05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    心の底から思うこと

    2016.01.12 09:37|インスピレーション
    IMG_0091.jpg

    自分が心の底からこうすべきと思う時は背後霊の思いと一致しています。その時は何者も恐れず自分が決めたことを実行すればよいのです。
     


    追記
    これはつまり良心の声に従いましょうという事です。例え短期的には好ましくない事が起きたとしても将来振り返って見るとあの時の決断は正しかったのだと思える時が来るでしょう。

    コメント

    ゴミ拾い余聞

     九州大学新キャンパスと博多駅を結ぶバスルートの近くに私は住んでいます。シルバーバーチ霊訓読書会の中にはヒーラー養成講座も設けられ、受講者には「善い事」をするよう勧められ、ゴミ拾いも取り組むべき「善い事」として挙げられていました。無知で俗物で霊性もない自分は「ま、ゴミ拾いぐらいが関の山か‥」とバス停を中心にゴミ拾いを続けていたところ、「善い事とアタマから決めてかかるな。淡々とゴミ拾いを続けよ」と内面から大きな声がしたように感じました。
     淡々と‥、なるほどね。そして、それこそ淡々とゴミ拾いを続けていたら、「ほら」と言ってゴミを入れているポリ袋の中にゴミを入れてくれる中年の男性がいました。あっけにとられながらもうれしさがこみ上げました。そして、今度はスーパーの入り口で。たばこの吸い殻が散乱していたので拾っていたら「それ、私に渡して‥」と女性から声を掛けられました。また、感動で心が震えました。「福岡市民も捨てたものではないな」と思うようになりました。
     
     「淡々と‥」とは「善い事をしているとは思わないこと」と感じるようになりました。そして地球が誕生して46億年かかって今の姿がある。日々の生活を充実させるため、魂を磨くためにこれだけの歳月がかけて神様は創られたものだもの。ゴミで汚さないのが当然ではないか――と思うようになりました。
     大空様 本年もどうぞよろしく、お導きください。

    No title

    kuny さん

    今年もよろしくお願いします。年明け早々世の中は相変わらず騒がしいです。
    kunyさんはご自身の修行をされているのですね。人のためになる行為は結局自分が満たされ喜びを感じますね。そういう人たちが増えれば世の中も良くなることでしょう。
    一層のご精進を祈っております。
    非公開コメント