04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    音の伝わり方 (父より)

    2015.10.13 09:20|インスピレーション
    昌徳宮

    地上の音は何でもこちらに伝わるわけではない。人間の思念をこちらに向けて音を出すと一緒に伝わってくる。音だけ立てても伝わらない。

    例えば仏壇のリンを叩いた時の事を考えてみよう。こちらに意識が向かっていなければそれは地上界に響くだけ。人間の意識をこちらに向けて叩けばその意識の波動に乗ってこちらに届く。しかし音は地上の音そのままではない。

    思念が実体を伴ってくるのがこちらの世界の特徴だ。そちらの世界では思念は実体として感じられないだろう。逆になっているわけだ。

    地上の世界はうるさい。その騒音が全部こちらに伝わってきたら困ることになる。
    霊界から地上界に意識を向けるとそちらの音を捉えることが出来る。向けなければ聞こえない。
    それは波長が違うからだ。要するに思念が伝導路となるのであり、閉ざせば地上の音は遮断される。



    解説
    霊界と地上界の波長は異なっているので波長を合わしたり外したりすることによって両界の交流が行われるということです。地上の音は空気を振動させて伝わって行きますが霊界では地上のような大気はないので、まともに伝わる事はないでしょう。極めて地上臭の強い幽界の最下層にたむろしている住民はまだ地上世界の環境から抜けられないので地上時代の聴覚のエネルギーの一部が残っていて地上の音を生前のように捉えていることでしょう。 しかしあちらに行ってまでこのうるさい地上の騒音を聞きたいと思うのは余程の物好きではないでしょうか。

    また毎朝仏壇の前でリンを叩いてお茶を供えている人もいますが、機械的にリンを叩いてもあちらの人のことを少しも考えていなかったら唯、空気を振動させるだけになるでしょう。同様に毎朝仏壇の前で読経をしても焦点が定まっていなければ、やはり空気を振動させるだけになってしまうでしょう。要するに形よりも心、思念が何よりも意味を持ってくるということです。

    コメント

    No title

    基本凡人の自分にはあの世の人々の思いは、はっきりと「わかる」ということがあまりないのでさびしく思っていますが、こうして教えて頂いてとても嬉しいです。
    ありがとうございます!
    いつも自分を守り導いてくださるあの世の方々に感謝やその他想いをすごくすごく伝えたいのですが、伝えるにはどうするのがいいのかと日々考えて試行錯誤です。
    だいたいはもうこれ以上ないくらい「強く思う」しかできないのですが……伝わってるのかどうなのか……(笑)
    でも、恐らく、なんとなく伝わっているような気がするのですが……いや、たぶん伝わっているのですね^^
    もっとこの世でのコミュニケーションのようにはっきりできればいいのに、なんてもどかしく思ってしまいますが、しかし、伝わってると信じてこれからもやっていきます!

    No title

    そらさん

    地上の人間の思いは想像以上にあちらに伝わっています。あちらの縁ある人のことを心に描くとすぐに思念のエネルギーが発生するのでそれがテレパシーとなってその人の所に飛んでいきます。何の繋がりもない人には届きません。

    受信した側はテレパシーでそれに対する返信をしますが地上の人間はごく一部の者を除いては気が付きません。本来人間はその能力(サイキックな能力)を持っていたのですが機械文明に長く浸り続けてきたので衰退してしまったのです。

    コミュニケーションが一方通行になってしまっているわけですが、自分の思考の中にはあちらからの思想が無意識の内に入ってきています。主なものが守護霊による指導です。

    特別なことをしなくてもそういうわけであちらには伝わっています。自然体が一番です。

    No title

    お返事ありがとうございます!
    そうなのですね~思う以上に伝わっているというのはとても嬉しいです^^
    これからも自然体で思ったり話しかけたりしてみます。
    機械文明も良し悪しなのですね……昨今の利己主義こそ正義というスタンスも
    もしかしたら、あの世との交流を阻害する一因なのかも、と今思いました。
    利己主義にならず、故人を思って日々過ごしたいです^^

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    霊的同胞といつも話しているのが

    「不安や恐れを無くそう。」という事です。

    折角 霊的真理に目覚め、霊的なパイプができて、少しずつ守護の霊の助けなどが分かってきたのに、不安や恐れでそのパイプを塞いでしまう。

    不安や恐れは霊的真理に実感が持てない為に起こるのだと思いますが、霊的真理の実感をもつために霊訓を読むことやお祈りなどは続けていかなくてはと思います。

    不安や恐れで思念の伝導路を閉ざさないように努力を続けていきたいと思います。


    No title

    小林さん

    不安や恐れにとらわれている時は暗黒の世界にいるのでしょうね。
    光が見えない状態です。闇の向こうには霊の光が灯っているのに見えないのです。

    それを払うのは祈りと霊訓を読むことですね。
    正に同感です。
    非公開コメント