FC2ブログ
    03 | 2019/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    真理に出会えた者は幸せ

    2019.04.28 09:33|インスピレーション

    霊的に目覚めた者は世間の無知の中にいる時は常にもどかしさと孤独感を感じるかもしれないが後では必ず喜びに浸れる時が来る。人知れず努力してきたことが報われる時が来る。


    葬儀の裏で

    今では慣れましたが私は葬儀に出席する度にジレンマを感じてきました。葬儀に出席するということは故人と何らかの繋がりがあることになります。旅立った人は自分がこれまでと変わらず元気でいることを知人や家族に知らせたいのですが誰も気づいてくれず、皆が悲しみの涙に暮れています。そこで多少霊感のある私に知らせてきます。私としては何とかしてそれを家族に伝えようと思うのですがそれは容易なことではありません。

     

    故人は大体がこれまで家族や友人が自分に対してしてくれた事を感謝しています。「これまでありがとう」彼らの思いはこのフレーズに凝縮されています。

    自分がしてきた仕事や事業の事も必ずしも後を継いで欲しいと思ってはいません。自分の出来る範囲でやってくれたら良いという人が多いです。喪主が最後に挨拶をする時に故人が横に立っている事もありますがもちろん誰も気付きません。

     

    それらの事をその場で悲しみの涙に暮れる家族に直接伝えたらどうなるでしょうか。家族はとても受け入れることが出来ないでしょう。しばらく時間をおいてさりげなく伝えるようにしますがそれも誰でもというわけではありません。親類など身近な関係以外の人に伝えるのは工夫が要ります。親類でさえ工夫が必要で故人が夢に出て来たことにしたりします。葬式の時に故人が横に立っていたなどという話が信用される事は考えにくいし気味悪がられるかもしれません。すでにあの人は最近頭がおかしくなったんじゃないのと思われていることでしょう。もうリタイアしているので今更どう思われようと構わないのですが。

     

    泣いている遺族や友人を横目に私は故人に対して今後の事は心配しないでそちらの生活を楽しんでくださいと思念を送る事にしています。皆が泣いているのにあいつはよく平気でいられるなと思われているかもしれませんがとにかく悲しくないのです。そのギャップは大きいです。とにかく死は試練の多いこの世の卒業式であり、霊的に見れば牢獄からの解放なのですがそれを理解できる人は極めて少数です。

     

    補足

    私が葬儀において故人の思念を感得するのは約半数くらいです。繋がりがなければ何かを伝えようとは思わないでしょう。それはこの世の人間関係と同じです。また半数位は意識が朦朧として何が起きているのかを理解できていないようです。お通夜の場では何も感じないことが多いですが本人は眠っているのではないでしょうか。葬儀に参加しなくても本人がメッセージを伝えてくることもありますが、すでに物質世界の束縛から自由になっていることの証明でしょう。

    神の配剤

    2019.04.24 08:54|インスピレーション
    吉田ダムの桜 3 

    各人が持って生まれた能力を世の為、人の為に生かす事。それは後天的に身に付けたものというより最初から備わっているものであり、そこに神の配剤がある。霊能力はその典型でありそれを使って人を助ける為にある。霊能力豊かな者は地上における霊力の吹き出し口となっている。霊界からは地上の足掛かりがないと働きかけることが出来ないので霊能者はその役割を担う。地上の人間が誰も気づかなくても注目されなくても一向に構わない。その方がむしろ良く、世の関心が集まると事業がやり辛くなる。


    不可解なこと

    2019.04.20 09:27|インスピレーション
    吉田ダムの桜 2

    人間はこの世の諸々の出来事ですぐに動揺してしまう。肉体に封じ込まれている為に物質世界特有の動きに翻弄されてしまう。一緒に流されてしまうのである。


    肉体を離れる死後はこの動きから解放されることになる。洗濯機のようにグルグル回されることはなくなる。死は大いなる解放であるのに人々はそれを極端に恐れているのは実に不可解な事である。


    続きを読む >>

    肉体の影響

    2019.04.16 08:57|インスピレーション
    農面道桜

    人の心は寒い時には委縮する。暖かい時には伸び伸びとなる。それだけを見ても人間は肉体に大きな影響を受けていることがわかるであろう。病気をした時や夜の闇に包まれた時も同様であり、前向きな気持ちにはなれないものである。この世にいる間は人間は肉体の調子によって振り回されていることがよくわかる。

     

    問題はその状態が一時的なものか永遠に続くものであるかを理解できるか否かである。人は肉体を捨ててもっと広い自由な世界へと羽ばたける存在であることを知るか知らないか、それは決定的に重要な事である。



    締め付け


    体調の問題

    2019.04.12 15:11|インスピレーション
    吉田ダムの桜 1

    人間は常に肉体の調子によって左右され、その影響は非常に大きい。肉体の調子がそのまま心に現れることになる。体調が良くない時には良い考えは浮かばないので急ぐことなく体調が回復してから考えると良い。



    桜と田浦半島  


    怖れの心

    2019.04.08 14:17|インスピレーション
    シイタケ 3 


    問題に直面した時は先ず怖れない事。怖れの心があると正常な判断力が働かない。怖れは相手の正体が分からない事から来るので相手をよく調べること。相手の実体がわかれば怖れの心は消える。そして冷静に対応していけば問題は解決できる。一気にすべてを解決しようとするのではなく一つ一つ解決して行けば良い。基本的に人間は自分の身の丈以上の問題を背負わされることはなく、その問題も身に相応したものなのである。

    常に冷静に

    2019.04.04 09:08|インスピレーション
     野の花

    何事も冷静に対応すれば失敗しない。背後の霊の力は冷静さの中に現れる。人間が感情に振り回されている時は背後霊は力を及ぼすことが出来ない。常に冷静であることが求められる理由はそこにある。