07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    悩みや苦しみの意味

    2014.10.02 10:28|インスピレーション
    IMG_0037.jpg

    何の問題もない人生というものを想像できますか?人々は嫌なことや苦しいことが無かったらどんなにいいだろうと思うかもしれません。でもそれでは人間は成長することが出来ません。悩みや苦しみがあるから成長できるのです。何の悩みもない極楽のような人生を送っていては人間は堕落してしまいます。

    この世を去った後で人生を振り返る時、見方はそれまでとは違ったものになります。今は一部しか見えていない事ももっと大きな視野から見渡せるようになってきます。あの時の苦しみが自分を成長させてくれたと思わず感謝の気持ちが湧いてくるでしょう。

    人がこの世に来るのは何度も転んでは起き上がり、そこから学ぶためです。ですから極楽のような人生はあり得ません。この世で苦労する程、あの世では幸せを味わうことが出来るのです。


    コメント

    こんにちは

    はじめまして、
    勘違いをしたまま亡くなった人が、死後真実を知ることができるのでしようか?
    そのようなことを知りたく検索していましたら、一か月ほど前に
    大空さまのHPにたどり着きました。
    私は数か月前に高齢の大叔母を病気で亡くしました。
    大叔母は子供がなく私は、大叔父の死後養女として大叔母の手助けをしてまいりました。
    ところが、ある人が大叔母に接近し養女となってしまいました。
    大叔母の死後、その人が書かせた公正証書遺言が出てきました。
    その内容が私のことを、侮辱するような内容で唖然としています。
    人生観が変わるほど悄然としています。
    もちろん弁護士には相談済みです。
    間違った認識のまま亡くなった大叔母は死後、真実を知ることができるのでしようか?
    大空様のHPには、今の私の助けとなる言葉が書かれており日々読みふけっております。
    ありがとうございます。

    No title

    蝋梅さん

    個人差があると思いますが人間は死後には必ず事の真実が分かる時が来ます。
    叔母様がそのことに気づいたならばなんとも言えない気持ちになると思います。
    そしてあなたに対して申し訳なくて居ても立ってもいられないでしょう。

    あちらからごめんなさいと言い続けているかもしれません。それは叔母様にとって苦しみとなるかもしれません。蝋梅さんの出来る事はこちらからいたわりの念を送ることでしょう。
    「叔母さん、もういいのですよ。それはあなたの責任ではありません。そのことはそれを仕組んだ人が責任を負う事になります。この世のことはもう終わったのです。これからはそちらの世界で精進してください」

    私ならそうします。そしてそれを仕組んだ人は将来自分が巻いた種を刈り取る時が来ます。
    それは決して逃れることが出来ません。それが神の摂理です。

    No title

    知人などから、孫や子どもが生まれたと知らされると、『おめでとう』と口では言いながら、本当におめでたいことなのだろうか、と心で思ってしまいます。

    理不尽や利己主義が当然のようにまかり通る地上が、いいところだとは思えないので・・・。

    でも修行の場だと考えると、致し方ないかもしれません。


    心が疲れると、手つかずの美しい自然の風景、美しい音楽、美しい絵などに、心が向くのも、そこに天界の清らかな世界がわずかでもかいま見れるからかもしれません。


    亡くなった息子は、音楽が好きで、バッハの曲が好きだったようでした。
    私はあまり興味がなかったので、そのことについて詳しくきいたことがなかったですが、最近どの曲が好きだったのだろうか思い、聴いてみたりしています。



    心が洗われるような美しいものを求めている気がします。

    これまでいろんなことがありすぎたので、心の疲れを取る時期なのでしょうか。

    No title

    ゆきこさん

    人は心の成長とともに音楽でも心洗われるもの、静かで魂の奥底に響いてくるものを求めるようになると思います。騒々しいものは不快になってくると思います。清らかな自然のエネルギーに接すると満たされるのも同じだと思います。

    霊界ではこの世に生まれることを決心した者と泣いて別れを惜しむということです。地上生活を終えて霊界に帰った者と歓呼の再会をするそうです。そのように価値観が逆になっているのですが、それはなかなか理解されないことでしょう。
    でも真実だと思います。

    No title

    大空さま こんにちわ。

    2回目のコメントですが、いつも拝見させていただいております。

    今回の「悩みや苦しみの意味」・・
    今まさしく、人間関係のもつれで悩み、苦しみの中にいます。

    このブログを見て、改めて今が踏ん張りどころなのかな。
    泣いたって喚いたって状況は変わりません。
    誰にも相談もできず、愚痴も言わず、原因を探しながらひたすら耐えてます。

    このブログを見て、そうか。私は学ぶために地上にいるんだと思いました。
    少し気持ちが楽になりました。

    このタイミングで教えてくれたこと。
    これも神様のメッセージなのかな。

    頑張ります。
    ありがとうございました。

    No title

    さくらさん

    自分が良心の声に従い、信念を持って生きているなら何も恐れる必要はないと思います。
    今の苦しみはいつまでも続くものではないと思います。使い古された言葉ですが「朝の来ない夜はない」のですから自信をもって生きられたらと思います。

    この世の人は平気で裏切りますが、さくらさんを保護してくれている霊は決して裏切ることはありません。そして全てをわかってくれています。

    苦しみの意味はこのブログの言葉の通りだと思いますが、世の事は自分が思うほどに深刻ではありません。大体が過剰に心配しているケースが多いです。それが取り越し苦労です。毎日を楽天的に、精一杯生きればそれで十分ではないでしょうか。
    非公開コメント