09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    大きな自分と小さな自分

    2013.07.26 11:01|インスピレーション


    あなたが嫌だと思う出来事、苦しいと思う事、それは本当はあなたにとって価値あることなのです。
    初めからそれを体験するためにこの世に生まれてくる場合もあるのです。しかしそれはいつまでも
    続くものではありません。時期が来れば自然にあなたから遠ざかっていきます。

    あなたは本当は自分が考えているよりはるかに大きな存在なのです。地上で生活している時には
    それはわからないでしょう。不可解な出来事、理不尽と感じる出来事の裏には大きな自分が望んで
    そうなっているものがあります。

    地上の小さな自分と本来の大きな自分の間にはギャップがあり、その為に多くの葛藤が生まれるのです。
    瞑想や霊的な体験などによって少しずつ大きな自分の片鱗を感じるようになるでしょう。

    コメント

    大空さん、おはようございます。


    今生のこの苦難は、過去に自分が積んでしまったカルマのせいなのか、それとも、魂の成長のために、自ら課したものなのだろうか、と、考えしまうことがあります。


    そんなこと考えても、今の私には、わかるはずもなのですが・・・。


    最近、歯医者さんに、通っています。

    親知らずが2本虫歯で、そろそろ歯槽膿漏も危ないようです。

    大空さんは、歯科医師でいらしたのですね。

    虫歯は、放っておいても治らないので、痛みを取り除いてくれる歯医者さんは、とてもありがたいのに、 なかなか足が向かず、虫歯が深くなってました。

    この世では、肉体のメンテナンスがいろいろと必要なのは、仕方ないことですね。

    No title

    ゆきこさん
    歯は自然治癒能力が低いので放っておくと自然治癒は期待出来ません。
    人体の中でも他の組織に比べて物質的要素が強いと思います。
    でも霊界では必要がないと思います。何しろあちらは食べなくていいのですから。

    私達は色々と悩み事が尽きないものですが私は人生において最終的に神とは何かということが理解出来ればいいのではないかと思っています。様々な苦しみはそれを理解するための踏み台なのでしょう。そして本当に理解できたら今の苦しみを苦しみとは感じなくなるのではないかと思います。それがすべてを包含するのではないでしょうか。

    私達自身にも神の一部が宿っているのですがそれを自覚する人は少数です。
    どうでもいいことに気を使いお金も使って本当は焦点がずれていることに気づきません。
    それは私がこれまでにこのページで度々取り上げてきた事です。

    一番神を感じられる場所は大自然の息吹でしょう。私は今バンフを訪れていてロッキーの
    山々を眺めています。綺麗な所でしばらく佇んでいたいのですがハイシーズンのために
    観光客であふれているのが残念です。とはいえ無数に続く鋭い岩峰は神を感じます。
    それらは神の制作物という以外にありません。

    外国にいても霊界との繋がりには影響がありません。バスの中で何度も父の気配を感じました。父も他界する3ヶ月前にここを訪れていてとても良かったと言っていたので私とともにツアーしていたのでしょう。
    非公開コメント