04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    摂理は神の働き

    2015.08.18 09:41|インスピレーション

    ボーえんあいらんど

    個人、家族、集団、国家など全てにおいて摂理が働いています。摂理の働きがあることを知ることが大切です。人間のやる事もその範囲に収まります。摂理の働きが神の働きです。
    摂理を超えて出来ることはありません。人間もその他のものも摂理を超える事は出来ません。

    摂理によっていつまでも同じことは続きません。我慢していればやがては通り過ぎて行きます。
    季節が移り変わるように物事は変転して行きます。じっと伏せていなければならない時期もあるがやがては動ける時が来ます。

    人間は摂理に調和して生きる以外ありません。逆らうと苦しみを味わいます。逆らうことは出来ないのです。

    人生は摂理を学ぶ場です。人間は摂理のもとにこの世に来て去っていくのです。

    コメント

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    神の摂理にはえこひいきがありません。

    みんな一人ひとりに不平等なく、不公平なく神の摂理が働きます。

    これは本当に安心です。

    この地上世界はえこひいきと不平等と不公平の世界です。

    この地上世界を体験すると神の摂理の公平さに感謝です。

    No title

    コバチャン本舗さん

    真理の探求は神を知る事に他ならないと思います。

    神は摂理の形で全てのものに顕現しているわけですから摂理の働きを知ることが
    神を知ることになるになるでしょう。

    するとどう生きればいいか自然にわかると思うのです。

    と言葉で表せば簡単なように思えますが我々がこの世にいるうちに理解できる事は
    ほんの僅かなものでしょう。

    宇宙は神の意志によって創造されたものですが、高級霊ですらその全容はわからない
    と言っています。

    星空を眺めると神を感じずにはいられません。しかしそれとて神の一部に過ぎません。
    人生は神を理解する為の永遠の旅路なのでしょうね。

    じっと我慢していなければならない時期になんとか物事を好転させようともがいてジタバタして、かえって物事を悪化させてしまったことがこれまで多々あります。

    今はじっと伏せていなければならない時だと腹を括って、神の大いなる摂理におまかせする。

    こうできればいいのでしょうが、つい、ジタバタしたくなってしまいます。

    これも修行なのかな、と思います。


    そういえば、『人事を尽くして天命を待つ』という諺がありますが、これはちょっとニュアンスが違いますでしょうか?

    No title

    ○○業界で「○○の鬼」と言われた人。オフレコで「これまで数々の成功で何が一番痛快てしたか?」とインタビューの最後に聞いた時「ライバルがオレより早く死んでいくのが何と痛快じゃ、ワッハッハー」。
     ホンネを聞いたような思いで、さすが並みいるライバルを押しのけ、業界を編成した人だな――と思ったものですが、霊的な真理に触れて以来、私はこの人に対する評価を変えてしまいました。
     この人のみならず、価値判断が霊的になると、人類全体がまだ発展途上にあることを痛感します。

     自分よりもライバルが早死したなら、「これまで切磋琢磨してお互い張り合ってきた。私がこれまでやってこれたのも君らのおかげだ、ありがとう」――と思って愛念を送るのが真の偉人の態度ではなかったろうか。

     国家として最高の栄誉に輝いた人でも案外、自己中、業界中の人ではなかったでしょうか。その証拠にその業界は独占を廃し、自由化の大波にさらされています。

     神の摂理を思うとき、あちらに逝ってどんな階層におられるか知りたい思いです、
      
     
     
     

    人事を尽くして天命を待つ

    ゆきこさん

    「人事を尽くして天命を待つ」

    この言葉は真理を表していると思います。子供のころから母によく聞かされました。

    自分の思うようにならないことを思い通りにしようとするから苦しみが生まれるのですね。私自身のことを見ても今だに思い通りにならない事を思い通りにしようとしています。

    完全に達観することは難しいですね。でも少しずつそれに近づきたいものです。

    この世の名声は一時のもの

    kuny さん

    今の地上世界で事業を成功させるにはそういう物質的価値観を持ち並外れたエネルギーを持つことが必要なのかもしれません。でも事業経営も摂理に調和していないと長続きしないでしょう。自然に淘汰されていくと思いますがそこに摂理の働きを見ることが出来ます。

    社会的地位は必ずしもその人間の霊性を表すものではなく、むしろ逆の場合があると思います。この世の人たちにはその人物の内容が見えないのです。

    霊界に行くと価値観が逆転してしまうのでそういう人たちの運命を考えると哀れを感じます。この世の成功や名声は一時のものなのですが。
    非公開コメント