04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    一人芝居

    2016.02.04 09:46|インスピレーション
    IMG_0082.jpg

    不安や怖れは自分の心が作っている。顕在意識が作っている。元より神によって創造された世界にはそういうものは無い。霊には本来、不安や怖れは存在しない。その他のものも然り、人間は自作自演、一人芝居をしているようなものである。

     

    不安や怖れの気持ちが湧いてくるという事はまだまだ道半ばであることを証明している。神に近づいていく過程において不安や怖れの気持ちは少しずつ消えていくものである。

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    大空さま
    自作自演とあり「はっ」としました。

    自分が些細なことで落ち込み、どんどん深みに入り。。周りを見たら前も後ろもわからなくなって途方にくれていたとき、ふと別の自分が「自作自演?悲劇のヒロインの役してるん?」と囁いたことがあります。
    その囁きにすごく情けなく感じ更に落ち込みました。

    知識と心のバランスがうまく調和してないからかな。。と思っていたのですが。


    まだまだ落ち着くのは先の話になりそうですが。。一日一日を必死に生きています。

    大空さん、いつも、ありがとうございます。


    自分の今置かれている状況は過去自分が蒔いた種だとなかなかそうは思いたくないですが、やはりそうなのだと思います。

    つい人や何かのせいにし、自分は悪くないと思いたいですが、自分で蒔いてしまっているのだと思います。

    だから、自分で刈り取るしかないと。

    淡々と刈り取っていけると良いのですが、つい余計な我がでてしまいます。


    瞑想の重要性を思います。

    どうも雑念だらけでうまくできないから、すぐ諦めてしまいますが、諦めず少しづつでも、自分ができそうな方法を試してみないと、と思います。


    五感から常にあらゆる情報が入り、心は全く休む暇なくあーでもないこーでもないと考えていると、不安などがすぐでてきます。

    この世はグルメや旅行や映画やネットやショッピングなど気を紛らすものはたくさんありますがどこまでいっても物質的なものですね。


    静かな境涯になれると、おさまるべきところに収まるのだと、思えるようになるかな、と思います。

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    「ピンクのゾウを想像しないください」というとあっという間にピンクのゾウを想像してしまいます。

    それと同じで「取り越し苦労をしない。」というと取り越し苦労をしてしまいます。

    「取り越し苦労を忘れて、起こる出来事は神の摂理にお任せしましょう。」と思うと取り越し苦労はどっかに行ってしまいます。

    前にも申し上げた通り 私は妻の他界を地上界の視野では耐えることができませんでした。

    霊的覚醒をして霊的視野を持って、初めて妻の他界を乗り越えることができました。

    今 私は取り越し苦労や心配など何一つしていません。

    私に起こるすべての出来事は霊的視野から見れば 悪いことはなに一つないということを妻の他界で悟ることができたからです。

    取り越し苦労をする人は 霊的真理でまだ 救われていないのかもしれません。

    No title

    さくらさん

    人は程度の差こそあれ自分の造った世界で生きているのだと思います。一人ひとりが自分の世界に生きています。人生は自作自演の芝居をしているようなものですがその中で人生を貫く法則、神の摂理を見出していくことが究極の目的ではないかと思うのです。

    さくらさんは霊訓などを読むことでその輪郭をつかまれたのではないでしょうか。後はそれを自分の身に付いたものにする作業が待っているでしょう。

    何事も自分が考えているほど重大なものではありません。自分で何倍にも捉えていることが殆どです。

    別の自分のつぶやきは守護霊からのサインかもしれません。それを大切にしてください。

    No title

    ゆきこさん

    このページで何度も言及してきましたが、悟りとはどれだけ霊的な自分が表現されているかだと思います。その作業は生涯を通して続くものでしょう。

    毎日の出来事を通じて自分の中で霊的な自分と肉体の自分が葛藤を続けています。諸々の出来事はその試験台のようなものでしょう。生涯を終えてあちらに行った時の財産はどれだけ自分がこの世で悟る事が出来たか、それだけだと思います。

    No title

    小林さん

    取り越し苦労は過去のものになりましたか。素晴らしいですね。

    瞑想で感じる世界はとても軽やかで地上世界の重苦しさがなく幸せを感じることができます。早くそういう場所に行きたいなどと思ってしまいます(上から叱られるかも).....。

    我々の生きる世界はこの世だけではなくそういう所にも行ったり来たりしているのですが大半の人は気づいてくれません。この世だけがすべてと思っている人が少しでもそれに気づいてくれたらうれしいですね。その為に互いに力を合わせましょう。

    No title

    H,Oさん

    返信が遅くなりました。
    一呼吸置くのは大切な事ですね。私も一呼吸してこの出来事は本当はどういう意味があるのかと考えてから対応するようにしています。その時わからなくても少し時間を置けばわかるようになります。対象が誰か他の人物であればその人物も時間を与えられたことによって考えたり反省したりする余裕ができます。
    お互いに急ぐことなくゆっくり進みましょう。
    非公開コメント