09 | 2016/10 | 11
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    隣接している世界

    2016.10.31 11:52|インスピレーション
    島の家 

    あなたのすぐ傍には不安や怖れや迷いとは無縁の幸せな世界があります。それは遠い所にあるのではなく隣接しているのです。あなたの心が成長し霊的感性が育ってくればその世界を感じ取ることが出来るようになります。そしてそこから愛と支援を受けられるようになります。そこの人達は常に協力を惜しみません。無償であなたに豊かなものを提供してくれるのです。それを受けられるか否かはあなたの心の成長次第です。

    続きを読む >>

    霊を感じる為の器官 

    2016.10.27 09:33|インスピレーション
    波の音を聞く

    霊的真理のわからぬ人間は霊を感じるための感覚器官を持っていないのです。聞く耳を持っていないのと同じですからいくら真理を説いて聞かせても徒労に終わります。そういう人たちは気の毒と思ってあげるべきなのです。自分は霊であるというその本態がわからないのですから可哀想なのです。真理は人の肉体ではなく霊の部分で理解します。従って人間を構成する霊の部分が発達してこないと受け入れることが出来ないのです。

    続きを読む >>

    死は肉体からの解放

    2016.10.23 15:38|インスピレーション
    洞門

    肉体が無くなれば殆どのこの世の苦しみから解放されます。時間に追われることはありません。人は肉体を介して地球に引き付けられているので否応なしに地球の時間に付き合わされます。肉体が無くなれば時間の束縛から解放されます。また肉体の要求からも解放されます。食欲や性欲、老い、病気や怪我などの心配や悩みとは縁が切れます。

     

    そうなった人を嘆き悲しむのは間違っています。霊的に無知であることを証明しています。それはその人に会えなくなった自分の身の上を嘆き悲しんでいるのです。

    続きを読む >>

    羅針盤

    2016.10.19 09:30|インスピレーション
    白浜で

    霊的真理を知ったからにはそれを羅針盤として生きればよいのです。難しい事は考える必要はありません。常にそれを物差しとしてすべての事に当てはめることが出来ます。この真理、法則が全てのものの背後にあるのです。



    続きを読む >>

    洞察力を働かせるには

    2016.10.15 09:41|インスピレーション
    顔

    洞察力を正しく働かせる為には自分の我を静めることが肝要である。肉体を通して物事を見ると判断を誤ることになる。人間はどうしてもそうなり易い。ここで言う自分の我とは肉体のエネルギーから派生する思考の事である。それらは動物的本能から来る自己保存願望を含んでいるので偏った見方になり易い。

     

    物事を正しく見る為には長い訓練が必要であり短期間で身に付くものではない。一生かけてのものであろう。

    続きを読む >>

    洞察力を深めること

    2016.10.12 07:17|インスピレーション
    足

    諸々の人生の出来事を自分がどう受け止めるかという事が人生体験の核心である。実に様々な事が個人の身の上にも世界にも起きるがそれらは受け止め方次第で如何様にもなる。

     

    ある者にとっては重大な事に思えるがある者にとっては取るに足りない事に思える。魂が成長するに連れてものには動じなくなる。鍛えられるというのはそういう意味であり、物事を見通す目、つまり洞察力が深まるのである。それを身に付けることが地上人生の大きなテーマである。

    将来は今やっていることの結果

    2016.10.08 11:11|インスピレーション


    これまでに正しく生きてきた者は将来の事を案じる必要はない。何故なら将来は現在していることの結果であるから。あなたは人としての道を外すことなく生きて来たであろうか? 先の事を心配するのはまだ自分に自信が持てないからである。

     

    人は一人で生きているのではなく守護霊と共に人生を歩んでいる。自分の中には守護霊の思想が折り込まれている。我の強く出ない人間ほど守護霊の思いを反映しやすい。我の強い人間はまだ未熟で真理に疎いということ。真理を知る程、自分の我は制御され出て来なくなる。


    続きを読む >>

    心を清くして

    2016.10.04 10:18|インスピレーション
    グラウス景色

    日頃の出来事の中で霊的に意味のあるものとそうでないものを選別していくことが大切です。霊的に意味のあるものが将来につながり霊界に持っていくものです。そうでないものは消えていきます。心を清くして物事を見ることによってそれらは自動的に振り分けられます。無意識のうちに選別が行われます。霊的に意味のあるものを大切にしましょう。