09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    人生の出来事の本当の意味

    2012.07.11 14:24|インスピレーション
    霊の目で物事を見ることが出来れば今までの人生の出来事の本当の意味がわかるでしょう。それぞれの出来事は大切な学びであったはずです。中には生まれる前から計画されていたものもあったでしょう。あなたはもう十分に学び終えたでしょうか? 仕事をする事によって我慢と忍耐を養うことが出来たでしょうか? 真理を知りたくて追求した地上の宗教がどういうものか理解出来たでしょうか?

    コメント

    人生の目的について

    mmさん
    コメントをありがとうございます。人生に悩みや苦しみは付き物ですね。霊的真理を学ばれているとのことですので現在の状況をご自分で把握、理解されているように思います。私ごときがこうしたほうが良いなどと口を挿むことは何もないように思いますので、ここ数年私が感じていることをお話ししたいと思います。その中からもし何か一つでも納得頂けるものがあれば幸いです。

    日頃の生活の上でも予期せぬことが起きてパニックになりそうになったり自分の心が動揺することがあります。そういうときは直ちに反応せずに少し間をおけば後で自然に良い方法が見つかっていることがあります。人間の浅知恵といいますか人は普通五感を通じて物事に反応します。五感は肉体のレベルですからどうしても視野が限られてきます。その瞬間霊的な次元で物事を判断出来たらいいのですがそれが出来るならこの世に生まれて来ないでしょう。

    直ちに結論を出さず少し間をおいて難しいことは神にお任せするという気持ちでいるとその間に相手が変わっていたり、自分の心も落ち着き冷静に物事を観察できるようになっています。そこでその時点での最良の結果というものが導き出せるのではないかと感じています。

    それから私が最近心がけていることは自分の心を観察するようにしています。ところがその時は分からず後でああ、あの時は自分の心はあんな状態だったのかとわかります。その時にわかればいいのですが。人は他人の事はわかっても自分の事が見えません。難しいことです。

    人生の事は本当に修業だと思います。人の心は揺れ動き自分の想像でいろんなものを作ります。本当は考える必要のない事ばかり考えているのです。私もできるだけ余計な事を考えないように努めていますが簡単ではありません。

    自分が霊的に成長すれば相手の事が許せるようになると思います。そしてその相手に憐れみを感じるようになれば自分が成長した証なのでしょう。
    それから6月2日のインスピレーション「神の教育」はそういう人生の試練は神の教育なのですよということを表現したものだと思っています。
    非公開コメント