09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    この世は学習の場

    2014.06.16 10:20|インスピレーション
       IMG_0036.jpg 

    あなたは今、一時的に物質界にいることを忘れないようにしましょう。そこは永遠の棲家ではありません。物質界に体験を得るために来ているのです。様々な出来事、色々な人々の中でしっかりと自分の見る目を養うことです。

    雑多な現象に惑わされてはいけません。あくまでもこの世は学習の場であることを知っておいてください。それが全てではないのです。人は物質界の経験から学んだことを携えて次のステージに進んでいくのです。そこで学んだ事が次のステージで生かされます。


    追伸

    今月になってから家の中の整理や子どもたちの里帰りが重なり更新の時間が十分取れない毎日が続いています。親の代、祖父母の代からの持ち物(衣類や洋服ダンスその他もろもろの遺物)が納屋にはぎっしり詰まっていました。それを知っていたのですがあまりの多さに見ただけでうんざり、どこから手を付けたらいいのやらわからず後回しにしていました。
    田舎は家が大きく収納場所は豊富なのでその状況が許されてきたのですが。

    ある夜、父母が昔の家で寝ているところを夢に見ました。そこは悪臭が漂い気分が悪くなりそうでした。
    いいかげんに片付けろよな!というあちらからのサインだったのでしょう。それから私は懸命に片付けを始めたという訳です。こういうものは少しも気分の良いものではありません。埃まみれのものを運び出す、中をチェックして残すべきものを残す、それをゴミに出す。

    丁度粗大ごみの収集がありそれに合わすように作業が進んで行きました。もうすぐ粗大ごみの収集があるから早くしろということだったのでしょう。全部捨てたらいいなら楽なのですがそうはいかないところが厄介です。

    そしてそれに合わせたように歯科医院の売却の話が持ち上がってきました。今度はそちらのほうの片付けをしなければなりません。これも見ただけで眩暈を起こしそうです。それでなくても私は常に眩暈があります。それでもここ数日でかなり前進しています。「千里の道も一歩から」 水前寺清子さんの歌にありましたがこれは真理ですね。歌には真理を表したものが一杯あります。

    じっとしていては少しも進みません。とにかく前進していけば何とかなります。それにしても物質の何と重いことでしょう。物質に押しつぶされそうですが物質は唯の物質、こちらの意志次第で必ず処理できるでしょう。

    コメント

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    妻との幸せな20年間の経験。

    妻との死別で絶望的な悲しみの経験。

    妻との死別から1年たち やっと妻との死別を受け入れられるようになった今。

    妻が魂の世界に先に行って、私がこの地上界に残ったのは、私にはこの地上界で学ぶことがまだまだあるということですね。

    私の地上界での学びの時期は残り少なっくなってきましたが、悔いの無いように1日1日を大事にしていきたいと思います。


    No title

    コバチャン本舗さん
    一年で離別を受け入れることが出来るようになられたのはやはり霊的真理の知識によるものが大きいのでしょう。またこれから為すべきことがあるから早く立ち直れることが出来たと言えるかもしれません。それも摂理が働いたのでしょう。

    あちらに旅立った人にとって地上世界に残った人がいつまでも自分との別れ(物的な別れ)を嘆いているのを見るのはとても辛いことだと思います。「いいかげんに前を向いて生きてくれよ、自分は今少しも不幸ではなくこの世の重荷から開放されて幸せなのに」。と言いたいことでしょう。

    きっと奥様も喜んでいますよ!

    こんばんは^^

    大空さん、物質界の荷物の整理はたいへんですね。
    眩暈があるのとのこと、お加減はいかがですか。
    じゅうぶん休息をとられてくださいね。

    私も、物質界から旅立つときのために、
    不要なものを整理したいと思って、
    すこしずつ始めました。

    なんでもとっておきたい性分なので、
    クローゼットは満杯ですi-201

    長男のものは、けっこう早い時期に
    友達にあげたり、捨てたりしました。
    正気でなかったのか、
    机やソファーやゲーム機などの、
    高価なものまで捨ててしまいました。

    でも、やっぱりそれも不要なものですから、
    結果的には正解でした^^

    あの世に持っていけるものは、
    愛情や体験したときの想いですよね。
    だから、今は、ほしいものがあまりありません。

    いつも大切なことを教えていただいて、
    本当にありがとうございます。

    No title

    ねこうさぎさん

    いらないものを捨てるというのはエネルギーが必要ですね。
    未練心を断って思い切らなければ出来ません。

    やっているともう面倒くさくなって、これもあれも捨ててしまえとなることがあります。
    行き過ぎくらいで丁度いいのかもしれません。何年間もあることさえ忘れていたものはまず捨てても後悔することはないでしょう。

    私の場合、今は全工程の半ばというところでしょうか。医院に行くと細かい道具が際限なく出てきます。中には36年前の開業の時に買い込んでいたものがあります。今まで一度も使ったことがなく、もちろんあることさえ忘れていました。

    根を詰めてやると持病の眩暈や吐き気がしてきます。休み休みやっているので時間がかかります。でもこの世にいる間に物質の整理をしておかないと後の者が困りますからね。
    またそういうものを持ってあちらの世に行くことも出来ませんから、今やるしかないのです。

    非公開コメント