06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    本来の居場所

    2015.06.03 14:31|インスピレーション
    顔

    祈りや瞑想で霊的世界を直に感じ、自分の本来の棲み家は霊界であり地上は束の間の居場所であることが実感できるようになったら本物です。そうなった時に霊界から役割が与えられます。

    それは地味で地上世界の人たちからは存在を認められないでしょう。しかしこの世で見返りを期待してはいけません。将来あなたが霊界に進んだ時にあなたのした事が本当に理解されます。それはこの世では味わうことの出来ない本当の喜びとなるでしょう。

    それだけ地上世界と霊界ではギャップがあります。そのギャップに悩まされるのはスピリチュアリストの宿命的なものです。

    コメント

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    霊界で味わう本当の喜びを感じたいです。
    そのためにこの地上界で霊的成長を続けたいです。
    肉体を持ったがために利己的な自我により苦しみが起こっています。

    その利己的な感情で苦しまずにすむというのはなんと素晴らしい事でしょう。
    そのために今から霊界の道具となって、少しでも利己的な感情を捨てて、霊界で本当の喜びに出会いたいです。

    No title

    このごろ、長男は逝ってしまったというより、変かもしれませんが、大霊のもとへお返しした、というような感覚です。

    No title

    コバチャン本舗さん

    確かによく考えると日常生活での悩みは肉体経由のものが殆どのように感じますね。

    身軽に移動しようにも金や時間などの問題が足を引っ張りますがそれも物質の世界特有のものでしょう。

    あちらに行った人の気配や念はあきらかにこの世の人とは違います。
    交流は言葉を介する必要はなく、直接心が触れ合うという状態と言っていいと思いますが清々しいものです。

    言葉もまたやっかいなもので色々と誤解を生みます。言葉を必要としているのも肉体があるからということになるかと思います。別に肉体を悪者扱いしているわけではありません。肉体もまた神の造作だからです

    他界した人の誰もが清らかというわけではありませんが小林さんの今の心がけなら清々しい状態のあちらの人になれるでしょう。

    No title

    ゆきこさん

    まとめてコメント返信させていただきます。

    気の遠くなるような年月を経て人類は進歩していくのでしょう。
    我々が見るのはその過程のごく一部に過ぎないでしょう。
    今の自分の人生を精一杯後悔のないように生きるしか方法はありません。
    それは誰しも同じでしょう。

    息子さんのほうから色々と思念が来ているのでしょう。
    その影響とゆきこさんご自身の心の整理によって今の心境が生まれているのでしょう。
    非公開コメント