09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    本当の自分を確認すること

    2014.02.18 10:18|インスピレーション
    IMG_0082.jpg 
     
    日に一度は本当の自分を確認する時間を作りましょう。大切な判断はそれを基準にすることです。

    この世で毎日を生きていると様々な夾雑物がついてきます。しかし本当の自分はその夾雑物を払い除けた下に埋もれています。

    その本当の自分の判断に従うことです。そうすれば間違えることはありません。


    補足

    世間の夾雑物に塗れたままでは同じ場所を行ったり来たりするだけになってしまいます。その中を右往左往しているだけでは自身の魂の向上は得られません。あちらに行ってから俺の一生は一体何だったのかと思うでしょう。

    人間は肉体を中心とする意識と、霊としての意識の両方を持っているようです。日常の雑事(衣食住など)においては肉体のエネルギー由来の意識が大半を占めるでしょう。でも人は神の子(霊的存在)としてもっと高度な意識を内に秘めていてそれが本当の自分です。それを引き出すために日に一度はそれを確認しましょうという意味です。

    その手段が祈りと瞑想です。

    コメント

    こんばんは

    大空さん、今日もありがとうございます。

    ほんとうの自分とは、先日の記事にも書いていらっしゃいましたが、
    「良心を持つ自分」なんだと思います^^

    日頃の雑踏にまみれているときは、
    ついつい善と悪の見極めを間違いそうになることもあります。
    それが、肉体をもってしまった人間の性と言ってしまいがちですが、
    毎日の祈りに、偽りの心はありません。

    良心の痛む行いは、自分自身をも傷つけてしまいますね。
    祈りと瞑想で、日々振り返りたいと思います。

    いつも、学ばせていただいてありがとうございますi-265

    No title

    ねこうさぎさん

    祈りと瞑想の場で自分のしたことは果たしてそれで良かったのかと再確認することがあります。

    私は前からよくそうしてきました。それで良し!と確信することができれば安心して前に進むことができます。

    少しも間違えないような人間は地球上に一人もいないでしょう。
    間違えてあちこちで頭を打ちながら学んでいくのでしょう。

    それが神の造りたもうた宇宙生命の進化の為の機構なのでしょう。毎日がテストを受けているようなものです。

    でも落ちたら終わりではなく何度でもやり直すことが出来るようになっています。そこに慈しみがあるのだと思います。

    No title

    大空さん

    日常生活の中でちょっと 油断すると人を羨ましいと思ったり、嫉妬したりして、そんな自分が情けなくなってしまいます。

    そして 油断をそのままにしていると 寂しくなったり 悲しくなったりしてしまいます。

    でも、最近は あっ、今 肉主霊従になっていると気が付くようなりました。

    そんな時は 夜、1時間ぐらい 霊的真理の書いてある本を読んで、霊的エネルギーを満タンにするようにしています。

    そのあと 妻といろいろ話をしていると、いつの間にか 心穏やかに寝てしまいます。

    大空さん、妻は私が間違えないようにいつもそばにいてくれていますよ。

    No title

    コバチャン本舗さん

    何かがなければ霊主肉従という言葉の持つ意味を考えようとはしないでしょう。

    また言葉だけ先走りしても内容を本当に理解していることにはなりません。

    自分の心の状態を知ることは大変重要なことだと思います。一番難しいのが自分のことです。人のことはわかっても自分の事がわからない。自分のしていることがどいうことなのかわかっていないという人が多いですね。私もそうならないように気を付けなくてはいけません。

    シルバーバーチの言葉を羅針盤として、また暗闇を照らす灯明としてこの世を生き抜きましょう。
    非公開コメント