05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    母のこと

    2013.11.29 10:17|親族、友人の霊界便り
     

    これまでに母から私に伝わってきた事をまとめてみた。最初のころは祭壇のある部屋に入ると母の懐に抱かれているような感触がしていた。それはかすかに肉体的な感触を伴い子供の頃に母に抱かれていた事を思い出させるものであった。ある種の肌の温もりのようなものを感じることがあった。

     

    今は母の他界後4週間になろうとしているがここ数日の間感じる事は母の感触が最初の頃とは違ってきていることである。肉体的な感触が殆ど無くなってより霊という感じがしてきた。それはこれまでに感じてきた父の霊としての感触、イメージに近づいてきている。こういう感触が世間で言われる成仏している状態といっていいのかもしれない。

     

    死後の進展はそれこそ千差万別であろう。母の場合はほぼ100年この世に生きてきてもうこの世に執着するものが何もないという状態であったのだろう。認知症になって8年半の間施設で過ごしたが家族とのコミュニケーションは限定されたものであった。認知症になった場合、この世の出来事との関係は急速に薄れていくだろう。何があってもそれまでのような影響を受けなくなるであろう。それは脳が機能不全に陥っただけであり霊としての自分は何の影響も受けているわけではない。

     

    この世との関係が希薄になった分、霊界との交流が静かに進んでいたのだろうと思う。それは表面上わからないのでその人物は本当にぼけてしまったと思われているだろうが実際はそうではない。おそらく他の認知症の人達もそういう経過を辿っているのではないだろうか。俗世との縁が疎遠になってくるので楽しい事も入って来ないかわりに嫌な事も入って来なくなるであろう。

     

    今認知症の人が急激に増えているが現代の文明生活によって人の一生も影響を受けているのかもしれない。自然に生まれて自然に死んでいくというパターンにひずみが生じているのかもしれない。昔は今の様に認知症は多くなかったがそうなる前に死んでいたのではないだろうか。肉体が進化して長寿が当たり前になってきたが各臓器ごとに使用期限というものがあるだろう。脳は全体の臓器の中では使用期限が短いのかもしれない。将来的には自然に修正されるのかもしれない。これはあくまでも私の想像である。

     

    ともあれ今日の朝、いつものように祈りをしていると父と母が一緒に現れて私と一緒に神に祈りを捧げた。そのビジョンが見えたがこれは肉眼で見えるものとは違い、目を開けていても閉じていても見える。母は色々と父から指導を受けているようである。

     

    次回からは母から伝わってきたものを言葉として表現していきたいと思います。

    コメント

    霊感のない私の役割

    大空さん

    こんばんは

    大空さんのように霊能力をお持ちで、霊媒体質な方のお話は実感が感じられて、とても 元気が出ます。

    これから お母様 お父様のお話をいろいろとお聞かせいただけるのは本当に勇気づけられると思います

    私は全く 霊感がなく、特別な体験を今までしたことがありません。

    霊的真理に目覚めた今 見逃さないように注意深く暮らしておりますが、
    霊的なことにまだ 実感がありません。

    ですから 私のように全く霊感の無い人間は大空さんのおっしゃるように
    「性根が入るまで」霊的真理を繰り返し読んでいくしかありません。

    何回も何回もシルバーバーチを読み返して 
    霊的真理が確実に心の奥底に落ちていかないとダメですね。

    霊感の強い方 霊媒体質の方が自分の体験から実感を持たれるのは素晴らしいことですね。

    その方の話を聞くと 私のように霊感の全くない人間にはとても 勇気が出てきます。

    霊感の強い方はこのように霊感のあまりない方に勇気を与える役目があるのでしょうね。

    霊感の無い人間でも何回も何回もシルバーバーチを読むことで霊的真理を実感できるようになることを私は証明したいです。

    そして、守護霊様や妻の愛を実感として感じられるようになりたいです。

    その霊的真理が実感できたことを皆さんにお伝えしていくことが私の役割のように思います。

    霊感のない大多数の人間が霊的真理を実感できるようになる為のお手伝いを私はしていきたいです。

    No title

    コバチャン本舗さん

    人間は本来、霊ですから霊的感性はすべての人に備わっているはずです。
    もちろん先天的な要素がものをいいますが、ひらめきや直感を感じない人はいないでしょう。色々考えなくても答えはこれだと感じることがあると思います。そういう時は霊としての自分が働いているのです。

    仕事や雑事に追われている時は到底霊的な自分は表面に出てこられません。
    一日の内で一度は誰にも邪魔されず心静かに過ごせる時間を持つことが必要でしょう。気持ちがニュートラルな状態を作ることです。

    他界した人のサインを感じるだけの目的にするのではなく自分の向上のために寂静の時間を持つことはとても大切だと思います。そういう努力を重ねて行けば内在する霊的な自分が表面に出てきやすくなります。

    シルバーバーチの教えを実践していくうちに眠っていた霊的感性が少しずつ目を覚ましてくるでしょう。
    非公開コメント