03 | 2016/04 | 05
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    正しい知識を持つこと  父より

    2016.04.28 14:32|親族、友人の霊界便り
    阿弥陀来迎

    あの本(死んだらどうなる)を渡された時、自分の死期が迫っていることを実感した。ちょっと衝撃を受けたがあの本に書かれていたことは根本的に間違っていなかった。あの時は書いた人(丹波哲郎)をちょっと変わった人だと思ったが。人は正しい知識を持つことが大切であり死に関してもそこから目をそらしてはいけない。知らないから不安になるのであり知れば不安は消える。そういう意味からも一人でも多くの人に死後に関する正しい知識を持って欲しい。

    一方、般若心経は昔から日本人に親しまれ大切にされてきた。しかし死後の存続に関してはそこから何の知識も得ることが出来ない。現在でも多くの人達が心経を唱え最もポピュラーなお経であるが、これは人々を直接生死を超えて導くものではない。それを唱える事によって乱れようとする自分の心を落ち着かせる作用がある。その意味を解明しようとしても無駄である。あくまでも自分の心を静める為の道具の一つと考えるべきであろう。

    心経は元々死後の世界を説明したりするものではない。だからそういう意味では役に立たない。ガイドとなるには「死んだらどうなる」のような本の方がはるかに実践的で役に立つ。霊的事実を書いてある本と般若心経とでは元来性質の違うものなので比較することが出来ない。

    こちらの世界では事実が何よりも意味があるということを知って欲しい。そういう意味からこちらの人間は地上世界の人間によって作られたものの真偽を見抜いている。

    続きを読む >>

    幽界からのメッセージ

    2016.04.25 18:30|親族、友人の霊界便り
    夏の日御碕

    竹馬の友より   (2月2、3日)

    1.今思えば僕は製麺業も会社も一生懸命やってきた。総代の仕事も。
    振り返れば何でも一生懸命やることが大切だということがわかる。

    人間はそうしないと満足感は味わえないようになっているのだ。
    満足感を味わうことが幸せなのだ。

    2.死んでも変わらない 
    皆、地上で生きていた頃の延長の姿で生きている。死んで急に変わる者はいない。性格や癖も変わらない。大体そのままであると考えたらいい。唯住む場所と環境が変わるだけだ。

    でも何年も経ったら変わるだろう。地上でもそうだろう。子供の頃と大人、そして老人になってからは大きく変わっているだろう。それと同じ事だ。

    取るに足りない悩み事

    2016.04.21 10:09|インスピレーション

    IMG_0023.jpg

    あなたの現在の悩み事は自分がそれに耐える能力があるから背負わされているのです。心静かにしてよく観察してみましょう。

    いずれの事もあなたの力の及ぶ範囲のものであることがわかるはずです。霊的に見ればそれらの悩み事は取るに足りないものばかりです。

    霊の世界からの援助

    2016.04.16 09:44|インスピレーション

    IMG_0027.jpg

    難しい事、自分の力の及ばないと思える事は背後霊に委ねることです。必ずそれなりの援助を授かります。自分を投げ出してお任せするのです。

    あなたは何でも自力で問題を解決してきたと思われるかもしれませんが実際には霊の世界からの援助を受けているのです。援助が無かったとしたら事態はもっと厳しいことになっていたでしょう。

    但し何でも頼るようではいけません。まずは自分が全力を尽くした上でないと援助を受けることは出来ません。

    悟れた者は幸せ

    2016.04.13 09:52|インスピレーション
    IMG_0025.jpg 

    悟れた者は幸せです。この世に生まれて来た目的を達成出来たことになるからです。悟る事(霊的に成長する事)がこの世に来た最大の目的であったからです。この世での富や財産や社会的地位は幻のようなもの、本当は実在しない(人の思念によって作られ一時的にこの世にだけ存在している)ものです。それらは一時の飾りに過ぎないのです。

    だから死と共に消えていくのです。あなたはこの世でそれらのものをまとっていたに過ぎないのです。実在のものは肉体が滅んでも消えていくことはありません。実在でないものは消えていくのです。

    霊的な自分と肉体としての自分

    2016.04.09 10:52|インスピレーション
    IMG_0050.jpg

    慣れてくれば日常の雑事をシャットアウトすれば自然に霊的な自分に戻れるようになる。力まないことが大切である。力みは肉体的な自我から来る。霊としての自分には本来力みはない。

    霊的な自分の表現を妨げているのは実に肉体としての自分である。互いに相反する者同士(霊と肉体)が合体しているのが地上の人間の姿である。肉体は物質に引き付けられ霊は大きな束縛を受け、不自由な状態に置かれている。

    本当は自由になりたいのだが肉体に引っ張られているのでそれは叶わない。様々な悩みはそこから発生している。一部の者に見られる自殺願望もそこから発生してくるのであるが、それをやると霊が自分に負けた事になってしまう。

    この矛盾を感じながら人は地上人生を生きていくのである。

    続きを読む >>

    守護霊より

    2016.04.05 10:30|インスピレーション


    あなたが霊的に成長するほどこちらの考えを伝えやすくなります。自分の考えの中にこちらの考えが入る度合いが大きくなります。あなたの悩み事はこちらの課題でもあります。こちらもあなたを指導することによって学んでいるのです。

     

    あなたに何の悩みも課題もなくなった時にはあなたの地上人生は終わりに近づいていることになり、こちらの仕事も終了することになります。

     

    あなたは一人で人生を生きているのではなく守護霊と共に生きていることを忘れてはなりません。守護霊と地上の人間はお互いを必要としている間柄であり、守護霊はあなたの家族や大切な人やその他の誰よりもあなたのことを深く理解している霊の友です。

     

    困った時には自分を心静かな環境に置き感情を静め、精神統一をして守護霊に思いをはせて指導を仰ぐことです。そうすれば必ずそれなりの回答が得られるでしょう。こちらもそれは望ましい事であり、あなたはその度に霊的な向上を得られることになります。

     

    あなたの悩みはこちらの悩み、あなたの喜びはこちらの喜びです。

    霊の声を伝える者

    2016.04.01 16:47|インスピレーション


    霊的真理を伝える者は社会の中で目立たぬ方がよい。この世の人間から注目されないほうが良い。目立つと余計なものが入ってきて霊界からの通信を阻害する。霊の声を伝える者はあまり人の目に触れないほうが良い。

    続きを読む >>