10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    心の修業

    2014.05.13 09:28|インスピレーション
    IMG_0023.jpg  

    些細なことで心が動揺するようではまだ修業が十分ではありません。霊としてのあなたを本当に脅かすようなものはこの世に存在しません。つまらぬ事で取り越し苦労をして不安な気持ちになったりするのはまだ本当の自分、霊としての自分を認識していない証拠です。

    もっと大きなもの、大切なものがあります。小さなことで悩んで大きなものが見えなくなったりしたら悲しい事です。


    補足

    インスピレーションとして載せている記事は殆どが私の朝の瞑想のときに感じ取ったものです。誰でもそうだと思いますが疲れていたり体調のすぐれない時は、心がその影響を受けます。そんな時につまらない事が心に引っ掛かりやすくなります。この記事の内容は私自身の心の在り方に対する諌めの言葉なのです。

    コメント

    No title

    体にどこかすぐれないところがあると、些細なことで落ち込んだり、過去のトラウマとかが蘇ったり、人の心ない言動に引っかったり、どうでもよいことに囚われたりしがちです。

    肉体を持っている以上仕方がない面もあるのでしょうが、そういうときこそ、本当に大切なものに目を向けて、心を整えていくことが、修行なのでしょうね。

    具合が悪いのだから仕方ないじゃない、ひどい目にあったのだから、などと言い訳してるようでは、成長は望めないですよね。

    膝を痛めて、ここのところずっと病院通いなので、自戒したいと思います。



    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    ゆきこさん いつも励みになるコメントありがとうございます。

    最近 霊的真理に目覚めたばかりの私はまだまだで些細なことですぐ動揺してしまいます。

    しかし 両親が他界し、妻も他界し 子供もいない一人暮らしの私にはこの地上界で守るべき人がいなくなりました。

    ですから この地上界での執着がかなり少なくなり、以前に比べると動揺は少なくなったような気がします。

    妻が他界して執着が少なくなってからのこの地上界での残りの人生は私にとってとても大切だなあと最近感じています。

    妻との別れが私を霊的真理に目覚めさせてくれたので、妻の為にも動揺を少しずつなくしていきたいと思います。


    大空さんの私を救った言葉


    離別の苦難は魂を目覚めさせるためにあるのです。

    目先の悲しみよりも永遠の魂の旅においては

    魂の成長の方が意味があるのです。

    別れたと思っている人とは必ず再会します。

    離別は一時の悲しみ、魂の旅は永遠です。


    ありがとうございました。

    No title

    ゆきこさん

    この世での毎日の生活自体が修業だと思います。本当の修業とは宗教などにおいて定型化されたことをするのではなく、何が起きるか分からないこの世での出来事に対応していくことだと思っています。

    問題への対応の仕方をみればその人間の中身がわかってしまいます。これだけはごまかしようがありません。でも実際に問題が起きたら慌ててしまいがちです。
    この世を去るまでにどれくらい成長できているのでしょうか?
    あちらに行ってからまあ自分としてはよくやったなと感じることができるでしょうか。そうありたいものです。

    No title

    コバチャン本舗さん

    私の記事を評価して頂き、身に余る光栄です。

    御一人になられて真理の探究には絶好の機会なのかもしれません。但し、家の中で他の人に悩まされることが無くなるので自分の姿を正しく見つめることが難しくなるという側面もあると思います。一人だと何をしても他の人から文句を言われる機会がありません。
    そこはシルバーバーチの世界に没頭して心ゆくまで真理の探究をなさってください。
    非公開コメント