FC2ブログ
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事

    カテゴリ

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    検索フォーム

    カウンター

    晩秋の墓地で

    2019.11.25 06:00|体験集
    IMG_0041.jpg 

    今月中頃の事である。夕方いつもの様に犬を連れて海岸に行き、通り慣れた墓地の堤防の上を歩き我が家の墓をチェックした。というのは以前から家の墓の花筒の花を引き抜いたり線香立ての砂をばら撒いたりと嫌がらせをする者がいるので、時々は見に行かなくてはならないのである。

     

    その日はいたずらされている様子もなく家の墓の前を通り過ぎてまた歩き出した。その辺に来ると犬が決まって歩かなくなるので抱いて歩くことにしている。すると先月亡くなった近所の老人のイメージが目の前に現れたのであれっと思い幼馴染(ブログに何度も登場している)の墓に寄ってみる気になった。すると何とその人の墓は彼の墓の隣であった。卒塔婆がたくさん重なっていて49日の法要も終わっているようである。最近はこの田舎でも家族葬が増えて身内以外に葬儀の事を知らせない家庭が増えているので誰かが亡くなっても知らない事が多い。葬儀場の前を通っても名前が出ていないので誰の葬儀をしているのかわからない。

     

    さてその人(亡くなった人)のイメージやエネルギーはしっかりついて来ている。私はその人のどうしていいのかわからないという迷っている念を感じたのでこれは何とかしてあげなくてはと思ったのである。しかしその場においては幼馴染は現れなかった。現れたら彼女のことを何とかしてくれよと頼んでいただろう。最近彼は姿を見せなくなっている。

     

    翌朝の祈りと瞑想で何とかなるだろうと考え、その日は何時も通りに早めに寝た。翌朝、何時もの部屋で瞑想をしてみると案の定その人が現れたので私は霊的真理の要点を思念で伝えた。終わらないうちに私の母がその場に現れた。そうなると両者はお互いに顔見知りなので話は早い。二人が笑顔で談笑している様子が感じ取れたので私は傍観することにした。間もなく母は彼女(迷っている人)の手を引いて連れて行ったのである。それっきりその人は現れなくなった。

     

    後で近所から伝わってきた話を聞くとその人は90過ぎであり、前夜まで元気だったが翌朝になったら死んでいたとのこと、それは理想的な死に方かもしれないが霊的真理の知識が無い場合、自分に何が起こったのかわからないという事になりがちだろう。そこでどうしたらいいのかわからないので暫くは自分の家や墓にじっとしているということになるのではないだろうか。他にも一人暮らしで突然死した人が1年くらいは自分の家にいたようである。その人の家の前を通ると常に気配が感じられたものである。

     

    「死んだら私はどこの墓に入ればいいのでしょう?」と言う人がいるが人は死んだら墓に入るという観念が根付いているからであろう。また家族が毎日のように墓に通ってその前で泣いていたりすると故人はそこに引き付けられてしまう。世の中にはそういう例も多い。

     

    当人が最低限の死後の世界についての知識があれば死後の覚醒は早くなるだろう。また家族の中で一人でも霊的真理の知識を持った人間がいれば状況は全く違ったものになるだろう。


    続きを読む >>