04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    きっかけになること

    2016.01.16 09:53|インスピレーション
    IMG_0096.jpg

    真理の伝道者は時期の来た人たちのきっかけになる事です。無理にドアをこじ開けるのではありません。先頭に立つのではなく二番手であることを意識することが大切です。先頭に立つのはその人自身です。

    追記
    前にも書いたかもしれませんが霊的真理をどれくらい深く理解できるかの鍵はその人がどれだけ霊的エネルギーを取り入れているかでしょう。常に霊的エネルギーの流入を受けている人ならシルバーバーチの本を読めば乾いた砂に水がしみ込むように真理が浸透していくでしょう。きっかけを待っているケースも多いと思います。そこで背後霊の導きによって書物や伝道者に出会うようになります。

    所謂時期の来た人とはある程度霊的エネルギーの流入を受けている人のことだと思うのです。その時期は予め計画されているようですが各自が置かれた状況によって早くなったり遅くなったりするのでしょう。

    コメント

    No title

    大空さま
    いつもありがとうございます。

    まさしく私は「きっかけを待っている人」だったと思います。
    霊的真理については関心を持っていたので、書物を読んだり
    ネットで検索してみたりと自分なりに努力はしていましたが
    いまひとつ心にストンと落ちるものがありませんでした。
    ましてや深遠なる霊的真理のことを、私が理解できるような平坦な言葉に
    変換してくださる人との巡り合いに恵まれていませんでした。

    そんな時に大空さまを知ることとなり、求めていたこと、疑問に思って
    いたことの答えやヒントがスルスルと自分の中に入ってきた感じでした。
    もっと知りたい、理解したいという気持ちが高まり、大空さまにその都度教えて
    いただけたことに感謝しています。

    まだまだ初心者ですが、いつかは「時期が来た人」に出会えることを願い、
    その人のきっかけとなれるように精進していきたいと思っています。

    PS キリンさんにペイントできる日を楽しみにしています♪

    No title

    ルナさん

    ルナさんにおかれましては乾いた砂に水が染み込んでいくように感じました。
    やはり十分な準備が出来ていたからでしょう。それまでの過酷な人生体験がその礎となっているにちがいありません。私は自分の知っている知識を少しお届けしたに過ぎません。

    何と言ってもその本人にどれだけ受け入れ体制ができているか、それに尽きると思います。
    これからはお役目も回ってくると思います。神の懐に抱かれた心境になることは魂の窓を開くことになり霊的エネルギーを受け入れることになります。

    キリン君は冬の風の中で立っています。ペイントしてもらうのを楽しみにしているようですよ。
    非公開コメント