04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    人生の命題

    2015.05.07 09:23|インスピレーション

    choko 2    

    取るに足りない事を気にしていてはいけません。
    そういうものは本当はどうでもいいのです。

    それらは道端の石コロと同じです。あなたにはもっと大切なものがあります。
    自分の人生の目的を成就すること、それが命題なのです。

    知らない人達に真実を教えてあげること。

    迷える人たちの闇路を照らす灯明となってあげること。

    それがあなたの使命です。


    追伸
    これには注釈が付きます。
    知らない人や迷える人に闇雲に真理を説いてもそれは馬の耳に念仏となります。
    人間は真理を受け入れる時期が来ていなければわかりません。
    あくまでも時期が来た人は霊界からの導きによって連れてこられます。

    このメッセージは日頃、つまらぬことを気にしがちな私自身に対する説教なのです。
    写真の犬も色々なことを気にしているようです。人が考える以上に犬には犬の悩みがあるようです。

    コメント

    No title

    大空さん

    いつもありがとうございます。

    見返りなどもちろん求めずに、ただただ霊的真理を時期の来た人に手渡していくことを願う霊界のたくさんのみなさん。

    そのみなさんにお尋ねします。
    私のブログがその道具になりますか?
    私の動画がその道具になりますか?

    私のブログや動画が霊的真理の導きのきっかけの道具になればこんなうれしいことはありません。



    ありがとうございます。

    大空様

    ありがとうございます。

    No title

    コバチャン本舗さん

    霊界の皆様に代わりご返答します。

    立派な道具になっているではありませんか。

    自信を持って進んでください。

    No title

    ダメ母さん

    勇気と確信を持って進んでください。

    それに応じて道は開けてくるでしょう。

    ダメ母さんどころか、しっかり母さんですよ!

    はじめまして

    はじめてこちらにお邪魔いたします。
    突然のコメントをお許しください。

    私は311の東北の大震災で被災しましたのを契機に
    この世のあり方や、生き方を考え直しはじめ、今に至る者です。
    地震や自分の身の上に起こったいろいろな問題から不思議な体験も多少したりしまして、
    人生観が180度変わる過程で、どうしても説明がつかなくて
    悩み迷っているときに、こちら、大空さんの以前のサイトに遭遇しました。

    わたしの知らない世界のことに、片足を突っ込んだ状態で、どのように自分の中に
    収めて良いのか悩んでいた時期で、大空さんの天やあの世から伝達されるお言葉はとても励ましてくださいました。そしてたくさん勉強させて頂きました。

    そして、まだそれほどはっきりとは分からないながらも
    変わってしまった自分の価値観でこの世を生きなければならない生きにくさと
    日々格闘しています現在も、たびたび、ブログを拝見しては指針を頂いておりました。
    本当にありがとうございます。

    今までは自分の中で、新しい世界観を自分の中に落ち着けるだけで
    精いっぱいであったので
    周りの人についてそれほど悩まなかったのですが、
    最近は、自分でも生きる意味について確固とした信念が芽生えてきたせいか、
    余裕ができたのか、身近な……特に家族の行動が、
    まるで愚かな以前の自分を見ているかのようで
    ついつい余計な口出しをしてしまったりします。
    また、話してもまったく分かり合えないことで、とても悲しくなってしまったりで
    なかなか心を大きく保てないことが続いておりまして、
    今もちょうど……本日のこのブログの記事に諭された気がして、少し救われました。
    気付けない人は、以前の自分と同じで、どんなに言っても理解できるはずがないのもよくわかります。
    しかし、一緒に同じ空間に四六時中顔を突き合わせていれば、おのずと、
    自分の知りうることを伝えたいと思う事も仕方のない事かとも思って自分を慰めておりますが、
    そういう家族に対して、イライラしたりしないように、と、いつも自分で戒めもしておりますが……難しいものです。

    あの世の成り立ちは、わたしにはまだ全然わからないことばかりで
    あの世にいる方々から、偶然のような気付きは懐かしさなどの形でいろいろ
    教えていただいたりもしておるようですが、
    霊的な能力はわたしは持っておりませんので、自信をなくしてしまうことも多々……

    もうこの世のルールで生きるのも疲れたなと思う今日この頃です。(自ら死を選ぶとかは全然考えておりませんので大丈夫ですが)

    真理がなされなくて当然の世の中なのでしょうが
    気付いていしまって後、そ知らぬふりで過ごすのは大変厳しいものです。
    どうぞこれからも、あの世からの声をいろいろと教えてくださいますようお願い申し上げます。
    いつも本当にありがとうございます。

    長々と失礼しました。乱文、誤字、どうぞお許しください。


    No title

    そらさん

    コメントをありがとうございます。あの東北大震災で極限の体験をされて霊性に目覚められたということですね。

    私はこれまでの被災者の方々の苦難を想像するしかありませんでしたが唯一つ言えることは天災とて偶然ではなく起きるべくして起きたものであること。そして被災した方々はそれに遭遇すべく運命の糸に引かれていたのではないかと感じています。

    そのことは旧ホームページのカテゴリー「死後の世界」の中の38番、”霊界の救出班”において言及しております。それはこのブログのリンク先でもある「ともしび」の武本先生の奥様から頂いたメッセージです。

    この度の天災を契機に真理に目覚めた方は他にもおられると思います。そういう過酷な体験をして霊的覚醒が得られるという事は皮肉なことかもしれませんが、目覚める為には肉体も含めて財産など物質的なものは永続的なものではないこと、永遠の人生において一時的にそれらを借りているに過ぎないことを知る必要があるということでしょうか。

    私はそう解釈しています。

    目覚めが起きるとどうしてもまだ目覚めていない人達と接すると心が共振しなくなります。意識のバイブレーションが違ってくるので彼らとは住む世界が違うという感じがしてくるものです。それでもやがては自分の中に寛容生が育ってきて彼らを受け入れることが出来るようになると思います。そして少しづつ真理を説く役割が割り当てられるでしょう。急ぐ必要はありません。

    一人ひとり進化のレベルが違う者が同じ場所に住んでいるのがこの世の特徴であり、その意味は霊界に行ってしまうと皆が同じレベルなので違うものに接する機会が無くなり陰と陽の両極を体験できなくなる。成長のためには両極を体験する必要があるから私たちはこの地球に来て学んでいるということでしょう。

    しかし出来ることなら嫌なものは遠ざけたいと思うのが人情ですね。私も嫌なものに近づきたくはありません。でもこれが今の人類の有り様なのでしょう。何千年という月日が経った時、今とは見違えるような地上天国が誕生していることでしょう。これは神の計画に入っているようです。

    No title

    不躾な突然のコメントでありましたのに
    お返事頂きましてありがとうございます。

    まったくおっしゃる通りのことを感じて日々過ごしておりましたので
    とてもお言葉が沁みました。

    このたびの天災で、貨幣価値の幻想と物質所有の幻想、社会的地位の幻想ということなどに気づかされました。まるで崖から突き落とされるような衝撃でした。
    それは天災そのものと、そして天災後の被災生活の中で巻き起こったいろいろな問題によって気付かされたことでした。
    気付いてしまえば、価値観が転換してしまえば、大空さんのおっしゃる通り、
    この世に一本通った天の道というものは
    自己中心的行動や考えを捨て、他者のために奉仕すること、仁とか慈悲とかいわれる心の実践……とでもいうことでしょうか、それはまったくシンプルで、しかし
    この社会で実行するにはとてもとても難しいものであることを実感しました。

    今はその実践のために悪戦苦闘の日々ですが、
    この世で意味があると信じていたものが、実は実体のないあやふやなものでしかない、
    という事実に気づいたときは天地がさかさまになるような失望感と今までの自分への猛反省と、
    同時に、溢れるような感謝の気持ちが止まりませんでした。
    あの感覚は一生忘れませんし、もう以前の自分には絶対に戻りたくないと思います。

    大空さんの、「やがて寛容になれるときがくる」という言葉に勇気をもらいました。
    自分はまったく、まだまだ寛容になれず……しかし一日一日がんばります。

    また、天の道に違わぬようにと決心してから、
    目に見えない方々からの支援を感じるようにもなりました。霊的な能力はないですが、
    不思議と確実にそれを感じるようになりました。
    常に謙譲の心をもち、この世のすべて、支援してくださる存在に感謝をし、身近な人から思いやりを実行できるようにがんばります。

    大空さんの前サイトもまだ全部拝見しきれていないので、以後引き続き勉強させて頂きます。
    本当に、いつもありがとうございます。
    天気や天候も異常が多い昨今です。
    どうぞ大空さん、お体を大切に、お健やかにお過ごしください。

    非公開コメント