07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    全体像と物差し

    2015.08.26 07:18|インスピレーション
    IMG_0020.jpg 

    束の間の地上人生においては物事の全体を見通す事は難しい。今、目の前に起きている現象だけ見つめても全体像は見えてこない。何故人間には全体像が見えないのか?理由は自分の物差しが小さすぎるから。

     

    生まれてからこれまでに学び体験してきたことを振り返ればわかるように、人間には事象の一部しか見ることが出来ない。全体像の中の一断面をその人生体験から学んできたのである。

     

    一度だけの地上人生で物事の全体像を知る事は容易ではない。また人間は視野が限定された状態で様々な事に遭遇するからその対象物を必要以上に恐れたり過大に評価してしまう。相手の実態がわからないことから怖れが生まれる。小さな物差しでは捉えきれないからである。


     

    コメント

    No title

    大空様

    お体の調子はいかがでしょうか。
    ご自分の事より、まずこうして私たちにいろいろなことをお教えくださることに心から感謝申し上げます。
    また、いつも温かいお返事をいただいておりますこと、深く感謝申し上げます。

    大空様のお蔭で 私は小さな出来事を大きくとらえてしまう生活から少しずつ抜け出していこう、困難と感じていたことの捉え方を素直に力を抜いてチェンジしようと思えるようになってきました。
    と同時に、大空様はじめここに集う皆様の魂の高さ、これからどう生きるのか指針のようなものを見せていただくたびに感動し、その深さに驚き、その意味は今の私には浅くしかわからないけれどもこうした導きに出会えたことで私はやっと生まれたばかりの赤ちゃんとしてスタートラインに立てたかも!と大変嬉しく、とても晴々した気持ちで感じています。(いい歳をして生まれたての赤ちゃんとはずうずうしいですが(笑))

    私には大空様に何のお返しもできませんが、ご体調良きこと良きように、と心からお祈りしております。

    いつも、ありがとうございます。

    No title

    犯した過ちが、過ちと分かっていれば犯さなかったものを、過ちに気づくことだけが進歩と言えるでしょうか? 束の間の人生で、もう老いを背負ってれば反省を行動で示すことさえしんどくなります。束の間の人生も「一側面」であるなら別の側面である輪廻転生があらねばならないでしょうか。
     
     いつも疑問に思うのはAさんが霊界へ逝って物質世界へ転生したらA´さんです。シルバーバチは「もう私は転生することはありません」と述べています。だとしたら過去に転生もあったのでしょうか。それぞれの転生で霊的成長を遂げ、「もう転生はありません」なら個体を持った本体の零体が本当の「その人」で数々の転生の際に築いた愛縁奇縁は「いや実はあれは私の本体ではなかったのよ」ということになるのでしょうか?

     束の間の人生で「モノ差し」に気づくのがあまりに遅れたことが心残りでなりません。積極的に社会に貢献することもできません。せめてもの慰めとして道端やスーパーなどでのごみ拾いをしています。道路の端にガラスもあります。車にホウキとポリ袋を積んで、せめてもの慰めですが、地球の浄化に役立ちたいと実行中です。このことは人様には知らせずに‥と思ってきましたが、こっそりと発表します。

     お導きに感謝いたします。


     

    No title

    ともちゃん

    そう言ってくださること、私は大変うれしく思います。
    こちらこそ感謝しております。

    皆さん霊的修業をしているのですね。その道は終わりがありません。
    また後の者が先になったりすることもあります。

    我々はどうしても目先ばかり見てしまいますが急いでも身についたものになりません。気長にやりましょう。

    No title

    kuny さん

    私たちの進歩は遅々たるものだと思います。失敗を体験する為にこの世に来たと言っていいでしょう。

    難しいことを考えるより自分が出来る範囲で人や世の中の為になることをしていくしかありません。後は神の摂理に身を任せるしかありません。それでいいのではないでしょうか。

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    地球が太陽の周りを廻っていることを私は知っています。

    でも 実際に自分の目で見ていません。

    それでも 私は地球が公転しているのを信じています。

    でも つい最近までその公転の法則を誰がしているか考えたことがありませんでした。

    今は地球の公転の法則は神の法則だと信じています。

    そして 霊的視野をもって 地球の公転以上の目には見えない神の摂理を信じていきます。

    No title

    コバチャン本舗さん

    コメント返信遅くなり申し訳ありません。

    我々の肉体や心の働き、身の周りの出来事にも神の摂理が働いていることを知れば自然にどう生きたらいいかわかるはずですが、それが今の人類には容易な事ではないので地球上には問題が尽きないということでしょうか。

    摂理の働きは霊的向上に従って少しずつわかるようになるのでしょう。
    非公開コメント