04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    信念が試される

    2015.08.02 08:52|インスピレーション
    大嶽

    様々な抵抗に合うことによって自分の信念が本物かどうか試されている。
    抵抗勢力は一人では太刀打ち出来ないから集団を頼む。

    それはあなたの強い信念に対して内心恐れを抱いているから。
    自分達には到底出来ないことだから。





    追伸
    真理普及の仕事においては様々な障壁が現れて来ます。無知故の抵抗はまだ根の浅いものでいずれは真実に目覚める時がきます。 しかしこの世と幽界の最下層には明らかに邪悪な魂(未熟な魂)の勢力があり彼らは連動しています。

    彼らは真理の普及を邪魔するばかりか悪知恵を働かせてこちらを攻撃して来ます。しかし本質は臆病者の集まりであり、数を頼むことが特徴です。 

    霊的に目覚めると自然に一人でも多くの人に真理を知ってもらいたいと思うようになります。そして啓蒙活動するようになると前述のような邪魔者が現れて来ることがあります。このメッセージはそういうものに屈するようなことがあってはいけませんよという意味です。




    コメント

    とてもありがたいです。

    コメント失礼いたします。
    先日もコメントのお返事頂きまして、大空さんのお言葉のひとつひとつがじんわりと心にしみるような感覚で拝見いたしました。ありがとうございます。

    毎日、こちらのブログを拝見させて頂いておりまして、いつも、「天の真理」を信じ、やるべきことをやるための勇気を頂いておりましたが、本日の記事は、また、私自身が昨晩、なんとなく抱えた不安や迷いにダイレクトにシンクロした内容で、とても驚きました。
    今、私があちらの世からお知らせをもらって携わっていることがありますが、
    (お知らせはその都度やってくるので、その全体像と最終目的はわかっていないのですが……)
    最近のわたしは、「臭い物にはふた」をしようと思う気持ちがとても強くなっておりまして
    いわゆる、物事を分かっていない、面倒でやっかいな人の言動には関係したくないという気持ち……なのですが、そのようなものは避けて生きて行こうと思っていました。

    しかし、昨夜、ネット上で、どうしても看過できないものを見つけてしまいまして……最近の自分なら、見てみぬふりをするべきと思うのですが、昨夜はどうしても、見ぬふりできず、余計な火の粉をかぶることになりかねないと思いつつも、ちょっとだけ関与してしまった次第でした。
    その後、寝る前に、関係しなきゃよかったか、関係するのは馬鹿らしいことではないかと、自問自答しながら迷っておりました……

    しかし、今朝、大空さんの記事を拝見して、やっぱり、信念に基づいて真理を行う上では、避けて通れないこともあって良いのだ、と思えました。ほっとしました。
    これからはあまり考え込まずに、第一印象で、これは看過できないと感じたときには
    相手がどのようであろうと、実行できるように強くありたいと思います。そのためにも、ちゃんとしたインスピレーションを頂くためにも、心を開き、正しく行い、思いやりをもって真心を尽くして一秒一秒を生きる努力をしていきます。

    毎日暑くて、体も大変かと思いますが
    大空さんもご無理なさらずに健やかにお過ごしくださいませ。
    いつもありがとうございます!

    No title

    そらさん

    コメントをありがとうございます。

    霊力が流入するようになった人は一般の人以上に自分の良心の声に従って生きるべきと思っています。

    良心の声が神の声ですからそれを誤魔化して生きることは神に対する裏切りということに
    なるでしょう。

    こればかりはどうしても見逃すわけにはいかないというものがありますね。もちろん相手の立場は尊重しなければなりませんが言うべきことは言わねばなりません。

    相手の側に立ってみれば将来においてそらさんの言動というものは一つの指標となっていることでしょう。その時はわからなかったけどあの時あの人が言ったことはこういう事だったのかと必ず理解する時がくると思います。それは必ずしもこの世にいる内ではないかもしれません。

    私も常に霊的なものとこの世的なものとのギャップに悩まされる毎日です。
    気持ちが行ったり来たりします。でもそれは成長のための糧なのだと自分に言い聞かしています。
    非公開コメント