08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

     本当の安らぎ

    2017.09.30 09:25|親族、友人の霊界便り
    朝焼け2 

    父より   9月27日

    いつもそちらのことは気に留めているよ。そちらは油断のならない世界、何が起きるかわからないので気の休まる時がない。特にニュースなどを見過ぎるとそうなり易い。

     

    しかし一つ一つにあまり気を取られないようにすることだ。それらの殆どは気が付けば通り過ぎて行っているだろう。人間はいくつもの事に集中することは出来ないようになっている。本当に集中できるものは一つしかない。

     

    また地上では何をしても思うように事が運ばないのが特徴だ。何かを成し遂げるには霊界の何倍もの努力を要する。地上世界はそういう場所なのだから。

     

    そちらの世界では本当の安らぎを味わう事は出来ない。本来そういう所なのだから。真にくつろげるのはこちらに来てからになる。

    続きを読む >>

    小我を殺す

    2017.09.26 10:04|インスピレーション
    月読みの宮

    日頃の自分(小我)を一時的に殺せば霊の声を聞くことが出来る。原理は極めて単純であるが大多数の人にとってそれは大変難しいことである。

     

    本当の自分は大我として常に存在しているが人々は気が付かない。自分を知らない。

    小我としての小さな自分しか意識していない。

    続きを読む >>

    瞑想は故郷に帰ること

    2017.09.22 10:07|インスピレーション
    あずき島神社大祭

    地上生活においてはマイナスの感情に捉われやすく、人々は不安や怖れを抱きがちである。それは自分の生活の場は地上だけと思っているからである。確かに地上は不安定で心休まる生活の場にはなり難い。

     

    実際には人間は霊界を故郷とする者であり、一時的に今の肉体に宿って地上にトレーニングに来ているのである。あなたは常に故郷から守られ導かれていることを忘れてはならない。

     

    地上の人間が如何に移ろい易くとも霊界からの愛は不変である。日に一度はその事を実感する為に瞑想と祈りは欠かせない。瞑想は自分の故郷に帰ることなのである。


    肉体の束縛

    2017.09.18 08:59|インスピレーション
    あずき島 神社大祭2
                 あずき島神社大祭


    自分の大きな本来の意識が肉体という小さな限局された所に閉じ込められているのがこの世の人間の姿であり肉体によって制限を受けているのである。霊的に目覚めてくるとその事を如実に感じるようになるであろう。それは霊的に居眠りしている時にはわからない。


    続きを読む >>

    大我に導かれて

    2017.09.14 08:25|インスピレーション
    高台から

    物事を五感を通して見ると全体を把握する事は出来ない。物事の一部しか見えないから間違いを起こしやすい。これはこの世の人間の致命的な欠陥である。為に人々は自分が作った世界(事実でない)に閉じこもり勝手に悩んだり喜んだりしている。

     

    大切な事は小我の声に従うのではなく大我の声に従う事。大我は間違えることはない。小我に従うと迷いの道に入る



    続きを読む >>

    朝鮮半島危機

    2017.09.10 09:10|インスピレーション
    竜串2

    思念の世界においてはすでに戦争が行われている。それがやがては物質界において具現化する事になる。しかしながら物質界には様々な制約がある為に思念のレベルで起きたことがそのまま起きるとは限らない。一旦物質界にそれが起きてしまうと重大な事になる。

    続きを読む >>

    朝鮮半島の問題  

    2017.09.07 09:55|インスピレーション
    国際ホテル

    地上の問題は地上の人間が解決しなければならない。現在の状況は地上の人間が作ったものである。自分が作った問題は自分の力で解決可能である。霊界側がそれを片付けてあげる訳にはいかないが、それを解決しようと働く人間の背後では霊界の力が働く。

    続きを読む >>

    ある朝の出来事

    2017.09.02 09:16|日々の暮らしの中で
    遠望2

    四月11日朝の瞑想で次のような出来事があった。最初から順番に私の祖母、祖父、そして叔父、母、叔母、それから繋がりは薄いが知り合いであり何年か前に他界した人(普段彼の事は意識した事もなく何故現れたのかわからない)、そして最後に父が現れた。

     

    そのビジョンは他界した人たちの人達のオンパレードの様相を呈していた。最初は小さな画像で現れ、次第にその姿が大きくなって行った。一人に要する時間はほんの数秒であったが、入れ替わり立ち代わり現れるのは初めての事であり、思わず見とれてしまったがメッセージなどはなく顔見世という感じがした。霊界で何かの集まりがあったのかもしれないが、それ以後はこのような事は起きていない。今から四か月以上前の出来事である。