FC2ブログ
    02 | 2019/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    雑念が湧いてくるのが普通の人間

    2019.03.31 09:43|インスピレーション
    変種

    雑念が湧いてくるのが人間の普通の状態であり、この世はそういう場所なのである。この世には色々なものが浮遊しており、それらは海上を漂うゴミのようなものである。それらは行き先も定まることなく、体に纏わりついてくる。付いては離れることを繰り返す。


    続きを読む >>

    目を閉じれば

    2019.03.27 09:43|真理を求めて

    蜜柑 


    目を閉じればそこはこの世の喧騒とは無縁の霊的世界が広がり、その心地良さは言葉で表現しようがない。それを人間の五感で表現するのはそもそも無理なのである。だから霊的世界をこの世の言葉で表現するのは難しくその何分の一くらいしか表現出来ない。

     

    五感はこの世だけに通じるものであり、一旦この世を離れると力を失う。霊的世界を垣間見てこの地上世界に戻ると途端に不安、動乱の様が伝わって来る。このギャップは大きい。この世は物質の波動によって満たされ、常にざわついていて本当に心休まる場所はない。

    続きを読む >>

    障害物との戦い

    2019.03.22 09:34|インスピレーション
    絡まれて

    この世では何かをしようとすると必ず雑多なものが纏わりついてくる。時間の制約、肉体的条件、世間の目、金銭的な問題等々、この世特有なものが障害物として立ち塞がってくる。人間はそれらを一つ一つ処理しながら進むことになる。正にこの世は障害物との戦いなのである。

    続きを読む >>

    出発点によって行先が決まる

    2019.03.18 09:19|インスピレーション
    IMG_7194.jpg

    霊界からの通信や指導が無いと頭から決めつけている者はそれが実際にあっても認識することが出来ない。一方、そういうものがあると思っている者は感知する事が出来る。すぐには出来なくても何時かは出来るようになる。出発点によって決定的な違いが生まれることになる。

     

    認めたくない者は自分で蓋をしているので如何ともし難い。自分も霊的存在であるのにそれを認めようとしないのだから。結局は自分の死後にそれを修正しなければならなくなる。


    続きを読む >>

    周波数を合わせる

    2019.03.14 09:35|インスピレーション
    横から観音様  

    誰もが霊的世界に通じる能力を持っているがこの世に生活している間は諸々の条件によって封印されている。だから本来特別な事をしなくても霊界に通じる。意志の疎通が出来る。周波数をそれに合わせれば良い。それも各個人の能力ということになるかもしれない。霊能力のある者はそれを生かして人や世の為に尽くすべき。何のけれん味もなく使えるようでなければならない。それが神の意志に沿う事である。



    続きを読む >>

    摂理への順応を邪魔しているもの

    2019.03.10 10:30|インスピレーション
    妙高方面


    日頃の余計な考えを追い出せば摂理の糸が分かるようになる。摂理への順応を邪魔しているものは人間の思考回路である。一般の人々は一日中無駄な事を考えて毎日を過ごしている。余計な考えとは煩悩から生まれる取り越し苦労である。

     

    一方で霊の世界は単純明快であり地上世界のように色々なものが絡みついてこない。ある意味シンプルな世界であり、宇宙の原理に沿って動いている世界である。地上は物質世界特有の要素が入り混じるややこしい世界と言えるだろう。なので人間は必然的に色々と余計な事を考えるようになる。ああでもない、こうでもないと取り越し苦労をするようになるのである。



    続きを読む >>

    不安のオーラ

    2019.03.06 17:42|インスピレーション
    大根 1

    大半の人は不安のオーラを身にまとって生活している。世の中と自分の相互作用によって不安が生まれ、先行きに希望を見出すことが出来ないでいる。不安が先に立つと自分が委縮してしまい人生を伸び伸びと生きられなくなってしまう。

     

    不安のオーラを身にまとうと霊的エネルギーを受け入れられなくなってしまうので一層不安が増すことになる。この悪循環が続くことになるのでなかなか抜け出すことが出来ない。これは自分自身が断ち切らねばならない。ゆったりと構えて一時時間の流れを止めて瞑想し、神を感じるように努力すれば良い。身の回りに充満する霊(守護霊、背後霊)の力を心身に受け入れる事だ。

    続きを読む >>

    ネットワークの一つの拠点

    2019.03.03 15:52|インスピレーション
    善光寺参道
                                   善光寺 参道

    誰か一人でも周囲に霊的に覚醒した者がいればその人間関係の輪の中の誰かが死んだ場合、死後の目覚めが早くなる。逆に霊的に無知な者ばかりの環境では目覚めが遅くなる。理由は霊界のネットワーク、繋がりが生きてくるからである。覚醒した人間は霊界のネットワークの一つの拠点となっている為にそこを通じて霊界から導きや援助がやり易くなるのである。




    続きを読む >>