07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    霊的無知は悲しい

    2017.08.29 10:53|インスピレーション
    一輪のひまわり

    意識の焦点を少しずらせばそこには霊界がある。そこはこの世の喧騒とは無縁の世界である。それは遠い所にあるのではなくすぐ傍にある。あなたは寝ている時にはそこに行っているのに目が覚めて肉体に戻るとその事はすっかり忘れている。

     

    人はこの世の勤めが終わると晴れてその世界に行くことが出来る。この世の重荷から解放されて自由になれるのである。それは神の定めたルールであり、計らいであるのにこの世の人はその事を嘆き悲しみ、恐れている。この世の人の霊的無知は悲しい。



    人は過去に生きることは出来ない 

    2017.08.25 06:48|インスピレーション
    P1020810_convert_20120830134903.jpg 

    過去は終わった事、すでに通り過ぎた自分の姿、世界である。そういうものにこだわる事は霊的に意味のないことである。霊的実在、霊界を知った者にとっては今とこれから赴く世界のほうがはるかに重要で意味のあることである。

     

    過去は自分の発展途上の姿であり、一時の姿であった。人は過去に生きることは出来ないのである。

    何故霊界の声を聞かなければならないか

    2017.08.21 09:06|インスピレーション
    伊勢外宮外から

    それは地上の人間はしばしば判断を間違えるからです。心を鎮めて日頃の自分を離れたら霊界の声を聞けるようになります。自分の判断の中に無意識のうちにそれが現れるようになるのです。

    ヒーリングをしている人に対して
    ヒーリングの時には自分を信じなさい。そうしないと通路にはなれません。

    続きを読む >>

    雑事、雑念はこの世限りのもの

    2017.08.17 08:53|インスピレーション

    遠望 

    誰でもが雑事や雑念を持つがそれはこの世で生活している限り切る事は不可能に近い。しかしその中で次の世に持ち越すものがあるか良く考えてみればよい。殆どが物質的なものから来ているはずである。衣食住、金銭、その他諸々のものは次の世に行けば消える。

     

    人間関係もこの世限りのものが殆どであろう。愛に結ばれた者以外の関係はこの世を離れると時間の経過と共に消える。故にそれらのものに悩まされるのは一時的なものであり、あなたに大きな影響を及ぼすものではない。

    前進と後退

    2017.08.13 06:25|真理を求めて
    くれ

    人間は常に前進と後退を繰り返す。わかったと思っていたら再びわからない状態に戻ってしまう。しつこいくらいこれを繰り返す。この状態は人間がこの世では霊と肉体という二重構造になっている事に起因する。霊としての自分はわかっているのに肉体としての自分がすぐに引き摺り下ろそうとする。一日のうちにも行ったり来たりしている。

    やがては肉体を捨てて霊だけになってしまえばこのややこしい構図から解放されてすっきりする時が来るであろう。この世で人生を過ごすには肉体という乗り物が必要だが、それは様々な悩みを引き起こす。誰にも思い当たることがあるはずである。

    霊としての自分が本来の姿なのであるが人々はそれを知らず、また知ろうとせず、無知のままこの世の人生を過ごしている。そして肉体の重荷から解放された人をいたずらに嘆き悲しんでいる。

    続きを読む >>

    後になれば全容が見える

    2017.08.09 16:51|インスピレーション
     ひまわり2

    今、あなたの体験している出来事は霊的視野から見れば大したことではないのです。昔の事を振り返って見れば一つ一つが思い出のアルバムの中にきちんと納まっていることがわかるはずです。

     

    当時はさも大変な事のように感じられた事も今となっては一つの思い出になっているでしょう。

    後になったら分かるというのは後になって見れば全体を眺められるからであり、その時は全体の一部しか見えないから、さも一大事のように感じてしまうのです。



    真相の世界

    2017.08.05 06:45|インスピレーション
    ひまわり3



    何事も深く観察してみれば必ず表面の出来事の裏には真相があることがわかるでしょう。真相の世界は人間の五感では感知することが出来ません。その真相が見えないから人々は振り回され我を失うのです。

     

    この世にいるうちに少しでも真相を感じ取れるようになることが望ましいのです。何故ならあなたが次に赴く世界は真相の世界、すなわち霊界だからです。

    自分に必要なものだけを

    2017.08.01 06:45|インスピレーション
    チョコと松かさ

    自分に直接係わりのない世界の事に心を奪われないようにしましょう。今の時代、あまりにも情報が多すぎてそれが人々の心を乱れさせ蝕んでいます。自分に必要なものだけを取り入れたら良いのです。本当に必要なものはそう多くはないはずです。