04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    神の摂理と自由

    2014.06.27 13:50|インスピレーション
     あなたは何をやってもいいのです。但し摂理の中での自由ということです。摂理に反することをすれば必ず後で苦しみを味わうことになります。苦しみはどこかで神の定めた摂理(宇宙のルール)に違反することで生まれます。
     



    補足

    私達の行為や思念は常に神の裁定を受けています。その機構は人間の理解の及ぶものではありませんが一つだけ摂理に沿って生きるための簡単な方法があります。それは良心の声を聞くことであり極めて単純なことです。判断の際に自分の良心の声を聞くようにすれば間違いは起きないということです。世間の目を気にして自分の良心の声に反するような事をすれば結局後で後悔することになるでしょう。

    勇気がないために自分の良心の声をわざと無視している人が多いように思います。良心の声は信念につながるものであり、実行するには少しばかり勇気が必要だと思います。

    コメント

    良心は知っていますね

    大空さん、こんばんは^^
    うれしいお話をありがとうございますi-80

    「良心の声を聴くこと」で、思い出しました。
    私も2月にブログに書いたんです。

    「善」の最高基準である「良心」の働きを知りました。
    「良心」は、教えられなくとも、「善」を知っているのですよね。

    「良心が痛む」ということは、
    「その行為が悪の方向である」ことを伝えているのですね。

    つまり、宇宙のルールは、自分が一番よく知っているということ。

    単純なことに、真理が隠されていますねi-265
    私たち人間に、神性が宿っているということかなーなんて^^

    ほんと!
    少し勇気がいるのですが、自分のことを信じていきたいです。
    ときどき周りの雑音に、揺れてしまう私を、正していきます^^
    いつもありがとうございます^^

    No title

    ねこうさぎさん

    コメントありがとうございます。

    真理は至って単純なのに私たちは時々そこから外れてしまいます。
    余計な事を考えるあまり回り道をしてしまうようです。そして色々自分で言い訳を考えます。

    確かに真実を通すためには色々と邪魔者があります。でもそれに負けない強さを養うために私たちはこの世に来ているのでしょうね。

    No title

    これまで、誰にも良心は宿っているのだ、と思っていました。

    でも、息子の事故の加害者たちやその家族、加害者の真実を曲げる言い訳を弁護する弁護士(この弁護士に逢って、弁護士に対する見方が180度変わりました)、はたしてこの人たちに良心はあるのだろうか、と思ってしまいます。

    良心があるのなら、痛むことは、ないのだろうか・・・

    それとも良心はあっても、自分にとって益にならない関係、敵対する関係では、その良心は働かないのか・・・

    私は加害者たちに、そこのところを本音で聞いてみたいです。

    『胸が痛むことは、まったくないのですか?それが、あなたの本当の気持ちなのですか?』と・・・



    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    いま 一人暮らしの我が家ではリビングに仏壇を置いています。

    他の部屋はほとんど入らず 寝るときも仏壇の隣に布団を敷いて寝ています。

    寝るときは部屋の明かりは仏壇のロウソク型の小さなランプだけです。

    クラシックを聴きながら 腹式呼吸を数分した後に、妻にいろいろ聞きます。

    あれはどうしたらいいか これはどうしたらいいか などなど

    そして いつの間にか寝ています。

    次の朝に劇的に何かが下りてきたような派手なことはありませんが、なんとなく自然とすることが決まったりしています。

    そのなんとなく決まった通りすると 結果がいい悪いに関わらずなんとなく納得している自分がいます。

    きっと決められたことは良心に反することがないので納得している自分がいるんですね。


    妻が亡くなった時 どうして助けることができなかったのかとずいぶん自分を責めました。

    しかし 霊的真理を知り、妻の闘病の時に私は私なりに精いっぱいのことをした結果、決められた通りに妻が先に魂の世界に行っただけの事がわかりました。

    自分の良心に従って 妻の為に精いっぱいできて本当に良かったです。

    保険のきかない高額な代替治療をしたので今 私には大きな借金が残っています。

    でも 本当に良かったです。今ある借金に対しても感謝したいくらいです。

    その借金に私の良心があるような気がしてうれしいです。

    No title

    ゆきこさん

    その人達も心の深いところでは感づいているはずです。
    しかし目先の利益のために良心の声を無視しているのでしょう。
    本当はそれは利益になるどころか将来に禍根を残すことになるのですが。

    そういう生き方をしている人が多いですね。悲しいことです。
    私はそういう例を見る度に自分はああなってはいけないと自分に言い聞かせることにしています。

    No title

    コバチャン本舗さん

    奥様の治療のための借金は真心の表現ですね。そういうものはあちらの世界に行くと実態を伴って感じられることでしょう。お金を使って唯の贅沢をしても何も残らないと思います。

    奥様への語りかけは全部通じていると思います。そういう時は心が純粋になっていますから直接あちらに響くでしょう。睡眠中に色々とアシストをしてくれているでしょう。そして翌朝は迷うことなく自分の勤めを果たせるというのは素敵ですね。

    非公開コメント