04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    人生の転機

    2012.05.08 13:17|随筆集
    2月の後半に私はメニエール病に罹ってしまいました。激しい眩暈と難聴、耳鳴り、吐き気などを主な症状とする難治性の疾患です。発症当時は一度眩暈の発作が起きると3時間くらいは全く動けなくなり発作が治まるまで寝ているしかないという状態でした。今ではきつい発作に襲われることは無くなりつつありますが、常に軽い眩暈があり足元がふらつくので行動が制限された生活を送っています。

    思えばここ1、2年視力の低下により歯科医の仕事が辛くなっていました。去年2度にわたり突発性難聴が発生し、それはメニエール病が発生する前触れでした。今回、ついに主役が現われたということでしょう。一点を凝視しなければならない歯科医の仕事は眩暈を誘発してしまいます。発病後何とか治療途中の患者さんを終わらせてあげようと頑張っていたら激しい眩暈が起きてその日は半日寝込んでしまいました。その時私は自分の仕事を断念する決心をしました。私が診ていた患者さんには申し訳ないことですが私には後継ぎもいないので島内の歯科医仲間に治療を引き継いでくれるようお願いをしました。それは今でも申し訳なく思っています。

    知り合いや妻はそんなに急いで引退しなくてももう少し様子を見たらということでしたが何時良くなるか分からないのに、治るまで待ってくれというのは患者さんにとっては迷惑な話です。それに私は自分の視力など以前から限界を感じていたのでこの病気に罹ることは天の声だなと感じていたのです。というのも2年前(61歳)の冬の夜、寝入り際に「64歳」という耳元で囁く声が聞こえました。それは今でも印象に残っていますがその時私はこれは自分の寿命のことかもしれないと感じました。ともあれ64歳になったら自分の人生に何か大きなことが起きるということを直感で感じました。私は64歳までにはあと4か月少々ですが考えてみると実際には人間は受胎の瞬間から胎児に宿ってこの世に現われる準備をするのですから、今の年齢に10か月を足せば霊的には正しい年齢ということになります。私の場合はすでに64歳になっているわけで、そういう意味では「数え年」のほうが真理を表していることになるでしょう。

    ”よくそんなに簡単に仕事を辞められるね”という人がいますが、私は結構直感に基づいて行動します。直感とか霊感が比較的効くほうなのでそれがこういうページを開くきっかけになっている訳ですが。去年霊界の父親から「もう仕事を辞めたほうがいい」というメッセージを受けていたことも今回の決断を後押しすることになりました。父は私が仕事で苦しんでいたのを知っていたわけですから。それから去年の秋にこのページでリンクさせて頂いているともしびの武本氏の奥様から「貴方は来年、自治会長になることはありません」というメッセージを頂きました。私は当時自治会の副会長をしていたので今年の役員改選の時には自治会長の役が回ってきそうだと感じていました。しかしこの4月、その予言通り私は病気という事で自治会の役員を外れました。

    そういうわけで私は今、人生の新たなステージに入ったところです。当分は静養して体調の管理をしながら、またこの病と戦うのではなく付き合いながら今後の人生を過ごしたいと考えています。実際、そうするしかありません。そうするうちに自分のやるべきことが見えてくるでしょう。

    コメント

    こんにちは。メニエールは、辛そうですね!!私は、なったことはありませんが、友達のお母さんが疾患し、真っ直ぐに歩けず、側溝に落ちることもあり、暫く外へ出るのも付き添いが必要なぐらい…その方は、ハワイアンキルトを極め、キャッシー中島さんとの交流やらで、忙しくされてました。今は完治までいかなくても…上手く付き合っていかれているようです。私は、健康です。このような衝撃があれば…うつになっても不思議ではないです。ただ肩凝りが酷く…手が痺れることはあります。生命に関わる病は、経験ないです。大空様は、私が言うのも、失礼ですが、いいタイミングで、お仕事リタイヤされたと思います。もっと悪化し、動けなくなってからは、今を楽しめないですもの。生意気な発言お許しください。私です。ぐうたら気力がないと甘えているのは。歯がゆいんですよ!! でも、挟みが怖いんです。自信もないです。外も必要以外出ようとせず…人と会いたくない。ダメは、わかっています。悲しみのエネルギーが強いと、何も生まれません!!が、一歩踏み出す勇気が出ず…俗に言う引きこもり!!ですね!! 知り合いから、シルバーバーチの本が送られてきました。そこにも、人の死は、不幸ではないので、悲しまない…少しわかってきましたが…中々割りきれません…自分に悲しい涙で、彼らには悲しくないような。まだ完読してませんが…。前にいくためにも、仕事=お金稼ぎ。ではなく、人のために何かしたい気持ちは、ありますが!!こんなに自分の精神力が弱いとは思っていませんでした!!10年前に、乳癌の疑いがあり、検査しても、中々白にならなく…気が重かったのですが、今その診断が出れば…喜びに変わります。あまり長生きしたくありません。でも長生きしそうです…くだらないコメントになりました。大空様くれぐれも、お身体ご自愛ください。そして娘様の回復もお祈りいたします。

    No title

    静さん
    メニエールのほうは最近は一時より悪くなっています。歩くとふらつきはあります。でも犬の散歩は一日2回、それから農作業(今年は本当に少しだけ)をちょっとやるくらいでテレビはあまり見ませんし夜は9時過ぎに寝てしまいます。そんな毎日です。

    シルバーバーチは現在ではあれに勝る書物はないと思います。単純な真理を繰り返し説いていますがそれを繰り返し読むことによっていつの間にか真理の理解力が育っています。
    私は全巻を完読しました。今も寝る前には必ずページを開きます。1ページほど読むと知らない間に寝ています。

    非公開コメント

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    まとめtyaiました【人生の転機】

    2月の後半に私はメニエール病に罹ってしまいました。激しい眩暈と難聴、耳鳴り、吐き気などを主な症状とする難治性の疾患です。発症当時は一度眩暈の発作が起きると3時間くらいは...