03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    霊界通信の話

    2014.12.24 11:09|真理を求めて
    豊島

    今日は何か通信がありそうだなと感じると私は一人になれる場所に移る。大抵は神棚のある部屋がその場になる。これまでもそこが通信を受ける場所になってきた。しかしリタイアの身とは言っても何者にも邪魔されずに自分一人の時間を持つのはそう簡単な事ではない。


    望みどおりの環境が手に入るとこちらから相手に対して思念で語りかけるのである。それはこの世の人間同士と同じであり、違うのは言葉に出さないことだけである。


    「おはよう!元気にしているかい?」という具合である。


    この世とあちらの世界ではバイブレーションに違いがあるのでそれを調整する自動翻訳機のようなものがないと解読することが出来ない。あちらの人間は地上の人間の思念を理解出来るのにその逆が出来ないのである。


    相手から伝わってきたものを全部記憶出来ればいいのだが最近は歳のせいか内容を忘れてしまう。大切なものを忘れてしまっては申し訳ないので筆記用具が必要になるというわけである。メガネも必需品である。


    こういうものを受け取るには背後霊の力なしには出来るものではない。あちらで通信網を用意してくれていて彼らが必要と認めたものがこちらに授けられているようである。私の場合は何の縁もない相手から受け取ることは難しく何かの縁や繋がりが必要である。その意味においてもこちらは唯の霊界の道具なのである。この話は旧ページにも載せたかもしれない。


    霊界通信によれば地上近くにそういうエージェントが待機していて地上の人間の能力の度合いをあらかじめ調査しているようである。この情報を受信するには誰がふさわしいかということを決めているらしい。大半の事はあちらでお膳立てをしてくれていて、最後にちょっとだけこちらの出番が来るようである。



    コメント

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    大空さんの霊界からのお話は大変 楽しく いつも勇気をいただいております。

    また 信念の強化にもなっております。

    私には 大空さんのような霊的能力は今 ありませんが、神の摂理に従って、利他愛の実践などを行っていると そのために必要な能力を与えていただけることでしょう。

    妻が他界した当時は 妻と話がしたいと思いましたが、今は流れにお任せしています。

    今は妻の痛みの苦しい姿ではなく、笑っている姿がイメージできるようになりました。

    私がむこうの世界に行ったときに再会できるのは間違いないので別に今はどうしても話がしたいとは思っていません。(ちょっと 強がり 笑)

    大空さんの霊界通信を読んで 勇気を得ている人はたくさんいらっしゃるとおもいます。

    これからもよろしくお願いします。

    No title

    コバチャン本舗さん

    親族や友人からの通信が少しでもお役に立てているなら光栄です。同時に私はその事に大きな責任感も感じています。嘘や作り事をしたりすれば後で必ず責任を取らされることになるからです。

    霊能力はこの世では抑え込まれている人が多いと思いますが、ここを去って故郷に帰れば皆霊能力者になります。今は出現しないほうがいいから出てこないのでしょう。その辺の事情は個人差が大きいと思います。

    利他愛の実践、それが建前でなく自然に出来る人は霊的な成熟度が高いと思います。それが成長度を現す指針のようなものでしょう。私も日頃の出来事の中で自分が今やっていることはどういうことなのかと考えてみるようにしていますが反省点ばかりです。
    非公開コメント