04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    今を生きる

    2013.09.03 08:59|インスピレーション
    IMG_0314.jpg  

    今という時を楽しみましょう。充実させて生きましょう。

    今はあなたが前にしたことの結果です。

    先を案じることは意味がありません。

    自分の未来を良くしたいなら今を精一杯生きることです。

    今、あなたは自分の未来を作っているのですから。

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: No title

    ローズさん

    あの本はちょっとだけ読んだ事があります。ある霊媒が神がかりになってしゃべった事を
    本にしたものでしょうか。きちんと読んでいないのでどうこう言う資格はないのですが。

    その手の本を評価する最も大切なポイントは理性で受け入れられること、脅しの要素が
    ないこと、この2点だと思います。

    特に脅しの内容があるものは信用するに足りないものだと思います。
    ノストラダムス、マヤの暦など過ぎ去ってみればどういう程度のものであったかが
    分かると思います。

    No title

    こんばんは。今を生きる。心に響きました。与えられた試練 与えられた私の人生。 まだまだ精一杯生きられませんが、出来ることからやりはじめたばかりです。少しずつ私本来の姿へ近づこうと努力します。主人や残された姉妹は、立場が違っても、悲しみは、一生癒されるものでもなく、悲しみと共に生きるしかありません。 今世の学びと捉え、七転び八起きでも 前を向いて行きます。

    No title

    静さん

    私は今だによく思うのです。人生楽しい事ばかりで嫌な事もなかったらどんなにいいだろうと。でもそうはいきません。そういう人間は世界中探しても一人もいないでしょう。

    毎日何の悩みも心配事もなしに過ごしていたらボケてしまうでしょう。
    やはり試練を体験しないと人間は成長できないようになっているのですね。

    その試練の大きさはその人の能力に応じたものになっているようです。
    能力があるほど試練は大きなものになります。

    大きな試練を背負っている時は自分にはそれに相応するだけの能力があるからと
    思えばいいのだと思います。

    静さんには自分でも気づかぬ潜在能力があると思いますよ。

    七転び八起き、前向きに生きる、それが静さんの道でしょう。
    人生の難問は器用にくぐり抜けたりすることは出来ません。
    それはすべての人に当てはまると思います。

    大空

    No title

    今はそうは思えませんが、あの世に行ったら、この世で過ごした日々が、あっという間の、ほんの短い期間だったように、思えるのでしょうか。

    だからこそ、今という時、何を思い、何を語り、何をするかが、大切なのかな、とも思います。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    ゆきこさん

    わたしたちが今、子供のや青少年の頃を思い出すと当時のことは一瞬の出来事のように
    感じられることがあります。死後にこの世にいたころの出来事を思い出してみると
    多分似たような感じなのかなと思います、それは実際に行ってみないとわかりません。

    今を大切にしなければ人生を形作る構造物がきちんと完成しないのではないかと思います。
    後で何か不具合が出てその部分を改修しなければいけなくなるかもしれません。
    そういう表現方法が適切かどうかわかりませんが。

    大空

    Re: No title

    ローズさん

    我々の人生の目的は結局悟ることではないかと思います。身の回りに起きる様々な現象はすべて
    悟るための材料になるものでしょう。もちろん日常の生活で無意識のうちに行っているような事は
    別です。

    各故人が各々自分のコースを歩んでいきます。それは一人ひとり違い同じ道はありません。
    それも自分の悟りのレベルに応じたものとなるでしょう。

    一番難しいものは何でしょうか?
    それは自分の心を見ることに他ならないと私は思っています。
    自分の心は見えないし思い通りになりません。

    人間は人の事は見えても自分の事が見えないのです。
    灯台下暗しとはよく言い表した言葉だと思います。

    私は自分が何か行動を起こす時、よく自分の心を観察することが大切だと思っています。
    私は行動が速いですがせっかちな所があるのでこれまでに色々失敗して来ました。
    性格というものはおそらく一生治らないものだと思います。それが個性でもあるのですが。

    何か行動を起こす時忘れてならないことは愛が根底にあることです。
    思いやり、同情心、寛容性等から生まれる行為は必ず受け入れられます。
    そして言葉に出さなくても相手は分かってくれるものです。
    愛に乏しいものは容易に見抜かれます。

    愛は宇宙最強のエネルギーです。私達がこうして地球上で生活していけるのは神の愛のエネルギー
    を受けているからに他なりません。そして私たちは一人残らず神の子であり皆同胞です。

    現時点での視点の違いは当然あるでしょう。皆同じ視点から物事を見ることは出来ません。
    それも長い目で見れば然るべきところに導かれて行きます。他人の人生はその人自身が責任
    を負うことです。

    我々は他人の人生に対して責任を負うことは出来ません。

    皆それぞれが自分のレベルに応じた学びをしているのです。

    私ももうすぐ65歳です。日々肉体的な衰えを感じるようになりました。
    でも若いころには受け入れられなかったことでも受け入れられるように
    なって来ました。少しづつ相手を許すことも出来るようになってきました。
    年をとるのも悪くないと感じています。

    大空









    > 大空様
    > こんにちわ
    >
    > 傷付いた者同士が慰め合うのは、危険ですね。
    > どちらも更に傷付いてしまって。
    >
    > 答えはわかってて、敢えてそこを突いたのですが、
    > 悪化させてしまったようで。
    > 深く反省しました。
    >
    > 思いやりで、と思うことはやはり、自分の傲りなんでしょうね
    >
    > 私は自分が損をしてでも、相手の為になるならと、
    > その気持ちが、強い方だと思ってましたが、やはりそれも
    > 傲りなんでしょうね。
    >
    > 私は若い頃、自分を信じることができず、
    > 人が言うことが正しいと思って、言うなりになっていました。
    > その方が選択肢として、間違ってないと思ってたからです。
    > 自分に自信がなかった。
    >
    > でも今はもう、それはないです。
    >
    > ずっと前から、自分を信じています。
    > 年を重ね、色々なものを若い頃よりは、見れるようになったのも
    > ありますが。
    >
    > 娘が亡くなり、新しい自分になろうと思った今、
    > 始まったばかりで、もう迷ってしまいました。
    >
    > 落ちる気持ちは、正直ありますが、どんな矢が飛んできても
    > それに負ける気持ちはありません。
    >
    > 自分への試練だと受け止めようと思っています。
    >
    > 力は自分でつけるもの。
    > いろんな形は一つの媒体として受け入れ、それも力の一つになれば
    > いいのかなと。
    >
    > そんな気がします。
    >
    > 訳のわからないメールになってしまい、申し訳ありません。
    > なんとなく、聞いて頂きたくて、ついメールしてさまいました。
    > ありがとうございます。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: No title

    ローズさん

    それは物質化現象でしょう。
    霊が遺族に対して自分の存在を知らせようとしてそういう現象を起こすことがありますが
    そういう現象は結構多いと思います。

    メッセージとして伝えられたら一番いいのですがそれは双方の環境が整わないと難しいです。
    送る側も自分の思念を集中する訓練が必要なようです。受ける側は霊媒体質の者がいなければ
    無理でしょう。

    古くなったラジオが鳴ったり携帯にメールが入ったりスイッチを切っていたはずの
    電灯が付たりすることがあります。

    娘さんか誰かはわかりませんが最近他界されたところから考えておそらくその可能性が
    強いと思います。気味が悪いのではなく相手が(娘さん)一生懸命自分の存在を知らせようとして
    シグナルを送っているのでしょう。こちらからも思念を送ってあげれば喜ばれるでしょう。
    ああ、やっとわかってくれたね!という感じになると思います。

    大空



    > 大空さま
    > おはようございます
    >
    > 何度となくブログ、繰り返し読ませて頂いております。
    >
    > 今日は不思議なことがあったお話なのですが、
    >
    > 私は、勾玉が好きで、薄いグリーンの勾玉を持っています。
    > なんでもない、普通のアクセサリーショップで買いました。
    > 特に高価でもなく、普通に勾玉の形をしてる物です。
    >
    > 私は、ネックレスにしたくて、勾玉の小さな穴にチェーンを通す金具を、
    > お店の人に付けてもらい、そこにチェーンを通しました。
    >
    > 夜、そのままの状態で、なにげなく娘の祭壇に置いて寝ました。
    > でも、朝、起きてネックレスを見ると、勾玉とチェーンが離れておりました。
    >
    > 寝る前、しっかりチェーンは勾玉に通ってましたし、ぶら下げて通ってるのも
    > 確認しています。
    >
    > 金具とかチェーンの劣化とか、見たのですが、どこも劣化はしていませんでした。
    > 勾玉を買って、チェーンを付けた時にも、同じことが。
    > そのたびにあれ?通してなかったのかな?と
    > 思いましたが、ひっぱって取れないのも確認しています。
    >
    > 気のせいなのか、どこか外れてしまう部分があるのか、わかりません。
    > 昨夜は祭壇に置いて寝ましたが、たぶんどこに置いても、
    > こうなるのかな?
    >
    > 祭壇に置いたのは、ただ娘にも見せたくて置いただけで、特に意味も
    > なくです。
    >
    > 気のせいと言ったらそうでしょうし、気にすることも特にありませんが、
    > たた、どうしてかな?不思議だな、と思って。
    >
    > こんな話で、メールしてすみません。
    > ありがとうございました。
    非公開コメント