07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    絵日記

    2013.06.29 16:16|日々の暮らしの中で
     

    私が小学校の2.3年生のころの絵日記を引き出してみました。ピンコという可愛がっていた猫が
    死んでしまった悲しみを書き記しています。あちらの世界に行ってしまった猫を連想しているところが 描かれています。 子供心にあちらの様子をイメージしていたのでしょうね。

    私は子供のころから常に犬や猫に囲まれて 育ってきたので動物が好きです。でも必ず別れは来ますが特別に愛情をかけていた動物は飼い主 が他界するまであちらで待っていてくれるそうです。そして飼い主が来たら誰よりも真っ先に飛びついて迎えてくれるのだそうです。ほかの人達が寄り付けないほどに。

    その後は飼い主と共に幸せに霊界で暮らしますが人間の成長のスピードは動物に比べて早いので
    ついていけなくなりやがては別れるのだそうです。その後は彼らはそれぞれの類魂のなかに戻って行くらしいです。
    動物は人間に愛情をかけてもらうことによって進化していくので人間には責任があるのです。
    やはり愛こそが宇宙最強のエネルギーなのでしょう。


    この日記は順序が逆になっていて下のものが最初にきます。


    P1030694.jpg








     

    コメント

    こんにちは

    大空さん、こんにちは。
    小学生の日記を保存されているんですね。
    ビンコちゃんのお墓に、危ないことも忘れて自転車で飛ばした・・って、
    子どものころの大空さんの、純粋な行動が愛しいです。

    動物の進化が、人間からどれだけ愛されたか・・が大切と、
    なにかで読んだことがあります。
    大空さんがおっしゃるように、私たちには責任がありますね。
    そうなんですねー。動物の転生は早いと言いますが、
    特別愛情をかけたペットは、飼い主が逝くまで待ってるんですね。
    なんて、健気な・・。

    わが家は、こじろうは4代目です。
    チビゴンと言うわんこは、トモヤが産まれた年に天に逝きました。
    何匹のペットと逢えるかな~^^

    大空さん、お子さんのとこで楽しんできてくださいね。
    海外からも、発信お待ちしています^^
    お気をつけて、いってらっしゃいませi-265

    No title

    ねこうさぎさん
    何年か前に夢で父と当時可愛がっていたコリー犬が一緒にいる場面を見ました。
    コニーという名前の犬で父がよく散歩に連れて行っていたのです。夢の中でコニーは畑のようなところで嬉しそうに走り回っていたのです。傍で父は農作業のようなことをしていました。父が他界して4年後にコニーも他界したのでそのケースは父が後から来たコニーを迎え入れてあちらで可愛がっていたのだろうと思います。

    愛というものはどんなことがあっても切れることはないのだなと思います。人間同士、人と動物も同じですね。今これを書いているとすぐそばに父の存在を感じはじめました。ここに来てくれています。その人を回想しはじめると思念が出て霊界の人に届くようです。そういう時は言葉を交わさなくても深い所で触れ合っているのだと思います。とても暖かいものを感じるものです。

    No title

    いつも読ませていただいています。気持ちが救われる思いで、拝読しています。ピンコちゃんと、ワンちゃんの記事、胸にしみます。
    細々と、長年、動物保護のボランティアを続けてきました。自分が引き取った子たちや、世話をした子たちが闘病ののち、あるいはお寿命で亡くなっていったとき、これで終わりと信じたくなく、いろいろ調べて、やがて大空様のブログを知りました。
    動物たちを「保護」や世話をして、彼らから学んだことは、計り知れないほど大きく、また、別れが身を切られるくらいつらいものです。
    しかしながら、次の世で待っていてくれると思いますと、気持ちも救われます。動物たちは誰より純粋で人を思いやります。救えなかった子たちを思い泣けます。彼らに侘びながら、この世で不幸だった子達が、あちらの世界で幸せに過ごしていてほしい、と願うばかりです。
    大空様、貴重な記事をありがとうございます。

    No title

    希望さん
    コメントをありがとうございます。動物たちは本当に純粋で穢れというものがありません。その動物をみれば飼い主の心がわかるといわれるように彼らは忠実にこちらの人間性を反映します。人間は地球上の他の生き物に対して責任があると思います。それを任されているのでしょう。

    人間の心が進化していけば将来ライオンとうさぎが同じ場所で平和に生活するようになるという話があります。シルバーバーチの本に書いてありましたが本当にそう思います。今の人間社会の不調和や動物虐待などは人間がまだ未熟だから起きているのでしょう。将来全ての生き物が一つの調和のもとで生活できるようになってほしいものです。遠い将来はそうう環境になっていくことでしょう。
    非公開コメント