04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    動物の進化

    2013.07.03 14:52|真理を求めて
     
        あっ、ネコがいたぞ!  思わずチョコの目が輝く。


    P1030690.jpg 
       
    しかしネコは悠然として慌てる様子はない。(この犬は何回か見たことがあるし、つながれているから少しも怖くないよ。それに強そうじゃないしな)と言いたげ。

    人間に最も飼われている動物はやはり犬と猫でしょう。最近は一段とペットを飼う人が増えているようです。動物はやはり野生でいるより人間に飼われて一緒に生活して愛情を受けて育つと霊的に進化するようです。

    シルバーバーチの本によると現在最も霊的にレベルの高い動物は犬だそうです。その次が猿、その次が猫だそうで猫の追い上げが急らしいです。猿は昔は最もレベルが高かったようですが人から離れて野生の生活を続けてきた結果、犬に抜かれて二位に転落したそうです。また怠け者であることも原因しているようです。ネコに追い上げられているとは面白いですね。

    犬も猫も人間のそばで生活し、家族同然に可愛がられているのでどんどん霊的に成長しているとのことです。猿も人と生活するようになれば霊的成長が進むのでしょうが性格的にもちょっと犬や猫とは違うようです。

    いずれにせよ動物は将来的には自分の種族の類魂に帰還していくそうですが、その中から人間としてこの世に誕生してくるものが現われるとのことです。また人間であったものが動物として転生してくることはあり得ないとのことです。逆はないのです。この辺が仏教の六道の輪廻の思想とは違います。

    例えば家で飼っている犬や猫に愛情を注ぐことはその類魂全体の進化にプラスになるので神の造りたもうた宇宙生命の進化、成長に貢献することになるのです。



    コメント

    No title

    娘を亡くして5年経ったとき・・
    主人がセラピー犬としての役目を過大に期待して1匹の犬をかってくれました。
    その犬はまるでわたしの精神状態がわかるかのように
    気持ちが下がってる時はただ私の横にじっと横たわる。
    私が少し元気があると、抱っこをせがみ私の腕の中で何時間も眠る。
    私の精神状態を眺めて対応をしているような犬です。

    お盆前の事でした。
    この子は鳴けないのかと思うほど鳴かない犬が、
    お仏壇の方を見て吠え続けました。
    息子が、ポツリと、まいちゃん帰って来たんだね・・と言いました。
    写真を写すと大きなオーブが写りました。
    (オ-ブにおいてはいろんな説があって、ただの埃だと科学的にも証明されてるようですが、
    私はオ-ブにおいては大きな確信を持っています。)

    さして犬好きだったわけでもない私たち夫婦ですが、犬に大きな癒しをもらっています。
    セラピー犬の役割は立派に果たしてくれています。
    今はもう1匹の犬が家族に加わり家族を優しい気持ちにさせてくれています。

    よく、ちゃんと生きないと今度は動物にしか生まれかわれないとか聞きますが
    そうではないのですね。
    大切に愛情を注いで育てて一緒に生きてくことで、犬も来世は人間に・・ということもあるんですね。
    でも、犬として生まれたほうが幸せかも・・と思う私です。

    No title

    まいこママさん
    犬の霊性の高さを物語る出来事ですね。犬は本当にこちらの心境や体調をよく理解していますね。それは人の想像以上だと思います。

    そして犬は霊的な現象も人間よりはるかに鋭く感知しています。本当に犬に感謝しないといけないですね。

    ちゃんと生きないと来世は動物に生まれ変わるという話は事実ではないと思います。動物が進化して人間に生まれ変わることはあってもその逆は天地自然の法則に逆らうことなのであり得ないと思います。

    犬は本当に可愛いです。

    こんにちは。 チョコさん 久しぶりでした。 ねこにビックリ!!だったのですか…。 面長になった おかおに 笑えます…。 ごめんね!!チョコさん 犬 確かに 霊的に感じます…。 娘の亡骸には、興味なく、天井を見てました。 まだ間もない頃 自分のからだを、私にピタリとくっつけ 寄り添うと言うより、「ママを離さない」 って 胸に乗ったり!! とにかく 離れませんでした。 今も横で寝ています。 犬に生まれ変わりたい なんて 思ったことも(笑) それは、ないのですね…。 犬は、こちらの気持ちがわかりますね!! その辺の オレンジの尾びれがついた人より、空気が読めますね…。(笑)ガハハ…。

    No title

    静さん
    散歩はいつもこんな調子です。何しろ人間に常に守られているので怖いもの知らずのチョコやんです。ちょっと過保護気味かもしれません。

    前に蟹にちょっかいを出して挟まれて痛い目にあったことがありました。それ以後蟹に対しては慎重になりました。犬は本当に良き相棒です。

    前に義父が亡くなった時義父が可愛がっていたチワワがずっと傍から離れず顔をなめ続けていました。犬には豊かな感情がありますね。お互いに通じ合えるものを持っています。

    こんばんは

    大空さん、チヨコちゃんの驚きの表情がかわいいです!
    わんこの方が、霊性が高いんですか。
    私は猫かと思っていました。
    でも、ペットとして両方一緒に暮らしてみると、
    犬は猫よりもずっと人の気持ちに寄り添うんだなぁって感じましたので、
    そうなんだなって思います。

    息子が亡くなって一ヶ月くらいは、うちの猫は、息子の部屋にいました。
    毎日、じっとして、ときには天上に向かって泣いたり・・。
    そんな姿をみるだけで、息子がそこにいることを感じたものです。
    その愛猫も、半月前に亡くなり、寂しいわが家ですが、
    お正月にきてくれたワンコが、もうものすごい癒しになっています。

    愛情を注ぐことはその類魂全体の進化にプラスになる!
    大空さんのこのお言葉、とっても嬉しいです。
    捨てられてる猫を何匹も育てました。
    かわいがった・・と思っていましたが、
    私たちがかわいがってもらっていました^^

    素敵な記事、ありがとうございます^^

    No title

    ねこうさぎさん
    一つの種族の平均を見ると犬が一番ということですが個体差があるので猫のなかにも優れた霊性を備えたにゃん君がいるでしょう。同じ種族でもかなりのばらつきがあるでしょう。

    ネコは独立心が強くプライドも高いですね。逆に犬は人に従うので人生の伴侶という雰囲気があります。どこにでもついて来たがります(チョコは特別?)どちらも個性豊かですがそれで動物界のバランスが取れているのでしょうね。
    非公開コメント