04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    祈りは霊的表現

    2015.09.03 09:15|インスピレーション
    紺碧の海と岩

    祈りが届くには条件があります。まず自分の祈りは届くという確信が必要です。そしてきちんと祈りの対象を定めておかなければなりません。自分の守護霊や指導霊を通じて大霊に届くことを心に思い描くことによって対象が定まります。

     

    毎日機械的に祈ってもそれは自己満足に過ぎず、空気を振動させるだけになっては意味がありません。祈りは自分の霊的表現であることを忘れてはなりません。霊的な要素がなければ霊界との波長は合いません。何故なら祈りは霊界との交流でもあるからです。決まった文句を繰り返すことが霊的表現ではありません。自分の全てを祈りの中に込めるような気持ちが必要です。

     

    往々にして自分の祈りをその場にいる人間に聞かせようとしているのを見かけます。祈りは地上の人間に聞かせるのではなく霊界に向けてのものでなければなりません。

    コメント

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。



    霊的視野をもっと実感できるように。

    寂しさから耐えられる強い心を持てるように。

    霊的普及の機会を与えていただけるように。

    妻が霊界での学びが進み、幸せでいるように。

    このような祈りをしていますが、なかなか深い祈りになりません。

    雑念、妄念から離れ、深い祈りや深い瞑想に入れるように日々精進してまいります。



    No title

    大空様 ブログ更新、ありがとうございます。

     祈りの基本は「自分の守護霊や指導霊を通じて大霊に届くことを思い描くこと」なのですね。少年のころ読んだ新約聖書には文語文で「祈るときは“受けたりと信じて”祈れ」とあり、これが祈りの核心と思ってきましたが、守護霊、指導霊を通じていわばフィルターにかけてお願いしなければならないことを教わって感激いたしました。

     だって、祈りも神様の立場から見たら分かりますよね。「宝くじを当ててください。お金がほしい。勝負に勝たせてください」――これを聞いたら我利我欲で調和を乱す、やってられないね、になりますもの。

     守護霊、指導霊を通じ、祈りの内容が神庁で審議され、地球の波動に翻訳されて本人に届けられる。間違った祈りにはお答えにならない。それが本人の気づき、成長のためなんですね。

    No title

    大空様

    いつもありがとうございます。

    改めて自分の祈り方について考えてみました。
    ともすれば本来の祈りの姿勢からはずれ、単に「おすがり」的な気持ちや
    利己的な傾向が強くなってしまうことがあります。

    祈りは、自分の霊的表現であることを忘れてはならないのですね。
    霊的要素のない祈りは、自己満足や祈っている「つもり」であって
    霊界との波長が合っていないがゆえに、願いが叶わないのも当然と言えば
    当然の気がします。

    これからは、守護霊や指導霊を通して大霊にしっかりと届くことを意識し、
    「私の祈りは必ず叶う!」と確信をもって祈っていこうと思います。

    No title

    コバチャン本舗さん

    私の祈りはその時の自分の精神状態によって長かったり短かったりします。

    心がざわざわしている時はやっても無駄なのでやりません。

    言葉を入れるより入れないほうが多いです。あちらからインスピレーションが来そうなときは筆記用具を用意します。筆記用具と老眼鏡を常に用意しています。

    ここに掲載しているものは殆どが朝の祈りの時に感得したものです。大体4日に一回のペースで更新していますが実を言うと今載せているものは先月の15日に感得したものです。いくつか溜まっていてそれを定期的に出しているというわけです。今も何個か溜めています。オンタイムで出すこともありますが頻度としては少ないです。

    しかし武本先生のページと同じ内容の事がよくあります。それを見るとあちらからの指示や導きなのでしょう。これは確信しています。

    しかし祈りの時間にたどり着くまでが結構大変です。早朝は犬の散歩という仕事が待っています。同時にゴミ出しをします(週に2.3回)帰ると足を洗ってやり(室内犬なので)、やれやれと思って祈りの部屋に入ると行政からの放送と鉢合わせしてしまいます。これが大音量なので窓を閉めていてもガンガン聞こえて来るので終わるまで瞑想など出来るわけがありません。そんな毎日ですが何とかやっています。

    No title

    Kuny さん

    私たちの願いは神は初めからご存知です。

    祈るという行為は少しでも神(大霊)に近づきたいという人間の向上心の表現と言い換えてもいいと思います。

    祈る人の霊格に応じた霊界の住人がそれを受け取ってくれるでしょう。

    現世御利益を求めても霊界は全く価値観の違う世界なので相手にされません。
    しかし低級霊が感応してくることがあるので注意が必要です。

    No title

    ルナさん

    あちらでは地上の人間が現在遭遇している問題の霊的背景を全て把握しています。

    ですから初めからその人間が何を望んでいるかも知っています。
    これは祈らなくても知っている訳です。

    ですから自分の霊的向上と、摂理に沿った生き方ができるように導きと見守りをお願いすることが大切だと思います。

    人間には神性と自由意思が備わっているのでそれを使って自分の力で問題を解決しなければなりません。あちらから内面の援助はあっても直接の手出しはしません。それは本人の為にならないので禁じられています。

    唯、愚直に自分の霊的向上とこの世での果たすべき務めを全う出来ますようにと祈ることが正しい祈り方だと思います。ルナさんのご精進を祈っています。
    非公開コメント