05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    汚れを受けない子

    2015.05.11 09:23|インスピレーション


    少しも汚れず、何一つとして罪な事をせずに済むような人生はありません。
    罪な事(法則違反)をしたら後で償えば良いのです。

    中にはこの世の汚れを受けずに旅立つ人もいます。
    大人になる前にこの世を旅立つような人はこの世の垢にまみれてはならない理由があるのです。
    すでに過去生においてそういうものは体験済みなので、それ以上汚れを受けないほうがいいのです。

    そういう子を持った親はそのことをよく知りそういう子を授かり育てた事を誇りに思うべきなのです。

    追伸
    この世を生き抜いていくためには常に聖人君子然としているわけにはいきません。
    時には感情に流されたり、抜き差しならない理由から人を傷つけたりすることもあるでしょう。
    どうしても避けられない理由からそうなってしまう事があります。

    そういう場合は後で自然にそれを穴埋めするような機会が巡ってきます。法則の働きでそうなるのでしょう。
    後で償えば良いというのはそういう意味であり、悪意から人を傷つけたり陥れたりするような行為は論外です。

    私たちは短期的な視野で物事を捉えがちですが長い目で見るようにすると法則の働きがわかるようになると思います。
    私は自分が出来ていないからそう感じるのです。



    コメント

    こんにちは(^ ^)
    ご無沙汰しております。
    いつも勉強かせていただいております。ありがとうございますm(__)m
    こちらの投稿、子供を亡くした親の会の方々のコミュニティーへリンクさせていただきました。きっと心に響く方もおみえになると思います。
    いつもありがとうございます。
    感謝しています。

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    社会に出て 汚れを多くに身に付け、汚れた心から今、思い起こすと恥ずかしいことをたくさんしてきました。

    50代で霊的真理に出会い たくさんの汚れを少しずつ 落とす努力をしている最中です。

    汚れ無く生まれてきて 生きている間に多くのけがれを身に付けたのを晩年また汚れをなくしていく。

    この地上界での汚れを付けた体験と汚れを落とす体験が私にとって重要なんでしょうね。

    なるべく 多くの汚れを落とし 霊界での活動に備えたいと思います。


    No title

    もっちゃん

    お久しぶりです。

    この記事が少しでもお役に立てるなら嬉しいことです。

    この世とあちらでは価値観が逆になっているものが多いと思います。

    この世の人たちの多くが悲しんでいる家族の他界も霊界ではそうではないのですね。

    地上世界での修行ご苦労様。卒業できてよかったね。地上の人たちにはわからないけど何とかして本当のことを知ってもらいたい.....。

    そういうあちらの人たちの思いをこのページで少しでも伝えられたらと思っています。

    No title

    コバチャン本舗さん

    人生は泥沼の中を泳ぎ回っているようなところがありますね。

    色々な歓迎せぬものがくっついてきます。

    でも知らない間に泳ぎ切っていて気がついたら向こう岸に着いているでしょう。

    その時は一杯歓迎を受けて喜びを味わうことでしょう。そして気がつけばこの世の汚れも
    洗い流されていることに気づくでしょう。

    そうなりたいですがそうならない人もいると思います。

    これからの生き方次第ですね。子供のような純粋さを失うこと無く人生を全うしたいものですね。

    はじめまして。いつも勉強になるお話をありがとうございます。武本先生のホームページに昨年出会わせて頂きこちらにもお邪魔する様になりました。よろしくお願いします。昨年6月に17歳になったばかりの一人息子が昇天しました。まだまだ息子の魂は側に居てくれてると思える時と触れる事も会話もできなくて涙する日があります。息子に再び会える日を楽しみに息子に心配かけない様に悲しませない様にと日々思っていますがまだまだ実行できてない私です。

    No title

    空ちゃんさん

    このページを見て頂いてありがとうございます。

    霊的真理は静かに少しづつ普及しているようです。決して表面に出るようなものではありません。まだまだ知らない人が圧倒的に多いでしょう。

    昔の人にはその知識はありませんでした。今はその気さえあれば真理を十分に学ぶことが出来ます。その学びは一生をかけてのものでしょう。浮いたり沈んだりを繰り返しながら気がつけば理解の進んでいるご自分に気づくことでしょう。ご精進を祈っております。





    非公開コメント