08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    ある朝の出来事

    2017.09.02 09:16|日々の暮らしの中で
    遠望2

    四月11日朝の瞑想で次のような出来事があった。最初から順番に私の祖母、祖父、そして叔父、母、叔母、それから繋がりは薄いが知り合いであり何年か前に他界した人(普段彼の事は意識した事もなく何故現れたのかわからない)、そして最後に父が現れた。

     

    そのビジョンは他界した人たちの人達のオンパレードの様相を呈していた。最初は小さな画像で現れ、次第にその姿が大きくなって行った。一人に要する時間はほんの数秒であったが、入れ替わり立ち代わり現れるのは初めての事であり、思わず見とれてしまったがメッセージなどはなく顔見世という感じがした。霊界で何かの集まりがあったのかもしれないが、それ以後はこのような事は起きていない。今から四か月以上前の出来事である。