07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    自分を引っ込めること

    2013.09.15 15:32|インスピレーション
     
    IMG_0219.jpg

    自分の我をどれくらい引込められるかということが悟るための一つの条件です。
    それによって初めて深い所にある本当の自我が表に出て来られるようになります。
    そして背後の霊の力があなたを通じて働くようになります。

    誰でも行き詰る事があるでしょう。そういう時には焦らずしばし歩みを止めて心静かに待つことです。待っていれば必ず浮上のヒントが与えられます。

    補足
    自分の我と表現しているものは私たちの精神の事です。霊が肉体に宿り肉体と融合して精神というものが出来ます。私たちの日常の思考や行動を主に支配しているのはこの精神です。
    しかし実際は精神よりもはるかに高度なものを私たちは持っています。それは普段は意識しにくいものですが実際は誰でもがそのほとばしりを感じているはずです。ひらめき、直感などと表現されるものです。

    それは感情を静め、しばしの間肉体の活動を停止しなければ表に出て来られません。
    自分を引っ込めるとは日常意識を一時活動停止の状態にするということで、自分の個性
    を殺して周囲に迎合したりすることではありません。

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: タイトルなし

    ローズさん
    寝入り際の眠りの浅い時によくそういう現象が起きるようです。私も3年半ほど前、自分の寿命を知りたいと思っていた時がありました。寝る前に自分の寿命を教えて下さいと願って眠りにつきました。するとうとうとしかけた時耳元で囁く声がクリアーに聞こえてきました。「64歳」ということでした。当時私は61歳でしたから64と言えばあと3年しかありません。あと3年しかないのか?ならば後悔のないように生きねばと思い続け、できる事は後回しにしないよう、出来るだけのことをしてきました。

    そして今に至ります。今まさに64歳でもうじき65歳です。でも実質は受胎後65年以上経っています。後で思えば63歳の時に病気でリタイア、廃業したのでその年令の示唆はそのことを予言したのではなかったかと解釈しています。

    話が逸れましたがローズさんは感動的な体験をされましたね。深い眠りに比べて浅い時の方が他界した人のサインを受けやすいようです。また他界して間もない人の場合、波動が私達に近いのでより肉体的な感触として感じ取れるのかもしれません。娘さんもあちらで通信方法についてかなり勉強されているのかもしれません。アクセサリーの事から始まって少しずつ高度なものになっているようですね。ローズさんの思念が効果的に届いていることもあるのでしょう。そのうちメッセージを受けられるようになるかもしれません。

    他界した家族のサインを受けるようになることは霊の実在を身をもって知ることであり、かけがえの無いものです。ローズさんは強い人で信念をもって生きておられるように感じます。他にも自分の子を亡くし、直接メッセージを受けるようになってそれを機に離別の悲しみを乗り越え啓蒙活動をしている人もいると聞きます。悲しんでばかりいないでそれを糧として同じ体験で苦しんでいる人たちに対する啓蒙、導きという役目が回ってくるかもしれません。それぞれ違う次元にいながら親子共々精進の道を進まれているのでしょう。

    大空




    > 大空様
    > こんにちわ
    >
    > 先日の勾玉のネックレスの件、真剣にお答え下さり、ありがとうございます。
    >
    > あれから、二度程ありました。
    > 別の部分ですが、そこは少し緩くなっていましたので、定かではありませんが、外れてしまうほどの緩さではありません。
    > 不思議ですね。
    >
    > 昨日、また不思議な?ことが。
    >
    > 夢か明晰夢か?金縛りか?
    > わかりませんが。
    > 私はいつも、夜、娘の祭壇の前で、お祈りと、娘への語りかけ、懇願のような気持ちと
    > 感謝の気持ちで、いつも手を合わせています。
    > その後、少し瞑想します。
    > 瞑想後、寝ようと横になりまた、瞑想しながら寝ました。
    >
    > いつの間にか寝たのか、夢を見ました。
    > 夢とわかって見ていましたが、途中から何か触感を感じ、さっきの夢とは違う感覚に気がつきました。
    > その時、私の右側に、人の肩から腕が、寄り添ってました。
    > 私に、添い寝をする感じです。
    >
    > 私は、なぜか意識のどこかで、娘だとわかりました。
    > 掴んでさすりました。その感触は生身の人間の腕でした。色も形も柔らかさも、感じます。娘の腕でした。
    >
    > 夢と言われれば、夢でしょう。
    > でも、手に触った感触は、夢で何かを触る感触とは違っていました。
    > 実際に触ってる感じです。ぬくもりもありました。
    >
    > 意識のどこかで、やっと会えた、感じれたと、私はその腕をさすりながら、娘の名前を大声で叫んでました。必死に謝っていました。半分泣いてたかもしれません。
    > その時、目が覚めました。覚めたというか目が開いた感じです。
    >
    > 寝てた感覚もなく、かといって起きてた感覚もはっきりしません。
    > ですが、寝て起きた後のボッーというのもなく、しっかりしてました。
    >
    > 夢だと、あ~夢か、ですが、それとも違います。
    >
    > 夢であれ、思い過ごしであれ、私は、嬉しかったです。
    > 例え姿形は見えなくとも、私は娘が何かを伝えてくれたんだ、と、そう思っています。
    >
    > 毎日毎日、娘に向かい、何か合図を、メッセージを送ってほしい、と願い続けました。
    > 今まで、夢にすら一度も出てきてくれなかった娘です。
    > もしかして、娘も私に何か届くように、頑張ってたのかもしれません。
    >
    > ささいなことかも知れませんが、私にとって最高の幸せでした。
    >
    > 聞いて下さりありがとうございました。

    こんにちは

    大空さん、そちらは台風はどんなですか。
    こちら新潟は、だんだんと暴風雨になってきました。
    無事に通り過ぎてくれること祈っていますi-7i-7

    こんな自然の現象を目の当たりにすると、
    生かされていることが、ありがたく、感謝するばかりです。

    そして、無力な一人間にできることは何なんだろう・・とも思いますi-182


    ところで、
    >感情を静め、しばしの間肉体の活動を停止しなければ

    ということですが、そうすると直観力が磨かれるということでしょうかi-189
    私は、鈍感にできているので、ひらめきもなにもないのですが、
    たとえば息子や守護霊がいっしょうけんめいサインをくれていたとしたら、
    受けとれるようになりたいと思っています。

    我をひっこめる・・ということはなかなか難しいですね。
    でも、息子はその「我」というものを、
    いつも引っ込めていたのではないかと思います。
    そんな人生もあるのかなぁ・・楽しかったんだろうか・・
    生きずらかったんだろうか・・なんて、考えてしまいましたi-201

    長くなりました。
    いつもいろんなことを教えていただいてありがとうございますi-265

    No title

    ねこうさぎさん

    こちらもかなりの量の雨が降りました。毎年2.3個くらいは台風が来ますね。
    台風も自然の摂理のもとに起きていて浄化の働きがあるのでしょう。こんなこと言うと被害にあった人から叱られますけど。

    感情を静めて肉体の働きを一時停止の状態にするというのは結局自分の意識のバイブレーションを高めて内なる自分(大我)の片りんを感じるという事です。そうすれば守護霊その他身内の他界者と波長が合いやすくなります。

    早い話が瞑想のことですがその時如何に日常の雑事に占領されている自分の心を調整するかということです。意識の波長をシフトさせるという表現でもいいかもしれません。自分のアンテナを広い世界に向けて伸ばして受信体制を作る、私はそういう感じでやっています。こちらから意識して何かをキャッチしようとするとうまくいきません。自分を無にするというか驕りがあったりすると駄目です。人それぞれなので自分に合ったやり方があると思います。

    息子さんはとても純粋な青年なのでしょう。純粋な人ほどこの世は生きにくいかもしれませんね。でもこの世に生まれてくる目的はあえて自分を試練にさらす事ですから。昔から人はその矛盾に悩んだり苦しんだりしてきたのでしょう。

    大空



    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    こんにちは。我が強い 個性的 自己中 どれもあてはまります。 頑張ってると我が強いと言われたり 頑張ってる意識はないのですが… 人と違うことしてるつもりもなく…地元人の保守的わ考えに賛同しないだけです。 合わせるところは…適当にしています。自分の意見の通らないところです。主人にも なので 自分を信じ、我が子との再会を楽しみにしてます…。悲しい別れてから 笑顔で会える日を迎えるために、与えられた時を、以前のようなパワーは、落ちましたが…人の繋がりは大切にしつつ、自分を喪わない生き方 こんな生き方が、執着だったりするのでしょうか…。 いい加減にアバウトな部分も持ち合わせていますが。 我が前面に出ると神様が雲ってしまうのでしょうか~
    非公開コメント