06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    ミナミより

    2013.05.19 10:14|インスピレーション
     

    いつもありがとうございます。私達の世界から地上の家族に向かって通信したい人は一杯います。しかし家族は通信なんかあるわけないと思っていたり、忙しくしているから通じないのです。そこで誰か通路になってくれる人を探しているのですが、それも波長が合わないとダメで誰でもというわけにはいきません。心が通じ合う人でないと難しいのです。それはどの世界でも同じです。

     

    私達にも横のつながりがあって誰か通じそうな人がいることがわかると皆がお願いしに行くことになります。私達にとって家族が悲しんでいる姿を見るのは一番辛いのです。悲しむ必要ないんですよ。私達は地上にいた時より余程元気にしているのですから。





    追伸
    今日、私がミナミさんのお母様のコメントに返信しようと文章を書き始めたらミナミさんのイメージが目の前に浮かんできました。この時すでに彼女とコンタクトする準備が出来ているようです。そして私はすぐにミナミさんのメッセージを書き留め今日の記事(ミナミより)として載せました。

    お母様が昨夜、私の前日の記事(葬儀から49日)に対してコメントを書いたことはミナミさんはちゃんと把握していて彼女の気持ちが今日のメッセージとして表れたのでしょう。このように私たちの心の動きは全部霊界の親族に伝わっているのです。あちらの人達にとって自分のメッセージがこちらに伝わることはとても嬉しいようです。

    コメント

    No title

    大空さんこんにちは。
    先日は母の件でメールありがとうございました。

    母が亡くなってもうすぐ7ヶ月になるのですが、大空さんのブログを見ることで
    きっと今頃病気から解放されて向こうの世界でのんびり暮らしてるのかな..と
    思う反面、現実はまだまだ母の死を受け入れることができず無性に寂しくなったり
    悲しくなったりして毎日辛いです。

    まだまだいろいろ親孝行したかったのにもう何もしてあげられないことを思うと
    とても苦しい気持ちになり、もう少し同じ世界で一緒に過ごしたかったと思って
    しまいます。

    大空さんのように向こうの方と通信が出来たらかなり救われるのに..と思います。

    No title

    大空さん、ありがとうございます。

    真理を知り、理解することができることは、本当に幸せなことだと思います。
    みなみもあちらで元気に頑張っている様子…私も頑張りますね!
    これからもよろしくお願いします。

    No title

    ゆりさん
    ご心配なく。
    ゆりさんの今のもっと親孝行してあげたかったのにと思う気持ちはいずれ実行できる時が来ます。その気持ちがあれば必ずお母さまと再会して親孝行できる機会が与えられるでしょう。そのお気持ちとは愛です。愛がある限りお母様とはつながっていて切れることはありません。愛は宇宙で最強のエネルギーですから。お母様は今頃は病気から解放されて若くて健康な姿であちらで生活されているはずです。

    こんにちは。先日は、ありがとうございました。そして大空様のお身体の具合がすぐれない折りに困惑されるメールをお許しください。 私が悲しい理由を冷静にあの後考えました。それは、娘の姿を見れない、娘の未来を想像したり…と全て私のエゴだったのだと!!娘は解放され、前向きに琢磨してるのに…。またあまり悲しむことではなく、祝福までは勿論思えませんが、この世からの娘への思いを、今までと変わらぬ愛で包む、娘の声が聞けなくても、心の声を聞ける自分になりたいです。そのためには、やはり家族を愛し、夫に歩み寄り、娘があの世で心配しないように、安心させてあげなければ本当の愛は、送れないです。私達生きている人間が、目を覚まし、私自信が、本来の姿に戻ることなんだと…全てを許すことは、私には難題ですが、今これらを与えられることは、乗り越えられる…だからこそ、このタイミングで訪れたのだと痛感させられました。カルマというと、負のイメージがありますが、カルマによって、自分を向上できるのであれば、プラスにかえるエネルギーにもなるのですね。色々な気づきをありがとうございます。

    ミナミさんと共に

    mm mama さん
    ミナミさんはとても元気そうです。生き生きとした波動が伝わってきます。
    またミナミさんと一緒に自然のエネルギーを浴びに来てくださいね。

    No title

    静さん
    その人の姿が見えなくなったり声が聞こえなくなった自分の身の上を悲しんでいるという言葉があります。シルバーバーチの本にも出てきますね。
    その言葉の本当の意味が理解できるのは簡単ではないですよね。人生とは一つ一つ課題を乗り越えていくことなのでしょう。結局そのために私たちはこの世に来るのですから。

    でも楽しい事もあります。今は厳しいかもしれませんが、今後は少しずつ自分の楽しみにも目を向けて行かれたらと思います。きっと娘さんもそう望んでおられると思います。

    No title

    大空澄人様

     息子が 真実の世界に旅立って1年になります
    お寺でお経をあげて頂きながら 息子には意味が分かっているのか不思議な気持ちになりました  わたしは以前から お墓や仏壇の前に行くのは気が進みませんでした
    思い出すこと それが故人に喜んでもらえると勝手に思っているからです
     そして息子には 心の中で いい世の中になったら生まれ変わって来なさいねと語りかけていました でも 大空さんに真実の世界を教えていただきながら 今は 若い力を結集しいい世の中にするために準備を整え生まれ変わって来てほしいと思うようになりました

    今の私は 心に何重もの鍵がかかってしまっている様で あまり感情が無いような気がしています  いつの日か 息子と心が通じ合える日が来てほしいと願うばかりです

     これからも 真実の世界のこと教えて頂ければ嬉しく思います

    No title

    カモミールさん
    コメントありがとうございます。他界した息子さんが一番うれしいのはお母さんや家族の人の愛の心です。それを伝える一番の方法は自分が直接息子さんに語りかけてあげることです。口に出しても心の中で言ってもいいです。お経の意味がわかるわからないに関係なく、第三者にそれをしてもらってもあまり意味はありません。立場を変えてあなたが息子さんの立場だとして家族の代わりに第三者が宗教的行事をしているのを見て嬉しいでしょうか?

    ご存知のように他界した人は墓や仏壇の中にいるのではありません。息子さんは自由にどこにでも行けるのです。今晩寝る前に呼びかけてみてください。それは必ず届きます。愛の気持ちを伝えてあげてください。今は苦しいかもしれませんが必ずそれを乗り越えられる時がきます。このブログにコメントを頂いているほとんどの人達はカモミールさんと同じような境遇の人です。皆さん離別の苦難を少しずつ乗り越えて行かれているようです。ある時は光明を見て、またある時は引き戻されながら何年かすると自分が前進していることに気づくことでしょう。
    今後もささやかながらこの場で真実の世界を表現していきたいと思っています。

    大空さん、こんにちは。

    あちらの世界からみたら、この世のほうが、余程心配な世界なのかもしれませんね。

    でも、こちらからは、あちらの世界がみえないし、悲しくなったり、辛くなったりするのは、致し方ないことかもしれないですね。

    ふと、仏教でいう『無明』という言葉が頭に浮かびました。見当はずれかもしれませんが…


    なかなか思うにまかせない肉体に手こずっています。

    肉体がないということだけでも、あの世は、軽やかな世界なのだろうな、と思います。

    No title

    ゆきこさん
    私たちの日常生活はほぼ肉体に支配されているといってもいいかと思います。朝起きて食事の用意をして食べて、昼が来れば昼ごはんを食べて、夕食を作って食べて後かたずけをしてテレビを見て寝る。また朝が来て同じことを繰り返す。

    どこかの調子が悪くなって医者に診てもらう。それも肉体のことです。よく考えてみると肉体を養うことがいかに大変かということです。そのためには働いてお金を儲けなくてはいけません。結局肉体の維持のために大半のエネルギーが使われているということですよね。
    そういうことをしなくていい霊界の人がうらやましいと感じることがあります。
    本当に人は肉体ではなく霊であるといっても実感しにくいと思います。

    苦しみや悲しみを体験して初めて人は目覚めて自分が本当は肉体以外の存在であるとわかるのでしょう。ずっと後になってあの時の苦難があったから自分はこれだけ成長できたと思える日がくるでしょう。全ては神の法則の範囲内ですから神に身を任せましょう。

    非公開コメント