07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    摂理に叶った生き方を

    2015.02.10 16:20|インスピレーション
    道祖神 1

    間違った生き方から苦しみや不安が生まれるのです。摂理に叶った生き方をする程、そういうものが減ってきます。故にそういうものに悩まされる時は自分のこれまでの生き方に問題はないか振り返ってみる必要があるのです。

    コメント

    お住まいのところでは、雪がたくさん積もったのですね。

    お写真は、お雛様?なのでしょうか。


    摂理違反なんかしていないとうそぶいてみても、今置かれている状況が、ごまかしようもなく如実に物語っています。

    今生だけでなく、過去生でも、いろいろと悪いカルマを積んでしまっていて、積んでしまった悪いカルマは、苦しみながら、自分で清算していくしかないのだろうと思います。

    逃れたり、楽して一気に清算できる都合のよい話しは、決してないのだろうと。

    No title

    ゆきこさん

    この写真は野沢温泉の道祖神です。先週、小旅行で行きました。私のところはこんなに雪は降りません。

    これまでに私はあちらの世界に行った人たち(縁のある人に限りますが)がこの世の重荷から解放されて伸び伸びと暮らしているのを肌で感じています。この世の私たちは肉体と共にカルマを背負っているのですからある程度の苦しみは避けて通ることは出来ないのでしょう。

    でもごく一般の人はあちらに行けばこの世よりも幸せを感じて暮らせるのは間違いないと思います。悪行を積んだ人は別として。ですから出来るだけこの世にいる間に霊的真理を勉強しておく必要があると思います。

    私は毎日を神にお任せしてああしなければいけない、こうでなければいけない等と余計な事を考えないようにしています。つい余計な事を考えてしまいますが、出来るだけそう努めるようにしています。

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    私は妻の死別の苦しみを霊的真理を手にすることで乗り越えることができました。

    知識として知ってからも半年以上は苦しみからのがれることができませんでした。

    しかし 一周忌の10日後ぐらいに突然 妻が霊的世界で幸せにしているのが心から実感できるようになりました。

    前日まで泣いていたのに突然 悲しくなくなったのです。

    この体験は私にとって貴重な体験でした。

    365日泣き暮らしていた男でも愛する人が霊的世界で幸せにしていることだけを信じているとその苦しみを乗り越えることができるのです。

    私は泣き虫なので1年かかってしまいましたが。。。

    この霊的真理で救われた体験を愛する人を亡くして苦しんでいる人にどうしても伝えたいです。

    私に霊的真理を手渡して頂いた理由は、この体験を伝えるためだったのかなと感じています。

    私の体験が少しでもお役にたつように神にお任せしたいと思います。


    食事に働く摂理とは

    「分け御魂」として神(大霊)の魂を抱きながらも自由な生き方を与えられているため我が生まれ、欲にまみれ、神様のおぼしめしとはすっかり違った生き様になってしまっているのではないでしょうか。人間について神様は、自然と調和し、動植物と共存するよう設計されたものを食事の面一つを取っても、牛を殺し、豚を食べています。生き物を慈しむ気持ちは薄れ、その結果は畜殺時の恐怖心で血液は濁り、挙句は摂理が働き発がんとなって病に苦しむ。摂理は食事の面一つでも厳しいものですね。
     自由な生き方が選択できるので、今はモノ、カネに執着し、氏神さまへの参拝も「宝くじに当たりますよう」など我欲なお願いばかり。
     このような世情から、少年時代にS教団のT総裁が「我としての自分はない。神の子の自分があるだけ」といわれていたのを思い出しました。その通りだとつくづく思います。
     私はリタイア後で十分な活動は出来ませんが、せめて氏神様参拝には「すべての人が救われ、シアワセでありますように」との祈願をするようになりました。
     あちらに逝ってからの修行よりもこちらで気づいた真理を実践できれば、と思います。
     とは言え、これまでの過ちや罪は思い出す度に慄然としています。カルマも病も慈愛の一環、といわれます。そこまでは、まだその心境には至りませんが、学びと禊ぎ、大事なことですよね。
     ありがとうございます。

     
     

    No title

    コバチャン本舗さん

    小林さんのような人が少しずつ増えていると思います。
    短期的に見ると後退しているように感じることもありますが、神の計画はどんなことがあっても達成されるでしょう。全宇宙を支配している法則ですからそれが挫折することはありません。

    No title

    kuny さん

    地球上の生き物で人間だけが自由意思を与えられています。自由意思が有るために人間は様々な過ちを犯します。でも自由意思というものがなければ個霊としての進歩はありません。

    あちこちで神の摂理に頭を打たれながら反省して向上していくのが人間の姿なのでしょう。失敗して思い知らされるのですね。私の人生を振り返ってもその連続でした。思い出すのも恥ずかしいものがあります。

    神の摂理のハードルは成長に従って高くなっていくようです。
    七転び八起きですね。私たちは皆そうではないでしょうか。
    非公開コメント