05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    援助の力

    2017.06.30 06:34|インスピレーション
    tatukusi.jpg

    あなた方の周囲には強大な力を持った霊の勢力(地球人類救済のための霊団を意味する)が控えています。そこから援助を引き出せるかどうかはあなた方次第です。内部に潜在している霊的資質がある程度まで開けていないと援助の力を受け取ることが出来ないのです。自分で努力してそのレベルまで到達してくれないと、こちらからは手を貸してあげられないのです。

     

    例え話

    霊界側は水の中に入って行けない。地上の人間が水面まで浮上してくれないと救いの手を差し伸べることが出来ない。ところが大半の人間は未だ水中に潜ったまま。霊的に居眠りをしている状態なのである。


    死を恐れるなかれ

    2017.06.26 13:44|インスピレーション
    田浦夕焼け

    地上の人間は霊という自分の本体が強力に肉体と結合されている為に肉体の活動範囲内に思考と行動が拘束されている。嫌なものも見なければならないし、自分の気の進まぬ事もしなければならない。この世の人間は肉体を通じて地上世界に縛り付けられているのである。

    死と呼ばれているものはその拘束状態から解放されることであり、晴れて自由な世界に飛び立とうとしている姿なのである。それをこの世の人達は嘆き悲しみ恐れるが、それはどうにも理解し難いことである。

    それは霊という自分の本体を理解することが出来ずに肉体の目で見ていることの証明であろう。少なくとも霊の存在を理解できるならば、いたずらに死を嘆き悲しむことにはならないであろう。
    いたずらに死を恐れるなかれ。それは自分が霊的に無知である事の証明なのである。

    背後霊の導き

    2017.06.22 06:35|インスピレーション
     IMG_0011.jpg

    背後霊の導きを感じられるようになったら素直にその導きに付いて行けば良く、余計な事を考える必要はない。例え目先に障壁が現れたとしても気にする必要はない。

     

    後で振り返ればそれらはきれいに取り除かれていることがわかるであろう。

     

    視野の狭い地上の人間には一つの局面しか見えていないから些細な事で狼狽してしまうのである。

    続きを読む >>

    母より

    2017.06.18 06:43|親族、友人の霊界便り
    竜串 4

    ヒロシか?(朝の瞑想の時、こちらの呼びかけに答えて)。

    お前も元気にやっているようだね。体を大切に。今は仕事をしていないのだから安気に暮らせよ。こちらは何の心配もないから。私はとても楽しく暮らしているよ。お前も最近は昔のように癇癪を起すこともなくなったようだね。怒るのは体に悪いよ。私はよく歌を歌ったり琴を弾いたりして楽しんでいるよ。

     

    母は終始笑顔で。

    Sのおじさんとはよく会うよ。相変わらず楽しい人でよく冗談を言って笑わせているよ。こちらは本当に心配事のない世界。来てみたらわかるよ。そちらの人は死んだらそういうところに来られるのだからそれを楽しみにしていたらいいんだよ。大切な事は何でもいいから人や世の中の為になる事をする事だ。それと感謝の心を忘れない事。

     

    こちらは時間の事を気にしなくていいのが本当に楽。そっちの人は皆、時間に縛られているからね。こちらでは何かしたいと思えばいつでも出来るから。

     

    私はあれ以上そっちで生きなくて良かった。もうあれで十分。そっちの生活はしんどい。こちらに来られて嬉しい。こちらは何でもしたい事が自由に出来る世界。神に感謝しているよ。

     

    私に会いたければいつでも会えるからその時は呼んでおくれ。心の中で普通に話しかけたら電話のように通じているから。


    (昨年11月15日)

    猜疑心

    2017.06.14 08:56|インスピレーション

    顔 

    人間が猜疑心が湧いてくるのは真実が見通せないからです。目が塞がれているから実態が見えないのです。そこで余計な詮索をしてあれこれと余計な事を考えてしまう事になります。

     

    それは大きな労力の損失であり心が曇ってしまいます。神の法則が全てを支配していることを知れば余計な事は考えなくなります。この信仰心を持つことによって猜疑心は消えていきます。法則の範囲外の事は決して起きないからです。


    心のゴミ

    2017.06.10 08:52|インスピレーション
    白山洞門

    人はこの世で様々なものを体験しますが肉体を通して体験する為にその全容を把握することが出来ません。視野が限られている為に一部しか見えないのです。それらを持ち続けてもそれは間違っている事かもしれません。

     

    そういうものにこだわり続ける事は実際には意味がなく、心のゴミを増やす事になるのです。人は心のゴミを洗い流す作業が必要であり、いつまでも持ち続ける事は人生の自分の荷物を増やし歩みを妨げることになるのです。

    続きを読む >>

    汚れに染まらないこと

    2017.06.06 08:29|インスピレーション
     竜串 2 

    真理の道を目指す者は世の汚れに染まってはなりません。自然にそうなっていくはずです。


    この世の汚れは霊的交流を阻害し物的波動にしてしまいます。真理普及に携わる者は心を霊的波動にしておかねばなりません。

    物的波動のなかに入ると不快感を覚えるようになるのが普通です。


    人間の欠点

    2017.06.02 10:41|インスピレーション
    ジョン万次郎

    完全無欠な人間はどこにもいません。地上界はおろか霊界にもいません。


    完全無欠な存在は神だけです。

     

    一人一人の人間はそれぞれの欠点を抱えてこの世に来ています。

    人は自分の欠点に気付いて修正するように努力することに意味があります。

    それは容易ではないから努力を要するのです。


    人間の欠点は深い所から来ていて、その個霊の個性、あるいはそこから由来する癖というものがあるのです。