09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    物事の両面を見る

    2016.02.01 10:35|インスピレーション

    IMG_0002.jpg

    それぞれの出来事には常に両面がありますが、普通、人は片面しか見ていないので正しく把握することが出来ていません。それが誤った見方につながるのです。

    身の回りに起きる出来事にいちいち振り回されないように。それらは大したことではありません。あなたを脅かすようなものではありません。もっと大きなものを視野に入れて毎日を過ごすこと。それは人生の命題、神に近づいていくことです。



    追記
    これは結局視野の問題です。人間は予期せぬことに遭遇するとそこに意識が集中して視野が狭窄してしまいます。両面を見るとは広い視野から見る事であり、言い方を変えれば霊的視野から物事を眺めることであり、物差しを大きくという事になります。

    コメント

    No title

    大空さま

    おしゃっていることは頭では理解できています。

    しかし一番大事な心がどうしても伴いません。
    それは結局のところ、大空さまが仰る「片面だけの視野」なのでしょう。

    頭の中の知識と心がちぐはぐなのも、また苦しいです。

    その苦しみを安定剤のお薬でその場をしのいでも、何の解決にはなりません。
    睡眠薬もしかり。

    心から笑えるようになりたいです。



    No title

    こんにちは、いつもありがとうございます。

    ワタシは起こる現象の局面、局面で以前は色々な思いを廻らし…不安感が先行して
    いました。霊的真理を学び、最近では少しだけ…一呼吸置いてっていう余裕が出て
    きました。起こる現象の全ては自分の成長の為なんだと慌てず対処したいです。

    No title

    さくらさん

    もちろん時間のかかる事でしょう。問題が簡単に解決するようであれば人は深く考えることをしなくなり、心の成長に結びつかないでしょう。

    苦しみや悩み事は先の事が見通せないから意味があるのかもしれません。しかし今は知識が先行していてもやがては心が追い付いてくるはずです。将来、現在の事を振り返ると数々の人生のエピソードの中の一つに過ぎなかったと思える日がきっと来ます。いつまでも同じ状況が続くことはありません。笑える日が来ます。

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    現在 地上界で体験していること全ては霊的視野でみると本人にとって悪いことは何一つありません。

     妻が亡くなったことも地上的視野でみると 悲しくて苦しくて仕方ないことですが、霊的視野でみるとあっという間に受け入れることができますし、その死別に感謝の気持ちさえおこってきます。

    「死別」という言葉は地上的視野の言葉で霊的視野でこの体験を理解すると「死別」という言葉は出て来ません。

     妻の他界を地上的視野から霊的視野で見れるようになるまで1年が必要でした。
    地上的視野でみていた最初の1年は毎日 号泣していました。

    しかし 1年たったある日 突然「もういいね」と勝手に呟いていて その日を境に急に霊的視野で妻を見ることができて 全く悲しくなくなりました。

    不思議な体験でした。

    この「もういいね」とつぶやいた日(「もういいね」の意味がよくわかりませんが)が私の霊的覚醒の日なのかもしれません。

    大空さま

    おはようございます。
    いつもありがとうございます。

    ここ数日、他人様の悩みに振り回されて疲れ果てていました。つまり自分をその人と同化させてしまっていたようです。

    同情ではなく同苦することが大切だと常々思っていたのですが、しっかりと自分の足元を固めていないと同じ苦しみにどっぷりと浸かってしまい心を持って行かれそうになりますね。

    でも、このことでさえ両面があることを実感しています。
    他人様のために心を砕くことは尊いことでありシルバー・バーチいうところのサービスだという反面、しっかりと自律、自立していないと奉仕はおろか共倒れになる危険性があることを学びました。

    この世に生まれてきた命題を忘れてはいけませんね。

    No title

    ヒデおじさん

    一呼吸置くというのはとても大切な事ですね。あわてると判断を間違えます。
    余計な事を考えては不安になるということがあります。一人相撲をとっているわけですね。私も身に覚えがありますが霊的真理がしっかり心に根づいてくればそういうことから卒業出来るでしょう。

    No title

    小林さん

    一年で覚醒が起きる人はそれまでに心の深い所で準備が進んでいたのかもしれません。
    霊的覚醒が起きると視野の転換が起きるわけでそれまでとは見方が180度変わってしまうことになりますね。人はその時に生まれ変わるということでしょう。

    No title

    ルナさん

    感情移入をするとその相手の波動エネルギーに巻き込まれてしまいますね。地上人類100億人として一人ひとりが皆成長のレベルが違う訳ですから自分と全く同じ考え方をする者は一人もいないでしょう。神は一人ずつ違う人間を創造されているのですから違うのは仕方ないですね。またそれぞれの違いが人類の進化にとって意味のある事なのでしょう。

    その人の重荷を代わって背負ってあげることはできないという言葉がありますが正にその通りだと思います。当人が背負うしかありません。その問題もやがて時間が経てば摂理の働きによって収まるところに収まるでしょう。
    非公開コメント