03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    今見ている世界は大きな自分の一部

    2013.08.30 04:31|インスピレーション
    IMG_0354.jpg  

    今あなたが見ている世界はあなたの人生の一コマにすぎません。それが全てではありません。
    しかし今の体験があなたという存在を構成するパーツの一つになります。今はそれを作るための作業をしているのです。

    人のこの世の人生は短いものです。その後も人生は永遠に続き、終わりはありません。今はこの世という物質の世界でそこでしか出来ない貴重な体験学習をしているのです。その体験があなたという人格を作る上で欠かせない要素を作っていきます。何一つ無駄なものはありません。意味の無い体験はありません。

    今は何故こんなに苦しまなければならないのか?何故人の世はこんなにも理不尽なのかと思うことがあるでしょう。でも必ずいつかその理由が分かる時がくるでしょう。視野が格段に開け、今見ている世界が極めて限局された世界であったことがわかるでしょう。それはおそらくこの世の人生を終えてからになるでしょう。今、あなたが見ている世界は大きな自分の一部分に過ぎないと同時に欠かせないパーツなのです。


    補足
    子供の時はとても重大なことのように思えた事も大人になってみると取るに足りなかった事に思えてきます。それと同じで人生を長いスパンで見れば私達が霊界に進んでいった時に地上の人生を振り返ってみればきっと同様に感じると思います。この世だけの人生という視野からは見えなかったものも見えてくるということです。

    俗にいう死は肉体を脱ぎ捨てることであり、その人間の本体であるスピリットは永遠に生き続けます。しかも地上にいた時の肉体にそっくりの形態を保ち重力など物質の束縛を離れて自由に生活することができます。そういいう状態になることを人は極度に恐れていますが実際は逆であり、私達は今この世で霊界に進んでいった時に順応できる人格を作るために肉体に宿って修行している状態です。しかしそれをおろそかにしていると死後は反省をしなければならなくなります。それも全ては神の摂理によって支配されているのです。

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    ローズさん

    娘さんの他界後まだ日が浅いにもかかわらず、よくそこまでの心境に到達されましたね。
    それは簡単に出来る事ではありません。一般の人はなかなか理解してくれませんが、娘さんの他界は真理を受け入れる絶好の機会でしょう。真理は自分の個性や理解度に応じて表現の仕方が違うように感じる場合がありますが根本は同一のものです。自分がこれがいいと感じた道を進まれるのが一番でしょう。

    これからの道も容易なものではないかもしれません。山あり谷ありでやっとたどり着いたと思ったものが崩れそうになることが幾度となくあると思います。その度自分は試されているのだと思い耐え抜けばそのうちに道が開けるものです。陰ながら応援しています。

    大空

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    大空さん、おはようございます。

    振り返ってみると、自分がもう少し賢かったら、経験しないでよかったこともあるのではないかと、思ったりしますが、それも必要なことだったのでしょうか。

    息子を亡くして間もない頃は、『どうしてこんなことが起きてしまったのか。なぜ息子はわずか20歳で、この世の生を終えなければならなかったのか。』と、その答えを探しまわりました。

    手当たり次第に本を読み、ネットの中に答えはないかと、一日中PCの前に座っていたこともありました。

    そうしてわかったことは『今はわからない』ということでした。


    わからないけど、息子は息子で、あちらの世界で、真理探求や、向上していこうとする道があって、私は、私で、この地上において、少しでも、真理探求しようとしていく、向上しようと努力していく道があるのだろう、と思うようになりました。


    でも、なかなかスイスイとはいかない道で、日々、あっちにぶつかり、こっちにぶつかり、後もどりしてるかも、って時もありますが・・・ 。

    No title

    ゆきこさん

    わかってしまったらこの世にいる必要がないでしょう。
    わからないから追求のしがいがあるということではないでしょうか。
    誰でも同じだと思います。前進と退歩の繰り返しです。
    それでも長い目で見れば前進していることになると思います。
    人間以外の生命も同じだと思います。


    私たちは今は目で見え、耳で聞こえる範囲のものしか理解できません。
    それがよく言う肉体に閉じ込められているという状態だと思います。

    生命活動の根源であるエネルギーは私達には感知することが出来ません。
    全宇宙を育みコントロールしているエネルギーが働いて人の生死という
    一つの結果が現れているわけですから到底人間の理解の及ばないものでしょう。

    やはり人の生死の背景には必ずこのエネルギーが関与していると思います。
    人間にはそれぞれ生まれ持った宿命がありそこに天地自然のエネルギーが働いて
    この世に生まれ、去っていくのでしょう。

    大空
    非公開コメント