04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    自分を切り売りしないこと (父から)

    2013.10.03 09:39|インスピレーション
     

    人間は心から信頼し合える者が一人いればよい。八方美人的に誰にでも愛想よくする必要はない。そういう関係はこの世を去ればあっという間に消滅するものだ。心通わせられる者との関係は死後の世界においても継続する。そちらを大切にすることだ。


    他人の思惑に気を使いすぎて大切なものを失っている人間が多すぎる。そういうことは自分を切り売りするようなものだ。




    追伸
    夕暮れの墓地に行くと父から上のようなメッセージをもらいました。私は墓に行くのは約3か月ぶりの事で盆も不在でした。墓を重要視しているわけではないので必要のない時は行きません。これまでに何度も述べてきたように墓はその人を思い出すための媒体です。墓に行くとその人の事を思い出す動機になるのでその思念がお互いに通じ合うのです。相手がこちらに対して何の関心もない場合はその人の墓の前でいくら祈っても読経をしても通じ合うことはできないでしょう。

    コメント

    非公開コメント