04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    自分の道を

    2015.03.28 11:34|インスピレーション
    昌徳宮

    貴方の人生はほぼ計画通りに進んでいます。何の心配もいりません。世間の雑音を気にする必要はありません。それらはあなたに対して何の影響も及ぼしません。何故なら住む世界が違うからです。


    あなたは自分の道を進めばそれでいいのです。余生は自分に与えられた使命を全うすればいいのです。







    補足
    このメッセージの内容はどちらかといえば私自身に向けられたものです。
    写真はソウル王宮の景福宮で、かつての国王が政務をとった勤政殿の内部です。

    コメント

    私もそのように

    貴方の人生はほぼ計画通りに進んでいます。何の心配もいりません。


    私もそのように生きたい。
    けど、こんな適当に生きていてはだめですね。

    春めいてきましたね

    大空さん、こんばんは。

    「住む世界が違う」
    と、感じる人がときどきいます。

    世間の雑音を気にする必要はないと、
    そう思えばよいのですね^^


    光化門や慶会楼(キョンフェル)の写真、
    なんだかうれしいです。
    景福宮は、何回も行きました^^

    計画通りの人生なのですね。

    大空さま

    いつもありがとうございます。

    今回の「自分の道を」は、まるで私のために綴ってくださったような
    気がしました。

    計画通りに進んでいる人生なのに、ともすれば外野の声を気にしたり
    それに振り回されてしまいそうになる自分が居ます。
    でも、何の影響も受けることはないのですね。

    今まで貫いて来たとおり、「私らしく、私のペースで、私に出来ることを」
    続けて行くことこそが、使命を全うするということなのですね。
    頑張ります。

    連投すみません。

    景福宮の勤政殿の写真をUPしてくださりありがとうございます。
    何度か訪れたことがあるので、とても懐かしく拝見しました。

    とおい過去、李氏朝鮮王朝の王様が政務を摂られた玉座ですね。
    朝廷や側近たちの雑音に心を奪われず、自らの心の声にぶれることなく
    民のため、国のために自分の道を進んだ王様は、有形、無形にかかわらず
    いくつもの素晴らしいものを朝鮮王朝に、ひいては現代の韓国に残されましたね。

    次元や立場は違いますが、見習いたいところです。




    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    先日 お話させていただいたように一部屋を完全にシルバーバーチの部屋にしました。

    そこにはCDプレーヤーとシルバーバーチの霊訓の本しか置いてありません。

    部屋の真ん中に4人座れるダイニングテーブルを置いています。

    そこで毎朝 お祈りのCDを聴いて、お祈りをしています。

    霊訓もそこで読んでいます。

    いつでも霊的同士が来ていただいてもいいようになっています。

    大空さんのおっしゃるようにもうすでに聖なるスペースになってきました。

    その部屋に入る時 心が引き締まるのを感じます。

    部屋の片づけをしながら妻の物の多く処分しましたが、今 霊の世界にいる妻への実感がまだまだだなあとつくづく感じました。

    この部屋で霊的に成長できるようにして参ります。

    これが私の進む道です。

    やっと自分に与えられた使命を全うできる準備が進んで参りました。



    No title

    ダメ母さん

    大抵の事は自分が思っているほど悪くないものです。
    人は自分にしかできないものを持っています。
    信念を持って生き続ければほぼ計画通りの人生になっていくのではないでしょうか。

    No title

    ねこうさぎさん

    この世は一人ひとり成長の度合いに応じた世界に住んでいるのですから人の言うことをいちいち気にしていたら身が持ちません。唯我独尊になってしまっては困りますが必要以外はあまりに違う人は相手にしないに限ります。

    あの時のソウルは一日中雨でした。雨の景福宮を歩いて回りましたがびしょ濡れになってしまいました。9月の前半でしたが日本と違って寒かったです。もう1年半になりますが懐かしいです。

    No title

    ルナさん

    自分の心は御しがたく、ともすれば信念がグラついたりするものです。
    でもそれは外野席のせいではなく自分の心の弱さが作るものと自分に言い聞かせています。人生は自分との戦いでもありますね。

    ソウルの古宮は朝鮮王朝の権力と栄華が偲ばれるもので私にとっては初めての訪問でした。どこにおいてもどの時代でもリーダーというものは孤独に耐えなければならないでしょうね。人知れぬ苦労があったことでしょう。

    No title

    コバチャン本舗さん

    そうですか。今後が楽しみですね。
    家や部屋はそこに住む人間の心を反映しますから清らかな心の人ならば善霊が近づき、濁った心の人にはそれに相応した霊が近づいてくるでしょう。

    空き家などは外から見ても生命力の抜けた物質の塊のように見えます。そこの家の住人が生き生きとしていれば家も輝いて見えるものです。家に命を与えているのは人間ですね。

    はじめまして。数年前から、拝見してました。ご無理をなさらずに、細く永く続けて行かれますように願っております。とてもよいメッセージをお受けとりになっていますね。自分をよい状態に保つだけでも、本当に大変ですので、負担の大きな時にはお休みになってくださいね。

    今生では、これまで経験してきたことを経験する必要があったのなら、計画通りということでしょうか。

    私には、さっぱりわからないのですが。
    いろいろと後悔ばかりで。


    計画通りなら、辛い経験でしたが、これらの経験を踏まえた上での役割があるということなのでしょうか。

    ごくごくささやかなことくらいしか、できそうにもありませんが…。

    No title

    TOM さん

    ブログを見て頂いてありがとうございます。
    ゆっくりとほそぼそとしか出来ません。こういうことは急いでするようなものではありませんし、今の体調からしても自分の出来る範囲のことをしています。これからもよろしくお願いします。

    No title

    ゆきこさん

    このメッセージの内容は自分に向けられたものだったので公開しないでおこうかと考えていたのです。でも霊的に見れば違う角度から自分の直面していることを受け取るようになると思うので公開しました。

    不幸と思えることが実際にはカルマが解消できて必ずしも不幸とは言えないこともあります。また幸せと感じることが霊的に見ればそうでないということがあります。難しいことかもしれませんが物事を霊的視野で捉えていくことがこのブログのテーマだと思っています。

    そういう視点からみてあなたの人生は計画通りに進んでいるということをこのメッセージは伝えていると思っています。
    非公開コメント