07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    背後霊の働き

    2013.11.27 10:04|インスピレーション
     


    背後霊の仕事はその指導している人間が課題を成し遂げ易い環境を作る事でありその人間に代わってそれを行うのではありません。

    課題はあくまでもその人自身がやらねばならないことであり誰かに代わってもらうことは出来ません。

     

    自分の力を引出して努力をする時、一層の背後霊の援助を得る事が出来るのです。


    自分の心を浄化し自然の法則をよく学び、それと一つになるように努めることです。


    そうすることによって背後霊の働きとより調和できるようになります。

    コメント

    いつも 為になるメッセージ有り難く読ませて頂いています。背後霊や守護霊様を涙させることなく、私が生きてきた本当の幸せを日々感じ、社会に恩返しできればと思うようになりました。まだまだ 悲しみは癒えません…。悲しみの果てなどないです。我が子を喪う…。母親にとって最大の悲しみは、癒されてはいけないし、子どもの人生を背負い生きていかなければならないです。それが親子です。娘に会えて初めて昇華できるものだと私は、気づきました。まだまだ涙も枯れません…。まだまだ一歩踏み出したところですが…

    No title

    静さん

    私たちは毎日の暮らしの中で常に何かに意識を集中していますがその範囲は狭いものです。それ以外のものが見えていないのです。自分の環境が本当は恵まれていてもそれは見えずに問題点ばかりが目につくものです。

    暗闇の中を小さな明かりを持って歩いているようなものだと思います。
    大きな視野で見ることが出来れば今の苦しみなど大したことはないと思うでしょう。視野が限定されているからより苦しく感じるのでしょう。

    私は母とは毎日のように触れ合っていますが次第に視野が広がっていて物の見方が生前とは変わってきているようです。もう老いた姿はどこにもありません。

    何十年か経つと本人は生前の姿は仮の姿だったと感じるようになるに違いありません。

    今、肉体に宿っている私たちは本当は仮の姿と言っていいのではないでしょうか。将来の大きな自分を構成する一つのパーツを一生懸命作っているのでしょう。

    大きな自分として見れば娘さんは一時的に引っ越しをしただけということになるでしょう。必ず再開するのですから、それは永遠の人生から見るとわずかの間です。

    No title

    大空様

    今年の4月28日に妻が他界することで霊的真理に目覚めました。

    最初にシルバーバーチに教えてもらったのが癌で苦しんだ妻が今は苦しんでないという事です。

    ☆★

    死ぬということは生命を失うことではなく別の生命を得ることです。

    肉体の束縛から解放されて、痛みも不自由も制約もない自由の身となって地上での善行の報いを受け、叶えられなかった望みが叶えられるより豊かな世界へ赴いた人のことを悲しむのは間違いです。

    ☆★

    この言葉で私は救われました。

    妻がこのように本当に幸せならば、泣くこと、悲しむこと、悼むこと、嘆くことを私がすることは必要ないのです。

    しかし それでも 悲しい時があります。

    そんな時に読むシルバーバーチの言葉が次のものです。

    私の悲しみに対してこう言っています。

    ☆★

    その悲しみには利己心が潜んでいます。

    自分が失ったものを悲しんでいるのです。

    自分が失ったものを自分で耐えていかねばならないこと、要するに自分を包んでくれいた愛を奪われた、その孤独の生活を嘆き悲しんでいるのです。

    それは間違いです。

    もしも霊的真理に目覚め、無知の翳み(かすみ)を拭い落した目でご覧になれば、愛するその方の光り輝く姿がみえるはずです。

    死は決して愛する者同士を引き離すことはできません。

    愛はつねに愛する者同士を求め合うからです。

    あなた方の悲しみは無知から生じております。

    知識があれば愛する者が以前よりむしろ一段と身近な存在となっていることを確信できるはずです。

    霊的実在を悟ることから生じるよろこびを十分に味わうことができるはずです。

    ☆★

    厳しい言葉もありますが、本当のことです。

    私の悲しみは 自己憐憫なのです。

    妻が幸せならば 悲しむ必要はありません。

    それでも まだ 悲しい時があるのは 私の利己的なところが残っているからですよね。

    しかし、すぐに無くなるわけもないのです。

    少しずつ 少しずつ 私の利己的なところを無くしていくしかないありませんね。

    自分の利己を無くすには 人のために役立つ利他愛の実践していくことが必要だと思いました。

    ☆★

    神も、しょせんは人間という物的な道具を使用するしかないのです。

    あなた方は霊力が地上へ働きかけるための道具です。

    ですから心を開き、受身的になり、先入観を取り除くことが大切です。

    人のために役立ちたいという願望を抱くことが大切です。

    その願望に感応して、そのために必要な援助が届けられます。

    ☆★

    妻の他界以降 このように守護霊様 背後霊様に導かれているように感じます。

    もちろん 妻も導いてくれているにちがいありません。

    そうですよね 大空さん

    追伸

    このように書きながら 油断するとあっという間に悲しみが襲ってきて、毎晩のように泣いてしまっている私です。

    No title

    コバチャン本舗様

    言われる通りです!
    それだけ理解されているならこの度の試練を乗り越えるまでの時間は早い事でしょう。その通り奥様は常にすぐそばにいて愛で包んでくださっているでしょう。

    シルバーバーチは現在我々が手にすることのできる最高の叡智です。
    一度読んでなるほどと思っていてもいざ自分がその渦中に入ってしまうと
    そのことを忘れてしまっていることがあります。
    それはまだ本当に理解できていないということを意味します。

    このブログでも度々取り上げましたが「わかる」と言葉で言うのは簡単です。でも魂のレベルで分かって本当にわかったと言えるのでしょう。私は子供の頃父や祖父によく言われたものです。

    「これでお前も性根に入ったか」

    私たちはあちこちで失敗したり頭を打ってようやくわかる(性根に入る)のです。その為にこの世に修業に来ているのですから。

    まだまだこの先感情の浮き沈みがあることでしょう。でもシルバーバーチを何度も読み返すうち確実に真理が心の深奥まで浸透していくことでしょう。知りたいことがあってシルバーバーチの本を開くとその答えがあるはずです。

    利他愛の実践、素晴らしい事だと思います。それによって背後霊の一層の支援があるでしょう。
    非公開コメント