FC2ブログ
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    自分を生かす道 Ⅱ

    2018.10.29 09:50|インスピレーション
    小豆島富士 

    先の事は一切案ずる必要はない。世の暗いニュースを見聞きして自分が背負い込む必要はない。最終的に全ては神によって裁かれる。故に自分の出来る範囲の事に精進しておれば良い。それが自分を生かす道。



    感情のコントロール 

    2018.10.25 07:11|インスピレーション

    西穂全景 

    感情は地上人生を豊かにし又、不快なものにもする。感情を如何にコントロールしていくかは人生の課題である。感情の暴走は人生を破壊的なものにしてしまう事がある。

    自分の感情はエゴと紙一重であり、好き嫌いの根源もよく見れば同一のものなのである。


    真理は単純明快

    2018.10.21 09:18|インスピレーション
    亀岩 

    人間は長く生きる程、思考回路が屈折して複雑になってくる。単純明快でなくなる。そうなると真実を見られなくなる。何事も自分の思考パターンの中に入れてしまう癖が付き次第に真実から外れてくる。真理は常に単純明快なもの。素直な者には理解しやすく曲がった者には理解し難い。

    続きを読む >>

    心のフィルター

    2018.10.17 16:09|インスピレーション
    西穂高独標


    物事を悲観的に捉える癖のある者は未だ真実を見る目が無いからである。自分の心の目に暗いフィルターをかけているからそれを通すと色々なものが暗く見えることになる。




    回線は元々繋がっている

    2018.10.14 07:20|インスピレーション
    サンバレー3

    瞑想の時に地上の雑念を振り払おうと意識する必要はない。地上界も霊界とつながっている。元々回線は繋がっているから特別なものと意識すると却って逆効果となる。それが力みに繋がる。力みは回線を閉じることになるので自分の自然な姿で良い。

          

    雑念を意識して振り払おうとするよりも高い所に照準を合わせようとするほうが良い。高いレベルの意識になれば雑念は自然に消える。


    人間関係の悩み

    2018.10.10 10:39|インスピレーション




    この世の悩みはその殆どが人間関係から来る。相手が何を考えているかわからないから様々な詮索をして疑心暗鬼になりがちである。その疑いの気持ちが心身を蝕む。

     

    この世の人間には相手の心が読めないが人間の思念は肉体の殻を破って表面に浮かんできているものである。洞察力が十分に身についてくれば相手の心が読めるようになる。

    顕在意識と潜在意識 

    2018.10.06 09:31|インスピレーション
    神戸の夜景


    この世の生活においては自分の心を同じ状態に保つのが大変難しい。絶えず様々な刺激が外から入って来るので揺さぶられるからである。それらの大半は大した問題ではないのだが、その時はそれらがさも重大な問題のように感じてしまうものである。

     

    人間は先ず顕在意識で地上の出来事を確認するが顕在意識の容量が小さいためにその時はその出来事に占領されてしまうのである。しばらく時間を置けばそれらが潜在意識の領域に移動する。するとその問題の本質がわかり、実は大したことではなかったと納得するのである。

     

    人の顕在意識は物事の物的側面しか理解する事が出来ない。少し間を置けば潜在意識(霊的意識)が働いて問題を処理することが出来る。何でも慌てて処理すると失敗する。少し間を置けば間違えないのはそういうメカニズムが働いているからである。潜在意識の発動を待つことが大切である。




    続きを読む >>

    自分のしていることがわからない

    2018.10.02 14:32|インスピレーション
    異人館の時計

    地上で生きる人間の小さな視野からでは自分の全体像さえわからない。自分のしていることがわからない。断片的に一つ一つの現象や体験しか実感出来ないだろう。それらを総合的に捉え全体像を把握するのは後の事となる。つまり霊的自我が芽生えてくる死後の事になるだろう。殆どの者はそういうことになる。