08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    原因と結果の法則

    2013.07.04 15:15|人間は永遠に生きる
     

    私達が日常する行為や心に思う事、すべてに原因と結果の法則が絡んできます。文字通り良い事をすればよい結果を招き、悪い事をすれば悪い結果を招きます。

    これは実はこの世に生きている間だけでなく死後の世界も永遠に続きます。この原因と結果の法則は我々がした事を何一つ見逃してはくれないのです。

     

    その働きは電子計算機のように正確で絶対に間違う事はありません。人間の目はごまかせても神は絶対に見逃してはくれません。ある人の犯した過ちの清算が生きている内に来なかったとしたら、必ず死後清算しなくてはならなくなります。逆に善行を積めば必ずそのご褒美を授かります。この世にいる間になければ死後に授かります。このように人生の全てにわたって神の法則が支配していることを知るならば悪い事は出来るものではありません。悪い事をすれば必ず罰せられることが分かるからです。

     

    自分が今体験していることは何と理不尽なことだろうと思う事が誰でもあるはずです。世の中不公平じゃないかと文句を言いたくなるものです。しかし物事を長期で見れば完璧な公平が保たれているのです。私たちはごく短期的な視野からしか物事を見ることができません。現在苦しみの真っただ中にいるなら必ずいつか幸せに浸れる時が来ます。長期で見れば完璧にバランスが取れているのです。

     

    私は聖書はあまり読みませんが確か次のようなイエスの言葉があったと思います。

     

    「悲しむものたちは幸いです。その人たちは慰められるから」

     

    この言葉は法則の働きを表現したものではないかと思います。

     

    神は人間だけではなく宇宙の全てのものをこの原因と結果の法則で支配、統制しているのです。原因があればその結果が生まれ、それが新たな原因となって次の結果が生まれるという営みが永遠に続いていきます。法則の働きが神の働きなのです。私たちはどうあがいてもこの法則に逆らうことは出来ないのです。

    この原因と結果の法則を根底にして私たちの人生は展開していきます。家族や団体や国家にもこの法則が働きます。

     

    そしてそれは機械的かつ自動的に作動するので昔から「結局この世には神も仏もいないではないか」という嘆きが繰り返されてきたと思います。それは当たっていると思います。人間が考えるような神様や仏様は実際にはいないのです。実際にあるのはこの正確無比で、すべてに渡って公平が保たれた法則であり、ある時はそれを無慈悲に感じるかもしれません。しかしそれが無限の叡智によって考えられた宇宙発展のためのルールであり、人間の理解をはるかに超えたものです。神とは何かと表現するならばそのルール(法則)を創造した無限の叡智ということになるでしょう。


    追伸
    この原因と結果の法則をもって「人間は永遠に生きる」というテーマを終わりにしたいと思います。後で見れば色々重複した箇所もあり、満足出来るレベルのものに出来たかどうか全く自信がありません。

    大空

    コメント

    大空さん、おはようございます。


    以前、『生前、どんなに理不尽と思われる人生であっても、「神に不当な扱われた」と訴える者はいない』と読んだことがあります。

    あの世に行って、「ああ、そうだったのか」とわかることがあるのでしょうが、それでもわからないこともあるのかな、と思います。

    安易に、答えはでない、そのレベルではわからないこともあるのかな、と・・・。

    だから、旅は続いていくのだろうと・・・。


    今は、目の前の不完全な世界しか、見えないので、ため息をつきたくなることもあります。

    No title

    ゆきこさん
    暑くなりましたね。この暑さは身にこたえます。
    ゆきこさんは物事を深く洞察されているようでこちらも学ばされます。
    漠然として毎日を繰り返していればそこまでは考えが及ばないことでしょう。

    目の前の世界が不完全であることを理解するということはすでにかなりのレベルに達しておられることの証明だと思います。

    わからないことや疑問に思う事が無くなるということはあの世に行ってもないと思います。その後成長を重ねてもそれが尽きることはないのだろうと私は感じています。終着駅はないでしょう。もし終着駅があったとしたら成長は止まってしまうでしょうから。疑問やわからないことが成長のための糧なのでしょう。

    それが神の定めた永遠の進化の道なのでしょうか。
    今のところ私はそう思っています。

    ルールを創造した無限の叡智・・・

    大空さん、お元気ですか^^

    「人間は永遠に生きる」シリーズ、最終章もとても考えさせられました。

    私は、悲しみを体験したのは、喜びを知るためかな・・と思ったところです。
    なくすまで気がつかない、未熟な人間なものですから・・^^;

    息子を亡くした悲しみは、息子に出会えたことの喜びのほうが大きかったことが、
    あたりまえなんですが、ようやく魂レベルで感じられたように思います。

    >現在苦しみの真っただ中にいるなら必ずいつか幸せに浸れる時が来ます。
    長期で見れば完璧にバランスが取れているのです

    そうなんですね!ものすごく、嬉しいお言葉です。
    神様の叡智・宇宙発展のルール・・、難しいですが、公平な法則と知り、
    感激しています。

    ありがとうございます。
    暑さ厳しいですので、どうかご自愛ください。

    No title

    ねこうさぎさん
    あのシリーズは霊的真理に馴染みのない人にできるだけわかり易いものをと考えて書いたものです。迷信に縛られている人たちに少しでも真実を知ってもらえたらと考えていました。

    ターゲットは地域の人達でしたが後で見直すとちょっと無理があるようです。
    人は頭でわかっていても実際に体験しないとわかったことになりませんから簡単なことではありません。ねこうさぎさんのように実際に体験した人達は理解が進んでいると思います。
    一般の人より深い所で真理を理解していると思います。その体験はかけがえのないもので必ず将来にそれが生きてくることでしょう。

    かく言う私は常に反芻しています。えらそうに色んなことを書いているけど本当に自分はわかっているのかしら? と思うことがよくあります。そんなことの連続です。

    今ちょっと避暑に来ていますが新しいパソコンに慣れていないのでこれを書くにも四苦八苦しています。
    非公開コメント