

    神の大愛の表現

    2015.07.21 09:24|インスピレーション
    MOA彫刻

    人間は現在悩みや苦しみがあるほうが幸せなのです。あなたはそれによって自分の課題を消化していることになるからです。

    もしそれをやらなくても課題は将来に先送りされるだけです。自分の課題は一人ひとり違いますが、それらは人間が成長するために必要であり、神からのプレゼントなのです。それは神の大愛の表現であり、摂理の働きです。


    続きを読む >>

    仮の姿

    2015.07.17 10:19|親族、友人の霊界便り
    台風通過後

    竹馬の友より
    死ぬ時には身体を患わせて長い間苦しむ人が多いけど、僕の場合それがあっという間だった。それはありがたかった。
    今はもうそちらの世界に戻りたいとは思わない。色々な事に悩まされるのはもう沢山だ。

    皆はそちらの世が全てと思っているようだけどそれは全く違う。人間は人生の一時期をそちらで過ごすのだ。
    それは仮の姿なのだ。それがずっと続くと思っていたら大間違いなのだ。

    そっちにいる時は変に宗教に染まらないほうがいいと思う。こちらに来た時にそういう型にはまっていると順応に苦労することになるから。素直な人間ほどこちらでの順応は早いようだ。

    宗教は事実と違うことを教えている。それなら知らない方がいい。
    事実を知ることが一番大切だと思う。

    続きを読む >>

    人間が摂理に合わせること

    2015.07.13 08:50|インスピレーション
    ベイリゾート  

    神の摂理の方から人間に歩み寄ることはありません。 
    人間が摂理に合わせるしかないのです。

    続きを読む >>

    人生は自分成就の道

    2015.07.09 09:02|インスピレーション
    MOAで

    人生は自分を成就させる道です。周りの出来事に右往左往しない事。それらは根本的にあなたを脅かすものではありません。それらは勝手に現れては消えていくものであるから。

    そういうものに揺さぶられているとしたらまだまだ修行が足りないということ。 自信と信念を持って進むことです。

    思い出の啓示

    2015.07.04 09:28|インスピレーション
    ヨット


    人は過去のものを全て持っていては前に進めなくなってしまう。不要なものは捨て去らねばならない。

    物事を理解するにはそれにふさわしい時期というものがあり,その時が来なければ本当に理解することはできない。

                                   (2006年秋 京都の善峯寺にて)

    続きを読む >>