02 | 2016/03 | 04
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    この世の人間の姿

    2016.03.29 10:52|インスピレーション


    目が塞がれているから状況が分からなくてもがく。霊界にいた時の視野は何分の一かに小さくなっており暗中模索の状態で暗闇の中にいるようなもの。その見通しのきかない環境の中で真実を探していくのが人生である。

     

    人は自分の力で道を開いて行かねばならない。そうすることによって鍛えられるのである。



    続きを読む >>

    目的は果たせたか

    2016.03.25 09:33|真理を求めて


    IMG_0051.jpg 

    家族を守り、家を維持し、子を育てて一人前にし、自分の責任を果たした。社会への貢献も出来た。不正な事もせず真っ直ぐに生きてきた。

     

    時に煩悩から起きる衝動に負けることもあったがそれらは一般的な人間の行いの範囲内のことであった。全体としてみればそういう人間はこの世に生まれて来た目的は果たせたと考えればよいであろう。

    続きを読む >>

    力まないこと

    2016.03.21 11:50|インスピレーション
    IMG_0020.jpg

    真理の普及を目指す者は力むことなく肩の力を抜いて、ゆったりとした気分でいる事が大切です。あなたは想像以上に霊界から守られているので何も案じる必要はないのです。そういう心境になると霊界の方から働きかけ易くなるのです。周囲の目を気にすることなく自分の大目標に向かって進むことです。

    地上は心配事の世界

    2016.03.17 10:23|インスピレーション
    参道

    地上世界には揉め事が尽きる事がありません。悲しい事にそれが今の地球人類の姿です。あなたはいちいちそれらの事に感情移入して一緒に悩む必要はありません。それらの景色はトンネルのようなものであり、やがてはそこを通過していく通過点です。一人一人が自分の能力の範囲内で出来ることをしていればよいのです。



    祈りの時の心得

    2016.03.13 15:00|インスピレーション
    白馬三山

    幸せな気分で祈る事、これが最も大切である。高級霊や霊界人は悩み事の殆ど無い世界にいるので地上の人のように暗い気分でいることはない。幸せ、喜びの世界にいるので地上人の暗い心、低い波長とは合わない。

     

    従って地上側も明るく幸せな気分で霊界の人達と接することが通じる秘訣である。愛の心、感謝の心を持って祈りの場に臨むことが必要であり、それによって霊的エネルギーが注入される。

     

    暗い気持ちで祈らない事、暗い気持ちは高い界層とは波長が合わず低い界層と合ってしまう。位牌などは暗い気持ちにさせる。もし何かシンボルが必要ならば明るいものが良い。


    一人ぽっちの人間はいない

    2016.03.09 10:39|真理を求めて
    八方池へ 

    あなたはたった一人で生きているのではありません。この世でも霊界からも常に見守られている事を忘れてはいけません。愛に包まれていることを知ってください。あなたはそのお蔭でここまで来られたのです。特に霊界からは無償の愛を受け続けています。どんな時にも決して見放す事なく守り、導いてくれている存在がいることを知ってください。


    広い視野から

    2016.03.05 10:47|インスピレーション
    五竜岳 (2) 

    今起きている問題は霊としてのあなたの人生においては点のようなことに過ぎません。それに心を奪われてはいけません。広い視野から人生を眺めるようにしましょう。人間関係においては一人ひとりが神の摂理によって自分のしたことに責任を取ります。あなたが他の人のことで責任を負わされることはありません。それは家族においても同じです。

    何故余計な事を考えてしまうのか

    2016.03.01 10:21|インスピレーション
    善光寺地蔵

    それはその人が発展途上にあるから。未熟だからということになります。人間は様々なものを取捨選択する能力を磨かなくてはいけません。不要なものを捨て、意味のあるものを取り入れる過程において起きる混乱です。

     

    人は皆真理を学ぶ過程にあります。その途中に様々なものが纏わりついてきます。不要なものに惑わされ不安や怖れが湧いてくるのはまだ未熟だからということになります。真理を知ることによって不要なものは離れていきます。遠心分離機のようなものです