09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    愛に包まれて

    2015.06.22 10:10|インスピレーション
    MOA 2


    祈りの時に愛に包まれ、守られていることを感じるでしょう。一人ぼっちの人間はいません。この世で一人と思っていても実際は霊界から守られ導かれている事を忘れないようにしましょう。

    祈りはその愛に触れる場です。あなたは満たされ喜びを感じることでしょう。

    この世のことしか認識できないから寂しく苦しいのです。本当はあなたの住んでいる世界ははるかに広いのです。

    コメント

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    寂しがり屋なのに1人暮らしのわたしにとって 今静かにお祈りをできる場所と時間があることに感謝しています。
    大霊に祈りをささげ、その中で守護霊と妻を感じるように思いをはせています。


    ところで今朝 急にはっきりとイメージがありました。


    私が霊的世界に行った時のイメージです。

    間違いなく 妻とは再会できます。

    互いに 霊体をまとい、地上界で過ごした時のように楽しい時を過ごす事ができます。

    この地上界での今の私がこれから先 妻への思いが大きくなろうが、おさまっていこうが霊界での再会は間違いなくできるので安心して大丈夫です。

    そして いつか また 妻との別れがあります。

    今回は涙なしの笑ってお別れすることになります。

    この霊界での楽しいひと時を感謝しながら お別れすることになります。

    なぜ 別れるかというと互いに自分のやりたい奉仕的活動があって、それを進めていく為です。

    そして それを進めていくと住むところが変わっていく必要が出てくるのです。

    私がこの地上界ですることは霊界に行った時にする奉仕的活動の準備なんです。

    ですから 今からこの地上界で利他愛の実践を行う事が自分の霊的成長も含めて大事なことになります。



    妻とは再会できます。
    霊界で楽しいひと時を過ごせます。
    互いの成長のために今度は悲しくない、頬笑みあった別れをします。
    二人の出会いが互いの永遠の旅の素敵なひとこまになっていきます。


    今朝 大空さんのブログを読んだ後 このようなイメージが湧いてきました。

    長文で申し訳ありませんでした。

    No title

    コバチャン本舗さん

    素敵なストーリーですね! 

    将来の輪郭が浮かんできたのでしょうか。人が別れと出会いを繰り返すのはこの世も霊界も同じかもしれません。

    違うのは霊界では肉体が無いので重苦しい感情に支配されることがない。
    視野が広がっているので今の自分が置かれている状況がよくわかる。
    だから別れを悲しむ感情が湧いてこないということになるでしょうか。

    霊界に進んだ時、そういう心の状態に到達する為にはこの世での精進が鍵ということになるのでしょう。お互いに自分の努めを果たしましょう。

    No title

    大空様

    先日はありがとうございました。

    こんぐらがった頭を抱えて
    何度もブログのお言葉を読ませていただいていているうちに
    ふと
    なーにも悩まなくてもいいのではないか と言う気がしました。
    正しい道は?自分が取るべき道は?などと思い悩む前に
    なすがままというのでしょうか、
    なるがままに眺めていてもいいのではないか、
    私なりに真心を持っていればいいのではないか。
    有言不実行でいるよりも、今「いい人間」でなくても、
    心の中で悪口を吐きながら悩むよりも、
    私なりの精一杯のまごころを持って
    ただつったっていてもいいのではないか、と。

    本当は広い世界にいる私。
    捉われる必要のない悩みに振り回されず
    見えない力と支えに感謝して
    広い世界を実感できるようになりたいです。

    ありがとうございます。








    No title

    ダメ母さんさん

    そうですよ!

    自分の心が悩みを作っているのです。悩む必要のないことを考えてくよくよしている人が多すぎます。いわゆる取り越し苦労です。それは何の益もないばかりか自分の心身を蝕みます。

    自分で自分を苦しめているなんてこんな割の合わない話はありません。

    真心を持って自分が出来る範囲のことをしていればいいんです。

    そろそろペンネームを変えられたらどうでしょうか?
    私の目には少しもダメ母さんには見えませんけど。

    No title

    こんにちは。
    いつも、ブログを見て色々考えています。

    11才の次女を事故で亡くしたあと、早期にシルバーバーチの霊訓と出会いました。
    死別に対しての悲観は自分の中で納得できるようになってきました。
    現世でいるうちから、日々、霊的に成長できるように心がけるようになりました。

    ですが、残された現在18才の娘との人間関係がうまく保てず苦しんでいます。

    母子家庭で私一人で働きながら育ててきました。母親も元旦那も、次女が事故で死んだのは、私のせいだといいます。(小学校から帰宅後友達の家に遊びに行く時、事故死しました。夕方16時の事故で私は仕事していました。)そんな環境の中でも、当時15才だった長女が行きたいと行った私立の高校へ通わせてあげたいと、節約して(養育費がもらえなかったので)、仕事も家事もやり続けました。大好きな吹奏楽の部活の応援をしてきました。部活の研修でヨーロッパにも10日間行きました。

    しかし、親の財布や仏殿のお供えのお金を盗んだり、家事も手伝ってくれず、してもらって当たり前との態度に、やるせなさと共に憎しみまで抱いてしまいます。
    部活で帰りが遅い長女のために、毎日、野菜中心の食事を作りお盆に世ティングしているのですが、自分の食べた食器を洗わず放置していることが続き、先日、食事を作りませんでした。
    親なのになんでご飯作ってくれんの!!
    と言います。
    以前から一緒にテレビ見たり服買ってくれたりと優しいパパと住みたいと言っていたので、もう、パパと住む?聞くと、
    お母さんが嫌いだけど我慢して暮らしているのに、お母さんも我慢したら!!
    と言います。

    残された家族2人で協力し合って仲良く暮らしていきたいのに、長女に対しては憎しみを感じてしまうのです。

    娘以外の物事には霊的視野に立ち観ることができるのに、長女に対しては寛容になれません。

    高校卒業後は歌手になるために東京に行く予定になっています。何事にも最善の努力をしたいと思っているので、ボイストレーニングに通える準備をしたり、視野と経験を深めれるように、高校で行われるカンボジア研修に参加を勧めたり、私に出来る長女への最良な経験をと考え行動するのですが、あまりにも横柄な態度をとられると、してもらうばかりで感謝の一つもなく、しなければよかったと腹立ちさを感じます。これは無償の愛ではなくエゴですよね・・・

    娘との死別後の私の心が狭く、生活を支え自分の悲観を処理するのに精いっぱいで、長女との良好なコミュニケーションをおろそかにした結果だと思います。

    霊的知識のかけらを手にしているのに、一人しかいない家族である長女ni
    対して、目前の苛立ちの感情を処理出来ない自分が嫌になります。






    No title

    みやさん

    色々とご苦労がおありのようです。苦しみのない人生を送っている人は世界中探しても一人もいないでしょう。

    丁度この間感得したインスピレーションがあり、書き留めていたのですが、私はうっかりしていてそれがあるのを忘れていました。もしそのままの状態が続くと忘れ去られていたかもしれません。

    以下に記します。

    「人間は現在悩みや苦しみがあるほうが幸せなのです。あなたはそれによって自分の課題を消化していることになるからです。

    もしそれをやらなくても課題は将来に先送りされるだけです。自分の課題は一人ひとり違いますが、それらは人間が成長するために必要であり、神からのプレゼントなのです。
    それは神の大愛の表現であり、摂理の働きです」。

    本当にこの世を渡っていくのは楽ではありません。でも身の回りの出来事は無意味に起こっているものは一つもなく全部それなりの理由があります。もしかしたら娘さんの姿は過去の(過去生を含め)あなたの姿だったかもしれません。そしてお母様を悩ませたことがあったかもしれません。みやさんが誠意をもって対応すれば何時しか娘さんの心が解きほぐされる時がくるでしょう。

    霊的には娘さんは理解できているけどそれが肉体を通して表現されるので現在のような状況が生まれているのでしょう。

    現状は忍耐と寛容を養う場かもしれません。時には気分転換をしてご自分を解放されたらと思います。



    No title

    こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    まだ、私の理解は小さくて、納得できないことがたくさんあります。

    地上で困難や不幸と感じる物事は霊的視野では幸せな事である。
    その体験の一つ一つに、自分に与えられている自由意思を使ってどのように対応していくかで、原因と同時に結果が生じていると理解しています。

    長女に抱いた感情に結果が生じ、長女もまた、私に対しての行為に結果が生じ・・・
    長女も、現在の人生や来世でその行為の結果を受けなければならなくなります。

    そうすると、堂々巡りではないかと。
    (世界中で繰り返されているのだと思います。)

    それも人生の一部構成だという納得が出来ません。
    自由意思の範囲で、刻一刻と良くも悪くも変化が生じて行く。
    だから、自分がほんの少し行為を変えれたら、自分も相手もその結果、それに伴う原因と結果が変化していく・・・

    私からこの悪循環を変えるんだと強く決心し、その決心の動機は、原因と結果の法則を恐れるための我慢であったり、長女の機嫌をとって自分が嫌な思いをしないための取り繕いではなく、自分の感情を無視した無理矢理ではない自然にあふれる慈悲や愛でなければと思うのです。

    すべての物事においてそうだと思うのです。

    ですが、長女の行為を目前にすると、私の感情は苛立ち、憎しみを感じてしまうのです。

    本当は、長女を介して、自分の課題を消化したり、試してくれているこのチャンスにありがとうと感謝し、媒体になってくれている長女にも感謝できれば・・・

    私の憎しみの感情に反応して、長女自身がまた悪い結果を背負う、そんな悪循環から解脱できるのではないかと思うのです。

    大きな意味では人は常に成長しているのかもしれないけれど、視点を変えて、1~数回の短いスパンで考えると、自分の霊的年齢にかなった生き方ができず、現世のスタートラインより下げてしまったり、一つの人生で何回もの人生で処理しなければいけない結果が生じることもあって、自分の責任です。

    全ての物事には人には理解できない何重にも交差する法則で完璧に成り立っているのだから、今この一瞬一瞬に起こる物事や感情にきちんと向き合わなければいけないと。

    長女に抱く自分の感情が処理できないでいます。
    きっと、私の課題なのでしょうね・・・

    私は香川出身でしたが小豆島へは2回しか行ったことがありません。
    その時の景色はとてもきれいでした。
    いつも大空さんの写真を見ていると、あの時気付かなかったもっと素敵な風景がこんなにあったんだと思います。

    そんな風景を探しに小豆島に行ってみようと思います。

    娘が亡くなった時、この悲しみにしっかり向き合い、気をそらしたりせず、日々に感じる優しさと混ぜ合わせながら大切に抱きしめておこうって思いました。

    なのに、私はいつしか固く硬くなっているのかもしれません。
    きっと、広い視野でみれず、目前の物質世界の真っただ中にいるのでしょうね・・・
    霊的心理に適った生き方をしながら、心は柔らく柔軟でいられるようなれたらって思います。






    No title

    みやさん

    現時点だけを見ると堂々巡りのように感じられるでしょう。
    でももっと長い期間で見れば見方が違ってくると思います。

    堂々巡りのようでも少しづつ進んでいるはずです。遅いようでも少しずつ成長を続けていると思います。いつまでも同じ状態は続きません。

    成長に連れて因果律の働きが高度なものになっていきますから原因も結果もちょっとずつレベルアップしていくのではないでしょうか。

    スピリチュアリズムを学ぶと自分のしたことの結果を恐れたりする時期があるかもしれませんが神経質になる必要はないと思います。

    私も一日の内に心の状態は上下を繰り返しています。
    何かあると一瞬視野が閉ざされたように感じ、感情が頭をもたげてきます。
    冷静に戻るとその時は物的視野に閉じ込められていたのかとわかります。
    誰でもその繰り返しではないでしょうか。

    霊的真理を学んでいる方なら祈りで守護霊との絆を再確認されていることと思います。
    その結果は直ちに現れてきませんが何年か経った後で今の状況を振り返ればなるほどと感じられるのではないでしょうか。

    島に来て自然のエネルギーを浴びてください。
    気分も変わりますよ。

    No title

    大空さま

    こんばんわ。

    このメッセージも深く心に入りました。

    職場での人間関係のこじれからのたうち回っていた初めの頃、たまたま、ショッピングセンターのイベントで「おねえの占い師さん」に、視てもらう機会がありました。

    その方は心理カウンセラーもされていて、私の顔の表情とか、身体の症状から、まずは心療内科へ行きなさい。と言われました。
    そして、おうちにお仏壇はあるの?と聞かれ、「ありますが、義母がお世話をしています。」と答えると、「お義母さんはお義母さん。あなたはあなたでちゃんとご先祖様にご挨拶なさい。」と優しくいわれ、その日以来、毎日ご先祖様・神様に感謝の言葉を述べ、今に至っています。
    おねえのお兄さんは「あなたは一人ぼっちじゃないのよ。あなたの心の中に神様がいて、いつもあなたを応援しているのよ。」と仰いました。

    心の神様は見えないけれど。。
    毎日神様・ご先祖さまに感謝の気持ちを述べ手を合わせていると、
    時として「え」と思うような助けがあったりすることもあります。
    気のせいかもしれませんが。。

    相変わらず辛い毎日にには変わりはありませんが、ひとりではないんだなぁ・・と最近特に思うことがあります。

    まさか、おねえのお兄さんと関わるなんて想像もつきませんでしたが、この人との出会いがきっかけで、心療内科へ行くきっかけを作ってくださったことに感謝しています。

    人はみかけで判断しちゃいけませんね。
    深く反省です。

    No title

    さくらさん

    人間は一人になろうとしてもなれません。

    さくらさんが生まれる前から誰がさくらさんの守護霊になるかということを
    高い界層の人(高級霊)が考えた末に最も適した人(霊界の人)を選んでいるということを忘れないでください。

    さくらさんのこの世のすべてのことを見てある時は守り、ある時は厳しく指導しています。それは愛があるからです。守護霊は将来さくらさんが遭遇するであろうことは全て把握しています。

    毎日の祈りで守護霊に日頃の導きを感謝するということが大切です。それが守護霊との絆を深めることになります。

    守護霊と二人三脚で進んで行かれることです。
    非公開コメント