09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    神の摂理と信心 4

    2013.08.21 08:27|真理を求めて


    自分が強く心に念じることは時として一つのイメージを作り出し、そこから一つのエネルギー体が出来るのではないだろうか。人間の思念の力は侮れない力を持っているようだ。見えない世界では思念の力によって常に何かが起きていることになるので自分の心に思うことは十分に注意を払う必要がある。

    時々写仏をしている人を見ることがある。写仏は仏の姿を複写していくものだがイメージを焼き付ける一つの方法かもしれない。しかし実際にはその基になっている仏の絵を描いた作者からのエネルギーを吸収することになっていると思う。絵画等はその前に行くとその作者のエネルギーが放出されているのを感じるものである。美術館は霊的エネルギーに敏感な人が行くとそのエネルギーを受けて疲れるものである。

    写経も内容はよくわからなくても、ありがたいとされる経文を写してそのエネルギーと波長を合わせようということかもしれない。写経や写仏は自分の心を鎮めてニュートラルな状態にするにはいいかもしれないが、これは本当に釈迦の語った言葉なのか等と、内容に疑問を感じながらやっても意味はないだろう。経文自体を崇拝し本当に仏の言葉であると思い込めばそれなりの信仰による力が現れてくるかもしれない。

    次に述べることは日常の私たちの生活の場にはあまりに縁遠い話であるが、地上の生命体は高級霊の思念によって創造されたという。進化したスピリットによる強力な思念の力は新たな生命の形態を創造するという。この地上世界の植物や動物は高級霊によって創りだされたという。神の創作といってもいいかもしれない。その中には害虫など我々にとって好ましくないものもいるが、それさえも偶然に発生したものではなくそれなりに存在意義を持っているのだろう。

    日本神話に登場する素盞鳴尊は地球神の一柱であり造化の神とも呼ばれている。その見方が正しいのかどうかわからないが我々の想像を絶する叡智と力がこの地球環境を創り、制御しているのだろうと思う。あまりにスケールが違うが我々一人ひとりにも思念のパワーが潜在しているようだ。

    私たちの願望が実現するにはとても大きな労力を要する。思念のパワーが最後に物質世界において具現化するには時間がかかる。抵抗勢力と戦わなければならないこともある。それが物質の世界の特徴であろう。

    コメント

    大空さん、おはようございます。

    いわゆる世俗的な成功するためのハウツー本に、「思考は現実化する」とか「願望は強く願うと引き寄せる」などと、書いてありますが、間違ったことを言っているのではないのだろうと思います。

    でも、波動の荒い地上では、そう簡単にうまくいかないけど、シルバーバーチが、低いほうから2番目と言われていた霊性の低い地上では、それは良いことなのでは、と思います。

    利他愛と慈愛に満ちているのだろうと思われる高級霊の世界と違い、どうしてそこまで自己中になれるのだろうと思うような人や、人のアラ探しを生き甲斐にしているような人や、すごく物欲、我欲の強い人などみてしまうので。
    もちろん、頭が下がるような奉仕の精神を持った方もいらっしゃるのですが・・・。


    上層界へいくほど、波動が細やかになり、素晴らしい創造が行われているのかな、と思います。

    それも、神の摂理なのかな、と思います。

    No title

    ゆきこさん

    確かに強い願望はそれを実現する為の原動力だと思います。
    それなしには何事も為すことは出来ません。

    但しその動機というものが大切で自分の欲から出たものは必ず失敗します。
    人や世の中の為になりたいという志からのものは成功します。
    何か事業を始めるに当たって成功するか否かの分岐点はそこにあるようですね。
    そこには明らかに神の摂理が働いていると思います。

    上層界にいけば私たちの想像を絶するような美と創造の世界なのでしょうね。
    私達もいつかはそういうところへ行けるのでしょうか?
    そう望みたいですね。


    非公開コメント